第7回 鶴見線特集 その1 昭和59年

国鉄 鶴見線 鶴見駅
第7回鶴見線その1_鶴見駅レタッチ済み
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

第7回は鶴見線特集その1です。鶴見線のネガも複数あるので何回にか分けてお送りします。
今回は当時との比較画像として後年のデジカメ画像も掲載してみました。
こうやって昔の写真と見比べてみると当然変わっている所は目に付きますが、あまり変わっていない所もあってなかなか面白いです。
まずは始発駅の鶴見駅3、4番ホームから。


ほぼ同じ場所から2008年の様子。
第7回鶴見線その1_鶴見駅_200805
◆ 撮影日:2008/05 Nikon D300 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm F3.5-4.5G IF-ED

あまり大きな違いはないですが、昔の写真に比べて明るい雰囲気です。昔の写真が単純にシャドー部がつぶれ気味に写っているのが原因かもしれませんが、今と比べてずいぶん薄暗い雰囲気だった記憶があります。カメラの性能が格段に向上したのも明るく見える原因の一つでしょうか?


国鉄 鶴見線 国道駅
第7回鶴見線その1_国道駅レタッチ済み
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED


ほぼ同じ場所から2007年の様子。
第7回鶴見線その1_国道駅_200711
◆ 撮影日:2007/11 PENTAX *ist DS SMC PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL

こちらはほとんど変わらないですね。違いと言えば左側のマンションが建っている部分くらいでしょうか。


国鉄 鶴見線 扇町駅
第7回鶴見線その1_扇町駅レタッチ済み
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED


ほぼ同じ場所から2009年の様子。
第7回鶴見線その1_扇町駅_200902
◆ 撮影日:2009/02 Nikon D300 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm F3.5-4.5G IF-ED

こちらもほとんど変わらないです。ホーム上のベンチが背もたれの無いものに変わっています。
鶴見線は大川支線を除いてあまり変化が無いようですね。
第2回に掲載した陸中松川駅をはじめJR東日本のローカル路線では駅舎が待合室のみの簡易なものへの立て替えが進んでいるようなので、鶴見線は今でも当時の雰囲気が味わえる貴重なスポットかも知れません。


国鉄 鶴見線 弁天橋駅
第7回鶴見線その1_弁天橋駅レタッチ済み
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED


レタッチ前のスキャン画像 カビ痕の様子
第7回鶴見線その1_弁天橋駅カビ痕
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

このように酷いカビ痕でこれはクリーニング液でも除去しきれませんでした。
手持ちの古いネガはこのような状態のものが少なくなく、レタッチの大半の時間がゴミ取り修正に費やされウンザリ度がUPしています。orz


国鉄 鶴見線 浅野駅
第7回鶴見線その1_浅野駅レタッチ済み
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

クモル145+クル144の配給電車です。外観は一見普通の電車のようですが、車体の大半が荷台のようになっており今風に言えばなかなかレアな車両です。偶然撮影できましたがこの電車を目撃したのはこの時限りです。


国鉄 鶴見線 安善駅
第7回鶴見線その1_安善駅レタッチ済み
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

当時は大して珍しくもなかったDD13ディーゼル機関車です。


国鉄 鶴見線 浜川崎駅
第7回鶴見線その1_浜川崎駅レタッチ済み
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED


第7回鶴見線その1_浜川崎駅拡大
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

券売機の部分を拡大してみました。販売している切符は120円と140円のみで140円以上やその他の切符は南武線支線の駅で購入するようにと記載されています。当時は南武線支線の浜川崎駅は有人だったようですね。(平成5年に無人化)
時刻表を見ると当時は運転本数が多いのがわかります。
現在では運転本数が削減され時間帯によっては武蔵白石駅止まりや浜川崎駅止まりの運用もあり、なかなか終点の扇町駅までたどり着けないようです。

次回は海芝浦支線の予定です。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第6回 小田急線 豪徳寺駅にて 昭和60年

小田急線 豪徳寺駅 特急ロマンスカーえのしま号 3100系NSE
第6回豪徳寺駅_02レタッチ済み
◆ 撮影日:1985/02 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

第6回は小田急線豪徳寺駅でのスナップです。
一枚目は3100系ロマンスカー NSE車です。ロマンスカーの展望座席は誰もが一度は乗ってみたいあこがれの場所ですが、私は一度も乗ったことがありません。
指定席を取るのって難易度高いんでしょうか?死ぬまでに一度でいいから新宿〜箱根湯本間を通しで展望席に乗車してみたいです。


小田急線 豪徳寺駅 急行新宿行き 9000系
第6回豪徳寺駅_01レタッチ済み
◆ 撮影日:1985/02 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

2枚目は9000系です。当時かなり奇抜なデザインで注目を浴びていた車両ですが、こちらも既に第一線を退いています。確か多摩線の開業と同時期にデビューしたと思いますが、最近まで現役だった5000系などに比べると短命だったようです。





さて今回のレタッチですが、被写体ぶれしている写真をどの程度誤摩化せるか?というテーマで作業してみました。
撮影に使用したOLYMPUS TRIP 35はシャッター速度の制御ができないため、このような撮影条件では高速で走行する列車が被写体ぶれを起こします。
画像の縮小とシャープネスの適用をすることで目の錯覚を利用して被写体ぶれを軽減しているように見せかけることが狙いです。
説明と元画像が無ければそれほどぶれは気にならないのではないでしょうか?
いやいや、わかりますね orz

被写体ぶれの様子 レタッチ前その1
第6回豪徳寺駅_02レタッチ前

被写体ぶれの様子 レタッチ前その2
第6回豪徳寺駅_01レタッチ前

画面の右下に世田谷線の車両が良いタイミングで小さく写り込んでます。


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第5回 八高線 高麗川駅にて 昭和59年

国鉄 八高線・川越線 高麗川駅 キハ35 川越線大宮行き普通列車
第5回高麗川駅_01レタッチ済み
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

第5回は八高線高麗川駅でみた列車たちです。
1枚目は川越線 普通列車 大宮行きのディーゼル列車で、この頃首都圏でも八高線や川越線、相模線といった非電化区間があり普段はあまり馴染みのないディーゼルカーに乗車することができました。

写真のキハ35ステンレス車と同型の901号車はいまでも群馬県の「碓氷峠鉄道文化むら」で見ることができます。


ほぼ同じ場所から2008年の様子。
第5回高麗川駅_200803
◆ 撮影日:2008/03 Nikon D300 AF Nikkor 28mm F2.8D

左側の照明の付いた架線柱と背景の電柱が同じでホーム上の詰所は撤去されています。


国鉄 八高線・川越線 高麗川駅 貨物列車
第5回高麗川駅_02レタッチ済み
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

2枚目はDD51重連牽引の貨物列車です。
構内は電化された現在と違って空が広いですね。





今回のネガは現像ムラとフィルムの折れがありましたが、ゴミ、キズが少なかったので比較的簡単にレタッチできました。
2枚とも現像ムラで空の部分の調子が飛んでしまっていたのでトーンカーブ誤摩化し、DD51のスノープロウの部分にあるフィルムの折れは焼き込みツールで目立たなくしました。


レタッチ前のスキャン画像
第5回高麗川駅_01レタッチ前


レタッチ前のスキャン画像
第5回高麗川駅_02レタッチ前


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第4回 鶴見線 クモハ12特集 その1 昭和58年

国鉄 鶴見線 武蔵白石駅 101系電車とクモハ12
第4回鶴見線クモハ12_01レタッチ済み
◆ 撮影日:1983/10 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

第4回は鶴見線大川支線のクモハ12特集です。
前回に続きOLIMPUS TRIP 35での撮影です。コンパクトカメラの割には良く写ってます!

大川支線のクモハ12はこの当時もかなり有名だったので撮影された方も多いでしょう。
いきなり1枚目から本線の101系登場ですが後ろにちっちゃく写ってますね。
本線ホームと支線ホームの位置関係がわかります。


国鉄 鶴見線大川支線 武蔵白石駅 クモハ12
第4回鶴見線クモハ12_02レタッチ済み
◆ 撮影日:1983/10 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED


国鉄 鶴見線大川支線 武蔵白石駅 クモハ12
第4回鶴見線クモハ12_03レタッチ済み
◆ 撮影日:1983/10 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

武蔵白石駅ホームでの車両の写真はよく見ますが、引きの写真はちょっと珍しいんじゃないでしょうか?
車止めとか周りの設置物の様子がわかります。


国鉄 鶴見線大川支線 武蔵白石駅 クモハ12
第4回鶴見線クモハ12_04レタッチ済み
◆ 撮影日:1983/10 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED


国鉄 鶴見線大川支線 武蔵白石駅 クモハ12
第4回鶴見線クモハ12_05レタッチ済み
◆ 撮影日:1983/10 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

残りの2枚は定番のアングルです。
ちまみに車両反対側は、カメラのレンズが40mmなのでホーム末端部まで下がってもフレームに収まりきらず、どアップの写真しか撮れませんでした。





今回のネガもかなり状態が悪く、特に1枚目の写真はスリーブの右側のコマでカビによる変色とゴミ、キズがひどかったです。他のコマも現像時に付いたスポンジによる拭きキズやゴミが多く修正に時間がかかりました。


レタッチ前のスキャン画像 キズとカビによるムラの状態(一部加工済み)
第4回鶴見線クモハ12_01キズ


レタッチ前のスキャン画像 キズとムラの状態
第4回鶴見線クモハ12_02キズ


レタッチ前のスキャン画像 キズの状態
第4回鶴見線クモハ12_03キズ

クモハ12のネガ・ポジはいくつかあるので何回にか分けてご紹介いたします。


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第3回 小田急線 新百合ケ丘駅 多摩線の2400形 昭和58年

小田急多摩線 新百合ケ丘駅 2400形電車
第3回新百合ケ丘駅多摩線_レタッチ済み
◆ 撮影日:1983/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

第3回は初めての自分用カメラOLYMPUS TRIP 35で撮影した小田急2400形です。
新宿のカメラのきむらで6,000円位で購入した記憶があります。
シャッターを押すだけ自動露出の簡単カメラですが、それ故にシャッタースピードのコントロールができず結果的に被写体ぶれしている写真が多かったので、今思えば鉄道写真には向いてなかったですね。
撮影当時はサービス版のプリントで満足していましたが、今こうしてPCの画面で拡大表示してみるといろいろと粗が目立ちます。
しかし小さなフォーマットのネガにも関わらず記録された情報量の多さは改めて驚かされます。
ちょっと前のコンパクトデジカメのjpeg画像ではこれだけのディティールは再現できないんじゃないでしょうか。





レタッチ前のスキャン画像未加工
第3回新百合ケ丘駅多摩線2400系_レタッチ前

今回は簡単なごみ取りだけでモノクロ故にレタッチも簡単にできました。
シャドー部のディティールを生かしながらそれなりにコントラストをつけるのが肝でしょうか。
自家現像で現像ムラが出ており右側の調子がおかしいです。
水平出しと右側をばっさりトリミングで完成です。


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第2回 大船渡線 陸中松川駅

国鉄 大船渡線 陸中松川駅
第2回陸中松川駅貨物列車_レタッチ済み1
◆ 撮影日:不明 OLYMPUS ACE E.Zuiko 1:2.8 f=4.5cm/Nikon COOLSCAN IV ED

第2回目は前回と同じフィルムからのものでまたまた父親から借りたOLYMPUS ACEです。
大船渡線の列車内からの陸中松川駅のスナップです。
DE10重連の牽引する貨物列車なんて今となってはかなり貴重ですね。
(2番目のDE10は車番が"1111"のゾロ目!!)
よく見ると信号が腕木式だったりホーム上に通票受器なんかも見えて時代を感じさせます!
(この頃は大船渡線にも「急行むろね」とか走っていた気がする)


国鉄 大船渡線 陸中松川駅
第2回陸中松川駅貨物列車_レタッチ済み2
◆ 撮影日:不明 OLYMPUS ACE E.Zuiko 1:2.8 f=4.5cm/Nikon COOLSCAN IV ED

今回のコマは比較的状態が良くキズやカビは見当たらず簡単なクリーニングでゴミも取れました。
しかしカメラのシャッターが調子悪かったようで、コマによって露光ムラが出ていました。
当時はなんでこんな状態になるのか訳がわからず当然没ネタな訳ですが、無駄に物持ちの良い私は捨てずに保存してありました。
おかげで今回のネタとして登場することになった訳で、まぁなんとか見られるくらいに修復しましたが今回は失敗というか上手くレタッチできませんでした。





レタッチ前のスキャン画像未加工その1
第2回陸中松川駅_レタッチ前1


レタッチ前のスキャン画像未加工その2
第2回陸中松川駅_レタッチ前2

OLYMPUS ACEはレンズシャッター機なんですが、シャッター羽根の粘り?のためにひどい周辺光量落ちのような露光ムラが発生したようです。
photoshop上でレンズ補正フィルターをかけてみたり、調整レイヤーにグラデーションマスクを作って調整してみたりといろいろやってみましたが、補正幅が大きすぎてシャドー部の色調がレッド側に転んでしまうのを調整しきれませんでした。
モノクロなら簡単なんですが、カラーの場合調子が転んでしまうと調整するのが難しいです。
今後の課題となりましたが、良い方法があったらぜひ教えていただきたいです。


ちなみに上記2枚の写真の間コマが次の写真なんですが・・・





第2回陸中松川駅_ボツネタ

orz またしてもこんな状態でウンザリな訳ですが、これをどーしろと?心霊写真ですか?
さすがにこれはボツです。


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第1回 上野駅にて 〜 急行八甲田

国鉄 上野駅 EF58牽引の「急行八甲田」
第1回上野駅EF58_レタッチ済み
◆ 撮影日:不明 OLYMPUS ACE E.Zuiko 1:2.8 f=4.5cm/Nikon COOLSCAN IV ED

記念すべき第1回の記事は上野駅8番線で撮影した「急行八甲田」です。
(EF58-145+スニ41+12系客車の編成で、ホーム上の時計が11:05頃なので上り102レの到着直後の様です)
当時カメラを持っていなかったので、父親のOLYMPUS ACEを借りての撮影です。

自分の人生の中で最も古いネガの中からの一枚です。30年くらい前のものでしょうか?撮影日がはっきりしません。
なんとか見られるまでにレタッチできましたがフィルムの保存状態が悪く、カビとキズのダブルパンチでなかなか大変でした。





レタッチ前のスキャン画像、未加工がこれです。
第1回上野駅EF58_レタッチ前


カビの様子
第1回上野駅_カビ


キズの様子
第1回上野駅_キズ

orz こんな状態でいきなりウンザリな訳ですが、フィルムクリーナーでクリーニングしてみたらかなりゴミとカビが取れたのでレタッチが楽になりました。
この写真はネガの6コマあるうちの一番右側のコマなんですが、スリーブケースの開口部にあるためカビが発生しやすいようです。
他のネガも確認してみたらやはり右側のコマがカビにやられているものが多かったです。
あとケースから出し入れするときに右側のコマはキズが付きやすいようですね。

今回は簡単なクリーニングでゴミやカビが取れたので良かったですが、膜面に深く食い込んでるものもありそうなので今後が心配です。
フィルムの保管状態も再考の必要ありです。


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

はじめに

過去に撮りためたアナログ写真をフィルムスキャナーでデジタイズしアップロードする、アルバムと備忘録を兼ねたブログです。

現像ムラ・カビ・キズなどのためにプリントを諦めた過去の写真を現代のデジタル技術でレタッチし、ブログという形でアルバム化してその修復過程をゆる〜く紹介していきます。

修復に関して特別なことはしていませんので、技術的なことは他の詳しく説明してくださるサイトなどを参照願います。

修復は根気のいる作業で、特にゴミ取りなどは時間のかかる作業です。
スキャン時やフィルターの適用である程度自動化できますが、ディティールの損失につながることもあるので、ものによっては手作業で時間をかける必要もあります。

使用機材は
Nikon COOLSCAN IV ED
mac mini core duo 1.83改 core 2 duo 2.0化 OSX 10.6.8
Nikon Scan 4
Adobe Photoshop CS5

アップする写真は基本的に鉄道写真か風景写真です。

テーマ : 銀塩写真
ジャンル : 写真

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
おすすめリンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
QRコード
QR
プロフィール

すんや

Author:すんや
過去に撮りためたアナログ写真をフィルムスキャナーでデジタイズしアップロードする、アルバムと備忘録を兼ねたブログです。

一度はボツになった写真や、現像ムラ・カビ・キズなどで劣化した写真を現代の技術でどこまで復活させられるか?

アップする写真は基本的に鉄道写真か風景写真です。


中国五羊本田製バイクCGL125のブログをはじめました。
CGL125 あれこれ