第116回 きっぷコレクション その2 「さようなら1800形 記念乗車券」 昭和56年

第116回は「きっぷコレクション」の二回目、「さようなら1800形 記念乗車券」をお送りします。
1800形電車は当時の小田急の車両の中ではその外観が異彩を放っていた大型通勤車両として有名で、幼少期の私も記憶に残る好きな車両の一つでした。

〜小田急1800形について詳しくはこちらを参照〜

さて今回紹介するきっぷですが、前回同様私の所有物ではなく、兄が所有する数少ない鉄道関係のコレクションのうちの一つなのです。
今回のブログ記事を書くにあたって借りたもので、昭和56年に多摩線で行われた1800形の引退記念運転の頃に購入したものだそうです。

この多摩線で行われた1800形さようなら運転は様子は兄と一緒に見に行きましたが、当時の私はカメラを持っていなかったため写真を撮ることはできませんでした。
この時の様子は兄が撮影していてプリントもあったはずですが、その時のネガは押入れの奥深くに仕舞い込まれているそうで、その発掘には今後も期待できないようです。(笑)

それではスキャンした「さようなら1800形 記念乗車券」をご覧いただきましょう。



「さようなら1800形 記念乗車券」の収納袋 表
さようなら1800形記念乗車券ケース表紙
◆ EPSON GT-X700でスキャン

1800形のことば
『昭和21年の誕生日以来今日まで340万キロメートル余りを走り、たくさんのお客さんを運び続けてきたぼくも、昭和56年7月をもって後輩に道を譲り引退することになりました。長い間可愛がっていただき本当にありがとうございました』


「さようなら1800形 記念乗車券」の収納袋から引用


「さようなら1800形 記念乗車券」の収納袋 裏
さようなら1800形記念乗車券ケース裏紙
◆ EPSON GT-X700でスキャン

収納袋裏面の解説によると、さようなら運転まで残った6両以外のほとんどは秩父鉄道へ売却されたようですね。
秩父鉄道では1990年に全廃されたそうです。



「さようなら1800形 記念乗車券」新宿から80円区間 新宿駅発行 表
さようなら1800形記念乗車券2表
◆ EPSON GT-X700でスキャン


「さようなら1800形 記念乗車券」新宿から80円区間 新宿駅発行 裏
さようなら1800形記念乗車券2裏
◆ EPSON GT-X700でスキャン

●生いたち
1800形は、終戦後の輸送力復興のために昭和21年から27年にかけて22両が投入され、このうち8両は元国鉄の63形で、当初は表の写真のように側面の窓は三段式のスタイルでした。


「さようなら1800形 記念乗車券」から引用



「さようなら1800形 記念乗車券」新宿から90円区間 新宿駅発行 表
さようなら1800形記念乗車券1表
◆ EPSON GT-X700でスキャン


「さようなら1800形 記念乗車券」新宿から90円区間 新宿駅発行 裏
さようなら1800形記念乗車券1裏
◆ EPSON GT-X700でスキャン

●異端児
デハ1821(現在のデハ1811)とクハ1871(現在のクハ1861)は1800形の異端児といえる車両で、デハ1821は元国鉄のモハ42形、クハ1871は元国鉄のクハ60形で、改造前は表の写真のように異彩をはなっていました。


「さようなら1800形 記念乗車券」から引用



「さようなら1800形 記念乗車券」新宿から90円区間 新宿駅発行 表
さようなら1800形記念乗車券3表
◆ EPSON GT-X700でスキャン


「さようなら1800形 記念乗車券」新宿から90円区間 新宿駅発行 裏
さようなら1800形記念乗車券3裏
◆ EPSON GT-X700でスキャン

●車体更新
1800形は、当時当社唯一の20メートル長の大型車で、戦後復興期の輸送に大きな役割を果たしましたが、戦時中の設計のため老朽化が目立ち、昭和32年から昭和33年にかけて車体を全面的に更新し、その後も種々の改良を施しています。


「さようなら1800形 記念乗車券」から引用



「さようなら1800形 記念乗車券」新宿から110円区間 新宿駅発行 表
さようなら1800形記念乗車券4表
◆ EPSON GT-X700でスキャン


「さようなら1800形 記念乗車券」新宿から110円区間 新宿駅発行 裏
さようなら1800形記念乗車券4裏
◆ EPSON GT-X700でスキャン

●塗装
昭和38年にマルーン1色の外部塗装を黄色と青色のツートンカラーに塗り替えイメージを一新しました。さらに、昭和45年には全車を今の標準色であるアイボリーにブルー帯の姿に変えました。


「さようなら1800形 記念乗車券」から引用



「さようなら1800形 記念乗車券」新宿から130円区間 新宿駅発行 表
さようなら1800形記念乗車券5表
◆ EPSON GT-X700でスキャン


「さようなら1800形 記念乗車券」新宿から130円区間 新宿駅発行 裏
さようなら1800形記念乗車券5裏
◆ EPSON GT-X700でスキャン

●終焉
22両の仲間がいた1800形も昭和54年から廃車が進み、昭和55年7月のダイヤ改正からは6両だけとなり、平日江ノ島線を2往復するだけとなりました。写真は昭和56年7月12日のお別れの日までつけられるヘッドマークをつけた1800形です。


「さようなら1800形 記念乗車券」から引用


誕生から幾多の改造を受けてきた1800形ですが、やはり1800形といえばこのスタイルが印象的ですね。
多摩線でのさようなら運転を除けば本線上を走行してる姿は幼少期の極僅かな期間しか見ていませんでしたが、当時のいわゆる「小田急顔」の前面デザインとは一線を画すもので仲間内でも人気の車両だったことを覚えています。
車内の様子なども他の小田急車両とは異なる印象がありましたが、元国鉄の車両だったことをのちに知りそれも納得というところでしょうか。





さて多摩線で行われた1800形のさようなら運転を見に行ったことは前述した通りですが、潤沢な資金を持ち合わせていなかった自分でも何か記念に残るものを手に入れられないか?と考えた末、このようなものを購入してみました。

1800形さようなら運転の車掌から購入した車内補充券 表
1800系さよなら運転_補充券オモテ
◆ EPSON GT-X700でスキャン

「さようなら運転」中、新百合ヶ丘駅で折り返し待ちをしていた車掌さんから購入した車内補充券です。
新百合ケ丘駅〜小田急多摩センター駅間の片道こども料金で購入しましたが、これだと日付が入っているわけでもなく当然1800形のさようなら運転のものとはわからないと思ったので、車掌さんに頼んで「1800形さようなら運転」と一筆入れてもらったのです。
もちろんこれだけではさようなら運転当日のものと証明するに至るものではありませんが、そこは私個人の思い出なのでまぁいいでしょう。


1800形さようなら運転の車掌から購入した車内補充券 裏
1800系さよなら運転_補充券ウラ
◆ EPSON GT-X700でスキャン

裏面には新百合ケ丘駅に設置されていた駅スタンプを勢いで押してしまい一時は後悔もしましたが、今となってはいい思い出となりました。





ここ数ヶ月忙しかったのと、未整理のネガの発掘に追われしばらく更新が滞り気味の当ブログですが、準備が出来次第更新したいと思っています。
まだしばらくは更新頻度が少なめになりますが、最低月に一本はアップしますので今後ともよろしくお願いいたします。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第115回 年末の青梅線を行く その2 昭和62年

前回の「第114回 年末の青梅線を行く その1 昭和62年」に引き続き昭和62年の年末に訪れた青梅線を撮影した写真をお送りしたいと思います。

鳩ノ巣渓谷周辺で撮影した昭和63年の年賀状用写真の撮影を終え、午後からは「奥多摩・秋川自由乗車券」を利用して青梅線のいくつかの駅を訪問しつつ撮影をしながら帰路につくことにしました。
鳩ノ巣駅から乗車した立川行き普通列車の車窓から風景などを撮影しながら最初に下車したのは石神前駅でした。


JR東日本 青梅線 石神前駅
198712_石神前駅
◆ 撮影日:1987/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

これまでは御嶽駅〜川井駅間の大カーブや古里駅・鳩ノ巣駅などに訪れることが多く、御嶽駅より手前の駅には訪問したことがなかったので、この駅から歩いていける有名な撮影地へ行ってみるべく石神前駅で下車してみました。
一面一線の無人駅で、年末な上に日没前ということで駅前は随分と寂しい雰囲気が漂っていたことは覚えています。
写真はなんとなく写した駅改札の様子。
御岳山への初日の出・初詣看板は時期的に作ったばかりだと思いますが、風で剥がれかけて残念な状態に。
この頃は木造の駅舎だったと思いますが、何度か改築され今では綺麗な近代的な駅舎になっているようです。


JR東日本 青梅線 日向和田駅〜石神前駅間 103系普通列車
198712_日向和田駅〜石神前駅間103系
◆ 撮影日:1987/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 100mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

石神前駅から300mほど歩いたでしょうか、その昔から青梅線内では有名な撮影地だったので一度は訪れてみたいを思った場所でした。
確かに構図的にはそれなりの写真が撮れましたが来る時間が遅かったですね。
年末の時期ともなると日が落ちるのが早いので15時くらいには撤収の時間となってしまいます。
結局一本の列車を撮影してその場を撤収、そのまま日向和田駅へと向かいました。


JR東日本 青梅線 日向和田駅
198712_日向和田駅駅舎
◆ 撮影日:1987/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

日没間近の日向和田駅へ到着しました。
日も沈み撮影もできない時間帯になってきたためこのまま帰路につくことにします。
この頃の日向和田駅はやはり木造の駅舎でこの時代には当たり前の存在でした。
しかしいつの間にかログハウス風の駅舎に建て替えられ、最近また新たに駅舎が建て替えられたそうです。
その変遷を調べてみようと画像検索をしてみると、この写真に写っている駅名板はログハウス風の二代目駅舎に引き継がれていたみたいですね。
現在の三代目駅舎にはこの駅名板は使われていないんでしょうか?


JR東日本 青梅線 日向和田駅
198712_日向和田駅駅名板
◆ 撮影日:1987/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

ホームで次にやってくる列車を待っている間に写した駅名板です。
昔からなぜか駅名板を撮影してしまいます。
国鉄タイプの古い駅名板も今は絶滅寸前といったところでしょうか。


JR東日本 青梅線 日向和田駅
198712_日向和田駅ホーム
◆ 撮影日:1987/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

ホームの立川寄りにあった駅名板です。
なぜかホームでもない場所に立っている駅名板ですが、いまでもこの場所に駅名板が立っているのか機会があったら確かめてみようと思います。



今回の写真をスキャンするに当たって整理済みのネガを確認してみましたが、昭和62年撮影の写真はどうやらこれで終了だったようです。
まだまだ整理できていないネガやポジがたくさんあるのですが、年が明けた昭和63年は受験があったり、その後の自分の記憶を思いかえしてみるとしばらく鉄道写真の撮影からは遠ざかった時期だったようです。
次回の更新では平成の写真をスキャンすることになるかもしれません。

国鉄時代の青梅線の記事はこちら→カテゴリ「国鉄 青梅線


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第114回 年末の青梅線を行く その1 昭和62年

今回は昭和62年の年末に訪れた青梅線でのスナップをスキャンしてみました。

前年の昭和61年の年末には年賀状の素材を撮影するため、東海道線の根府川駅からほど近い白糸川橋梁へ訪れた訳ですが、今回も年賀状の素材写真を撮影しに来たというのが第一の目的です。


その時の記事→「第95回 根府川の夜が明けて・・・ 昭和61年

お昼くらいまでには素材用写真の撮影を終え午後は帰路につきますが、せっかく買った「奥多摩・秋川自由乗車券」なので、いくつかの駅に寄り道してみようと思います。


JR東日本 青梅線 白丸駅
198712_白丸駅の猫
◆ 撮影日:1987/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

まずは最初にやってきた白丸駅での一枚。
駅猫といえば鶴見線の扇町駅などが有名ですがここにも絵になる猫がいて、近づいてカメラを向けても気にせず寝ていたので撮影させてもらいました。
ここには木造の小さな駅舎と待合室がありましたが、2011年くらいには現在のものに建て替えられたようです。

このあと国道に降りて白丸ダムから鳩ノ巣渓谷にかけて年賀状用の写真を撮影し、午後には鳩ノ巣駅へ向かいました。


JR東日本 青梅線 鳩ノ巣駅
198712_鳩ノ巣駅
◆ 撮影日:1987/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

鳩ノ巣駅近くの踏切から鳩ノ巣駅ホームを撮影してみました。
ちょうど立川行きが発車してしまったところだったので、次の列車が来るまでしばらく待つことになります。


JR東日本 青梅線 鳩ノ巣駅
198712_鳩ノ巣駅ホーム
◆ 撮影日:1987/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

鳩ノ巣駅から立川行きの列車に乗って次の目的地へと移動します。
写真は乗り込んだ列車の中から撮影したホームの様子。
乗客も少なかったので窓を開けて撮影しましたが、今では窓の開く車両も少なくなったのでこのような撮影も難しくなりましたね。


JR東日本 青梅線 古里駅
198712_古里駅
◆ 撮影日:1987/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

次の古里駅では奥多摩行きの列車と交換をするためしばらく停車します。
車内から撮影した奥多摩行きの103系です。
この時代でもまだ非冷房の車両があったことに驚きです。

あまり人が出歩くこともない年末の日中は、ゆっくりした時間が流れている感じで好きですね。
この先の駅で年末感を感じるものが写っている写真があったので、次回は青梅線内の定番撮影地で撮った写真もふくめてスキャンしてみたいと思います。



国鉄時代の青梅線の記事はこちら→カテゴリ「国鉄 青梅線


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第113回 小田急線 早朝の旧多摩川橋梁 昭和62年

当時所属していた高校の写真部では文化祭での写真展示が数少ない部の活動をアピールする機会で、展示用の写真を撮影するために早朝の多摩川へ行くことにしました。

どのような写真を撮影するかいろいろ事前にイメージし、今回はギラギラ光る朝日を浴びて鉄橋を渡る列車を逆光でシルエットにしてみたら絵になるだろう、との目論見で早朝の登戸駅にやってきた訳です。


旧多摩水道橋
s6208多摩川_001
◆ 撮影日:1987/9 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

この日は出発時から生憎の空模様で、多摩川の河原に到着しても厚い雲は晴れる気配を見せません。
この日の一コマ目はなぜか小田急線の多摩川橋梁ではなく、世田谷町田線が通る旧多摩水道橋です。
当時は見慣れた地味な橋というイメージでしたが、相模川の水を東京都に供給するため昭和28年に水道管を併設して開通した特徴的な橋だったそうです。
なんでこんな写真を撮ったのか記憶にありませんが、新しい橋に架け替えられた今となっては貴重な写真かもしれません。
現在の多摩水道橋は2001年に4車線化されたアーチ橋になっていて周囲の景観もだいぶ変わりました。


小田急電鉄 和泉多摩川駅〜登戸駅間 旧多摩川橋梁 8000形 各駅停車
s6208多摩川_002
◆ 撮影日:1987/9 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

空模様が変化することに期待してしばらくその場で待っていましたが、分厚い雲が晴れる様子がありません。
その後空が見え始めた頃には太陽も高い位置に登ってしまい、列車がシルエットになるほどの光量もなく曇天のコントラストの低い写真しか撮れませんでした。


小田急電鉄 和泉多摩川駅〜登戸駅間 旧多摩川橋梁 3100形 ロマンスカー
s6208多摩川_003
◆ 撮影日:1987/9 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

それでも場所を移動しながらアングルや露出の具合を変化させつつ撮影してみます。
当初のイメージ通りの写真を撮ることはできませんが、せっかく早起きしてきたのでなんとか絵になる写真を撮ってやろうと粘ってみました。


小田急電鉄 和泉多摩川駅〜登戸駅間 旧多摩川橋梁 8000形 各駅停車
s6208多摩川_004
◆ 撮影日:1987/9 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

あっという間に太陽は高い位置まで登ってしまいました。
コントラストを高めにしてシルエット状の画像にすべくシャドウ部が潰れる位露出を絞ってみましたが、この厚い雲では画面全体が暗い雰囲気になってしまいイメージ通りの写真とは程遠い状態です。
この雲がもう少し薄いだけでも違った写真になったでしょう。
この日は天候に恵まれませんでした。
天気が相手なので仕方ありませんが、一発でイメージ通りの写真が撮れるほど甘くはなかったようです。
こういった写真はある程度通わないと思い通りの写真が撮れないようですね。

開業以来使われ続け小田急線の中でも有名な撮影地の一つだった旧多摩川橋梁は、複々線化事業に伴い架け替えが行われ2008年に新しい橋梁が完成しました。
2004年か2005年頃に撮影した架け替え工事中のフィルムがあったはずなので、いずれブログで公開したいと思います。


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第112回 池袋駅で偶然の一コマ 12系ジョイフルトレイン「白樺」 昭和62年

ネタが少なくなりつつある中、整理されていないネガファイルの中にあまり記憶のない写真を発見しました。
ファイルには「昭和62年」とだけ記されていたため何月ごろ撮影した写真かわかりませんが、写っている人たちの服装から夏の季節では無いということだけはわかりました。
一連の写真に写っている景色から場所は池袋駅のようですね。


JR東日本 池袋駅 1番ホーム
s62池袋_EF64+12系白樺_01
◆ 撮影日:1987/11 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

多分なにかの用事で池袋に来たのでしょう。
1番ホームに人だかりができていたので野次馬根性で見に行ったようです。
元々下調べもせず、行き当たりばったりで撮影することが多いので何が来るのか見当もつきませんでしたが、とりあえず一緒に待ってみることにしました。

昨今駅のホームで鉄道の写真を撮影するマニア達に冷たい視線が注がれるようですが、興味のない人から見たら今も昔もその雰囲気は変わらないですね。
ホームで三脚を立てている人もチラホラいますが、騒ぎになったり迷惑行為をしたりといった場面を見た記憶も無いですし、一般のお客さんも何が来るのか興味津々といった雰囲気だったと思います。


JR東日本 池袋駅 EF64-1001+12系ジョイフルトレイン「白樺」
s62池袋_EF64+12系白樺_02
◆ 撮影日:1987/11 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

しばらく待っていると前側に陣取った人たちがカメラを構え始めたので、私も頭の上にカメラを構えてノーファインダーで撮影してみました。
ファインダーが覗けないのでタイミングも合わず列車が小さくなってしまいました。


JR東日本 池袋駅 EF64-1001+12系ジョイフルトレイン「白樺」
s62池袋_EF64+12系白樺_03
◆ 撮影日:1987/11 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

やってきたのは茶色に塗装し直されたEF64-1001と12系客車を改造した和式客車だったようです。
EF64-1001といえば以前高崎第二機関区の一般公開で見たときはブルーの一般塗装でしたが、1987年3月にイベントトレイン牽引用にぶどう色塗装になったようです。
12系客車の「白樺」はというと、1983年の登場時には白地に黄緑のカラーリングでしたが、1987年8月にモスグリーンの車体色にリニューアルされたとなっています。


JR東日本 池袋駅 EF64-1001+12系ジョイフルトレイン「白樺」
s62池袋_EF64+12系白樺_04
◆ 撮影日:1987/11 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

一般客もカメラを向けるほど珍しい光景だったようで、ホーム上のほとんどの人がその列車に注目していました。
私も撮影しておきながらいうのもなんですがこの列車のことはよく知らなかったので「そんなに珍しいの?」と思ったし、今回発掘したネガの状態が悪くフレーミングも適当だったため今までプリントすることなく放置していた写真でした。
Photoshopで傷を消したり歪みを直してみるとそれなりに見られる状態になったので、この列車について調べた結果12系ジョイトレイン「白樺」だということがわかった訳です。
列車のことをインターネットで簡単に調べられたり、ボツになった写真も比較的簡単に修復できるというのは改めて便利だなぁと感じたスキャンでした。


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
QRコード
QR
プロフィール

すんや

Author:すんや
過去に撮りためたアナログ写真をフィルムスキャナーでデジタイズしアップロードする、アルバムと備忘録を兼ねたブログです。

一度はボツになった写真や、現像ムラ・カビ・キズなどで劣化した写真を現代の技術でどこまで復活させられるか?

アップする写真は基本的に鉄道写真か風景写真です。


中国五羊本田製バイクCGL125のブログをはじめました。
CGL125 あれこれ