第3回 小田急線 新百合ケ丘駅 多摩線の2400形 昭和58年

小田急多摩線 新百合ケ丘駅 2400形電車
第3回新百合ケ丘駅多摩線_レタッチ済み
◆ 撮影日:1983/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

第3回は初めての自分用カメラOLYMPUS TRIP 35で撮影した小田急2400形です。
新宿のカメラのきむらで6,000円位で購入した記憶があります。
シャッターを押すだけ自動露出の簡単カメラですが、それ故にシャッタースピードのコントロールができず結果的に被写体ぶれしている写真が多かったので、今思えば鉄道写真には向いてなかったですね。
撮影当時はサービス版のプリントで満足していましたが、今こうしてPCの画面で拡大表示してみるといろいろと粗が目立ちます。
しかし小さなフォーマットのネガにも関わらず記録された情報量の多さは改めて驚かされます。
ちょっと前のコンパクトデジカメのjpeg画像ではこれだけのディティールは再現できないんじゃないでしょうか。





レタッチ前のスキャン画像未加工
第3回新百合ケ丘駅多摩線2400系_レタッチ前

今回は簡単なごみ取りだけでモノクロ故にレタッチも簡単にできました。
シャドー部のディティールを生かしながらそれなりにコントラストをつけるのが肝でしょうか。
自家現像で現像ムラが出ており右側の調子がおかしいです。
水平出しと右側をばっさりトリミングで完成です。


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第6回 小田急線 豪徳寺駅にて 昭和60年

小田急線 豪徳寺駅 特急ロマンスカーえのしま号 3100系NSE
第6回豪徳寺駅_02レタッチ済み
◆ 撮影日:1985/02 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

第6回は小田急線豪徳寺駅でのスナップです。
一枚目は3100系ロマンスカー NSE車です。ロマンスカーの展望座席は誰もが一度は乗ってみたいあこがれの場所ですが、私は一度も乗ったことがありません。
指定席を取るのって難易度高いんでしょうか?死ぬまでに一度でいいから新宿〜箱根湯本間を通しで展望席に乗車してみたいです。


小田急線 豪徳寺駅 急行新宿行き 9000系
第6回豪徳寺駅_01レタッチ済み
◆ 撮影日:1985/02 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

2枚目は9000系です。当時かなり奇抜なデザインで注目を浴びていた車両ですが、こちらも既に第一線を退いています。確か多摩線の開業と同時期にデビューしたと思いますが、最近まで現役だった5000系などに比べると短命だったようです。





さて今回のレタッチですが、被写体ぶれしている写真をどの程度誤摩化せるか?というテーマで作業してみました。
撮影に使用したOLYMPUS TRIP 35はシャッター速度の制御ができないため、このような撮影条件では高速で走行する列車が被写体ぶれを起こします。
画像の縮小とシャープネスの適用をすることで目の錯覚を利用して被写体ぶれを軽減しているように見せかけることが狙いです。
説明と元画像が無ければそれほどぶれは気にならないのではないでしょうか?
いやいや、わかりますね orz

被写体ぶれの様子 レタッチ前その1
第6回豪徳寺駅_02レタッチ前

被写体ぶれの様子 レタッチ前その2
第6回豪徳寺駅_01レタッチ前

画面の右下に世田谷線の車両が良いタイミングで小さく写り込んでます。


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第35回 小田急線 登戸駅にて 昭和60年

小田急線 登戸駅 3100系 ロマンスカーはこね号
600403登戸駅_3100系ロマンスカーはこね1
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

第35回は前回の続きです。「急行銀河」で乗り鉄一人旅を終えた鉄友を東京駅で出迎え、一旦帰宅する途中登戸駅で撮影した小田急線の写真をお送りします。

2003年〜2009年にかけて行われた改修工事で一部複々線化に対応した登戸駅ですが、それ以前は二面二線のシンプルな駅でした。
たしか2004年頃に撮影した改築工事中の登戸駅を撮影したネガがあったと思うので、いずれ掲載したいと思います。


小田急線 登戸駅 3100系 ロマンスカーはこね号  2600系 各停新宿行き
600403登戸駅_3100系ロマンスカーはこね2
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

ホームの新宿寄りに移動してきました。隣の2600系各停新宿行きが画面から切れてしまいました。


小田急線 登戸駅 2600系 各停新宿行き
600403登戸駅_2600系
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

発車した2600系新宿行き各停を後追いで撮影です。


小田急線 登戸駅 準急本厚木行き 帝都高速度交通営団 6000系
600403登戸駅_営団6000系
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

乗車する準急本厚木行きの営団6000系がやってきました。
2004年に東京メトロと名前を変えた帝都高速度交通営団の電車です。貫通扉の営団エンブレムが懐かしいですね。
2013年現在でも多摩急行として運転されている姿を見ることができますが、後継の16000系への置き換えによりインドネシアへの譲渡や廃車が進んでいるそうです。



改築前の小田急登戸駅というと上りホームから階段を下りたところにあった「箱根そば」と狭い通路の途中にあった「ドリンクスタンド」のずらり並んだジューサーミキサーが印象的で、そのドリンクスタンドでは一度だけコンソメスープを飲んだことがあります。
てっきり他のジュースと同様に紙コップで出てくるのかと思ったら陶器のマグカップで出てきてびっくりした記憶があります。





この後荷物を置きに帰宅した鉄友と再度合流し高崎へと向かいます。
次回はその時の写真をスキャンしますが、枚数が多いので時間がかかりそうです。
年内に完結できるか!?


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第44回 小田急線 新百合ケ丘駅界隈 昭和60年

小田急線 新百合ケ丘駅 9000形 準急新宿行き
198504新百合ケ丘_9000形_準急
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

第44回は小田急線の新百合ケ丘駅周辺で撮影した写真をスキャンしてみました。
昭和49年に多摩線とともに開業した新百合ケ丘駅ですが、10年ほど経った当時も駅前には何も無く、多摩線への乗換駅としての機能しかなかった状態でした。
現在の状況からは想像もできないほど何もありませんでした。

写真は9000形準急新宿行きです。
撮影場所のこの辺りは現在は小学校がありますが、一時期は当時流行った「巨大迷路」があったと思います。


小田急線 新百合ケ丘〜柿生間 2400形 回送
198504新百合ケ丘_2400形_回送
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

柿生駅寄りの多摩線との分岐付近まで移動してきました。
2400形の回送列車です。この頃は2400形は多摩線での運用がメインだったと思うので、本線上を走る2400形は珍しかったのではないでしょうか?

この辺りも造成地として整備されていましたが住宅はほとんど立っておらず、編成写真を撮るには良い場所でした。
ただ午後は逆光になるため条件は厳しいですね。


小田急線 新百合ケ丘〜柿生間 9000形 急行
198504新百合ケ丘_9000形_急行
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

ズームレンズのワイド側で撮影した9000形です。
周りには何もありませんね。現在は背後の山も住宅地として造成され緑が減りました。


小田急線 新百合ケ丘〜柿生間 3000形 ロマンスカーあしがら号
198504新百合ケ丘_3000形_あしがら
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

元祖ロマンスカーの3000形SSE車のあしがら号です。


小田急線 新百合ケ丘〜柿生間 3100形 ロマンスカーえのしま号
198504新百合ケ丘_3100形_えのしま
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

こちらは展望席が魅力の3100形NSE車、えのしま号です。


小田急線 新百合ケ丘〜柿生間 7000形 ロマンスカーはこね号
198504新百合ケ丘_7000形_はこね

◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

上り線沿いの道を駅方向に戻り、多摩線との立体交差をくぐってきた7000形ロマンスカーはこね号です。
この辺りも他と同様建物がない造成地が広がっていました。


小田急線 新百合ケ丘駅 4000形 各停新宿行き
198504新百合ケ丘_4000形6連
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

新百合ケ丘駅に来ました。各停新宿行きの4000形3+3の6連です。
むき出しのディスクブレーキと吊り掛け駆動方式、乗務員室後方のルーバーなどが特徴的で、その後の24000形の主電動機の流用や冷房化など様々な改造をされ2005年まで活躍しました。
当時は非冷房車ゆえに夏場などは4000形が来るとがっかりしたものです。

ここから多摩線に乗車して2400形の写真を撮りに移動します。
次回はそのときの写真を掲載したいと思います。


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第45回 小田急多摩線 2400形 黒川駅 昭和60年

小田急線 多摩線 黒川駅〜小田急永山駅間 2400形 新百合ケ丘行き
198504黒川_2400形_01
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

前回の新百合ケ丘駅周辺での撮影に引き続き、多摩線に乗車して黒川駅までやってきました。
新百合ケ丘行きの2400形各駅停車です。下りホームからの撮影ですが、現在では背景に写るトンネルの右手には墓地が、左手には住宅が立ち並び、奥のトンネルの手前にははるひの駅が設置されました。

この頃の多摩線と言えば2400形が新百合ケ丘と多摩センターの間を行き来するだけで、現在のように急行やロマンスカーの運行など考えられないほど地方ローカル線のような状態でしたね。


小田急線 多摩線 黒川駅 2400形 新百合ケ丘行き
198504黒川_2400形_02
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

中型車の4両編成でも間に合うほどの乗客しかいなかったのでしょうか。
たしか五月台と黒川は駅員配置が無く、窓口にはベニヤ板が貼付けてあった記憶があります。


小田急線 多摩線 黒川駅 2400形 小田急多摩センター行き
198504黒川_2400形_03
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

多摩センター行きの各停が来ました。
電車が近づくと「電車がまいります 白線までおさがりください」と書かれた電光掲示が点滅し、ブザーが鳴り響いていました。


小田急線 多摩線 黒川駅 2400形 小田急多摩センター行き
198504黒川_2400形_04
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / smc PENTAX-M 50mm F1.7 / Nikon COOLSCAN IV ED

ヘッドライトが2灯なのに片方しか点けていませんでしたね。
黒川駅の駅前は当時とあまり変わらないようです。


次回も小田急線の写真をスキャンしてみたいと思います。


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
おすすめリンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
QRコード
QR
プロフィール

すんや

Author:すんや
過去に撮りためたアナログ写真をフィルムスキャナーでデジタイズしアップロードする、アルバムと備忘録を兼ねたブログです。

一度はボツになった写真や、現像ムラ・カビ・キズなどで劣化した写真を現代の技術でどこまで復活させられるか?

アップする写真は基本的に鉄道写真か風景写真です。


中国五羊本田製バイクCGL125のブログをはじめました。
CGL125 あれこれ