第21回 南武線 南多摩駅界隈 昭和60年

国鉄 南武線 南多摩〜府中本町間 EF64
南多摩_EF64-74単機回送
◆ 撮影日:1985/2 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

今回は南武線の南多摩駅から府中本町駅の間で撮影した写真をスキャンしてみました。
当初は多摩川を渡る南武線の列車を中心に撮影するつもりでしたが、時間的に逆光気味だったので、思惑通りには行きませんでした。

一枚目は南武線を走るEF64 0番台です。南多摩駅から多摩川の鉄橋へ向かって線路際の小道を歩いていたところ、突然単機でやってきたEF64をあわてて撮影しました。。
背後には今は無くなってしまった富士通南多摩工場がみえます。
現在、南武線連続立体交差事業の高架化工事のためこの辺りもすっかり様変わりしているようです。


国鉄 武蔵野貨物線 タンク貨物列車
南多摩-府中本町_米タン
◆ 撮影日:1985/2 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

架け替え前の旧是政橋にやってきました。いまでは4車線の立派な橋に架け替えられましたね。
長い編成の貨物列車もここなら全編成が収まりますが逆光気味でイマイチです。撮影するなら午前中ですかね。


国鉄 武蔵野貨物線 コンテナ貨物列車
南多摩-府中本町_コンテナ
◆ 撮影日:1985/2 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

橋を渡って府中市側の土手へやってきました。武蔵野貨物線をゆくEF65牽引のコンテナ貨物列車です。
この写真には「国鉄コンテナ」を積んだ緩急設備の付いた「コキフ」が連結されていますが、これって今でも現役なんですかね?結構貴重な写真でしょうか?

ちなみに写真右下にバイクが写っていますが、この辺りの鉄橋下の河川敷はオフロードバイクの練習場となっていました。


国鉄 南武線 南多摩〜府中本町間 101系 普通列車
南多摩-府中本町_101系
◆ 撮影日:1985/2 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

逆光の写真を無理矢理補正したので調子がおかしいですね。


国鉄 南武線 南多摩駅 101系 普通列車
南多摩_101系_01
◆ 撮影日:1985/2 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

南多摩駅に戻ってきました。府中本町よりの踏切付近から撮影した101系普通列車です。
現在工事中の府中街道の踏切とだいたい同じくらいの場所でしょうか。


国鉄 南武線 南多摩駅 101系 普通列車
南多摩_101系_02
◆ 撮影日:1985/2 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

下り線ホームから立川行き普通列車を撮影。一つ前の写真を撮影した踏切が見えます。


国鉄 南武線 南多摩駅 石灰石列車
南多摩_石灰石列車_01
◆ 撮影日:1985/2 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

EF64 0番台牽引の石灰石列車です。石灰石列車はEF64 1000番台の牽引だけかと思っていましたが、0番台の運用もあったんですね。


国鉄 南武線 南多摩駅 石灰石列車
南多摩_石灰石列車_02
◆ 撮影日:1985/2 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

同じ列車の後ろ姿です。この頃はまだ車掌車が連結されていました。

現在では南多摩駅の高架化工事も終盤に差し掛かり、平成27年度には南武線立体交差事業も完了する予定だそうです。
この写真の風景も過去のものとなりましたね。


国鉄 立川駅 ハイランドスケート号
ハイランドスケート号
◆ 撮影日:1985/2 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

おまけの「ハイランドスケート号」165系です。南武線の撮影と同じ日かわかりませんが、ネガの最後のコマにあったのでついでにスキャンしてみました。

この列車は千葉から富士急行の河口湖駅まで運転されていた臨時列車で、その名の通り富士急ハイランドのスケートツアー向けの列車だったようです。





今回のきっぷコレクションです。

国鉄南武線 登戸駅 硬券入場券
600224入場券_登戸駅


国鉄南武線 南多摩駅 硬券入場券
600224入場券_南多摩


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第20回 '84 年越し乗り鉄 昭和59年

国鉄 新宿駅 中央本線 115系 普通列車
昭和60年正月_中央線115系_新宿駅
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

今回はタイトルの通り昭和59年の大晦日から昭和60年元旦にかけての乗り鉄スナップです。
‥‥のつもりでしたが、結果的に昭和59年大晦日の写真だけで収まってしまいました。
旅のメインは小田急ロマンスカー「初詣号」で江ノ島へ‥‥でしたが、肝心の「初詣号」の写真がすべてピンぼけのためボツになりました。orz

さて「初詣号」に乗車するまで時間があるので東京駅と上野駅に寄り道して大晦日の夜行列車の様子を見に行くことにしました。
一枚目は新宿発長野行きの夜行普通列車「441M」だと思うのですが、なぜか列車番号が「425M」になっています。
1984年8月の時刻表を見ると(当てにならないかもしれませんが)長野発新宿行き「434M」が新宿駅着21:44で「441M」の時刻を見るとが21:44入線となっているので「434M」の折り返しだと思うのですが。
さらに時刻表を見てみると当時新宿〜長野間の長距離普通列車は3往復も設定されていたようです。

ちなみに「441M」は翌年3月14日のダイヤ改正で上諏訪行きに短縮され、現在は「ムーンライト信州」がその流れを汲み「急行アルプス」と共に当時から山屋の人などによく利用されたおなじみの列車ですね。

次は「大垣夜行 345M」を見に東京駅に向かいます。


国鉄 東京駅 中央線 101系 普通列車
昭和60年正月_中央線101系_東京駅
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

この列車で東京駅までやってきました。高架化前の旧1番ホームです。
当時201系が導入され置き換えが進んでいた101系ですが、翌年3月14日のダイヤ改正で中央線からは引退しました。


国鉄 東京駅 東海道本線 185系 普通列車
昭和60年正月_東海道線185系_東京駅
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

10番ホームにやってきました。「大垣夜行」の後に発車する小田原行き最終電車でしょうか?
となりに見える11、12番線は現在新幹線ホームになっていますね。


国鉄 東京駅 東海道本線 165系 大垣夜行
昭和60年正月_東海道線345M_東京駅
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

東京駅23:25発の大垣行き夜行普通列車「345M」、現在の「ムーンライトながら」です。
大垣駅への到着は翌6:55で現在のダイヤより1時間以上時間がかかっていたようです。
大晦日だけに帰省の方が多かったようで、大変な混雑ぶりでした。


国鉄 上野駅 急行妙高
昭和60年正月_急行妙高_上野駅_01
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

上野駅へ移動してきました。
23:58発信越本線経由、直江津行きの夜行急行「妙高」です。
信越本線経由とのことですから、碓氷峠を越えていた列車なんですね。


国鉄 上野駅 急行妙高
昭和60年正月_急行妙高_上野駅_02
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

編成は14系の座席車と寝台車の組み合わせでした。


国鉄 上野駅 急行妙高
昭和60年正月_急行妙高_上野駅_03
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

編成最後尾のスハネフ14です。この列車の発車を見届け、終夜運転中の国電に乗り新宿駅へと向かいます。
この後は小田急ロマンスカーの「初詣号」に乗って片瀬江ノ島へ行きました。
この後の写真は眠さと寒さでブレやピンぼけだらけのヒドイものばかりでした。残念!





この頃からきっぷや硬券入場券の収集を始めました。
今回の旅で使用、購入したきっぷです。
鉄道ファンの間では硬券入場券の収集が流行っており、きっぷに「はさみ」を入れるかどうかで熱い議論もあったようです。
駅によって「はさみ」の形状が違うので、私はきっぷにはさみを入れてもらっていました。


上野駅で購入した硬券入場券
600101入場券_上野駅


記念に購入した往復乗車券
600101初詣往復乗車券


帰りに乗車した「第2えのしま」の特急券
600101特急券_第2えのしま


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第19回 奥多摩・秋川撮り鉄の旅 番外編 青梅鉄道公園 昭和60年

青梅鉄道公園 ED16-1
青梅鉄道公園_ED16-1
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

今回は「奥多摩・秋川撮り鉄の旅」番外編として青梅鉄道公園のスナップを掲載します。
「奥多摩・秋川撮り鉄の旅」の最初に訪れた場所で開園直後に入園しましたが、休日だけに多数の来園者で園内は賑わっていました。

一枚目は青梅線で石灰石列車の牽引に使用されていたED16です。
この撮影の前年、南武線の西国立駅横にあった立川機関区のED16を撮影しに行こうと鉄友に誘われましたが、お金がなかったため断ってしまい今となっては非常に後悔しています。
後で聞いた話では、車庫に入れてもらったりデッキに乗せてもらったりで羨ましい対応を受けたそうです。orz


青梅鉄道公園 C11-1
青梅鉄道公園_C11-1
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

一枚目のED16もそうですが展示車両の塗装が錆で浮いていたり、一部部品の欠落がありとても良いとは言い難い状態でした。


青梅鉄道公園 C51-5
青梅鉄道公園_C51-5
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

こちらはまだマシなほうですね。1982年に地盤の崩落による転覆で損傷したそうでこれは移動・補修後のものですね。いまは埼玉の鉄道博物館で保存されているようです。


青梅鉄道公園 マイテ39-11
青梅鉄道公園_マイテ39-11_01
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

一等展望客車のマイテ39です。ご覧の通りかなり状態が悪いです。屋外展示ですから致し方ないですが、歴史に残る名車ですから補修するなり、展示場所に屋根を付けるなりしてほしかったですね。
ちなみにこちらの車両も現在はきれいに補修され鉄道博物館に保存されています。


青梅鉄道公園 マイテ39-11
青梅鉄道公園_マイテ39-11_02
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

マイテ39反対側から。


青梅鉄道公園 マイテ39-11
青梅鉄道公園_マイテ39-11_05
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

マイテ39の説明書き。


青梅鉄道公園 マイテ39-11
青梅鉄道公園_マイテ39-11_04
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

展望デッキから車内の様子。
かなり荒れていますね。凝った装飾など一等車の風格を感じます。


青梅鉄道公園 マイテ39-11
青梅鉄道公園_マイテ39-11_03
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

この頃になると来園者が増えてきて、車両のみの形式写真は撮れなくなりました。


青梅鉄道公園 その他蒸気機関車
青梅鉄道公園_110他
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

記念館の2階から撮影。
子供たちは機関車に乗っかり放題、中に入り放題で楽しんでいる様子がうかがえます。


青梅鉄道公園 C51-5 C11-1
青梅鉄道公園_C51-5_C11-1_01
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

最初に撮影したC51やC11もこの有様です。煙突に入ってみたり楽しそうです。


青梅鉄道公園 C51-5 C11-1
青梅鉄道公園_C51-5_C11-1_02
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

やっぱり煙突の中は気になるんでしょうか。今じゃ危なくてこんな事できないでしょうね。


青梅鉄道公園 0系新幹線
青梅鉄道公園_0系新幹線
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

最後に0系新幹線です。まだミニSL列車もなくだだっ広いですね。
ちなみに現在の展示車両には屋根がついたり、補修されてきれいな状態で展示されているようです。




その後当日利用した乗車券が出てきました。
来園者の服装が半袖姿なのでおかしいと思いましたが、ゴールデンウィークだったようです。

奥多摩・秋川自由乗車券
奥多摩・秋川自由乗車券600506





次回からは1985年のネガをスキャンします。


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第18回 国電フリー乗車券で撮り鉄 上野駅ほか 昭和59年

小田急線 新宿駅 特急ロマンスカーあさぎり号 3000系SSE車
3000系SE車_あさぎり号
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

今回は鉄友と「国電フリー乗車券」を使って上野駅で撮影した特急列車の写真その他でお送りします。
といいながら1枚目は小田急ロマンスカー「あさぎり」号3000系SSE車です。

新幹線開発の元にもなり流線型のボディと連接台車が特徴的な小田急の名車です。
3000SSE車は1992年に引退しましたが、現在海老名車両基地に一編成が保存されており、秋に開催される「ファミリー鉄道展」などで一般公開されています。

それでは国電フリー乗車券を買って国鉄線に乗り換えます。


国鉄 尾久駅 寝台特急あけぼの号
寝台特急あけぼの_尾久駅
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

上野駅をめざす上り寝台列車をおさめるべく尾久駅にやってきました。
まずは「あけぼの号」を撮影。ネガには他に「はくつる号」などありましたが、ピンぼけのためボツ!


尾久客車区
尾久駅_尾久客車区
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

尾久駅から見える尾久客車区の様子です。
夜通し走って帰ってきた「はくつる」と「あけぼの」の洗車風景です。


国鉄 上野駅 常磐線普通列車
常磐線普通列車417系_上野駅
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

夜行列車の撮影を終え、尾久駅から上野駅地平ホームにやってきました。
しばらくここで特急列車の撮影をします。
上野駅はかつて20番ホームまでありましたが、翌年3月の東北新幹線上野開業を前にした工事の真っ最中で19番20番のホームは閉鎖されていました。
この地平ホームは東北・上越各方面の多種多様な長距離列車が発着し、一日中見ていても飽きないスポットでした。


国鉄 上野駅 寝台特急あけぼの号
寝台特急あけぼの推進回送_上野駅
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

先ほど尾久駅で撮影した「あけぼの号」の推進回送です。
推進回送とは、上野駅地平ホームが突っ込み型の終着駅のため、尾久客車区までバックの状態で回送する事をいいます。
これは「あけぼの号」が数少ない現役の寝台特急なので現在でも見られる光景ですね。


国鉄 上野駅 特急あさま号 189系
特急あさま189系_上野駅
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED


国鉄 上野駅 特急ひたち号 485系
特急ひたち485系_上野駅
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED


国鉄 上野駅 特急白根号 185系
特急白根185系_上野駅
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED


国鉄 上野駅 特急鳥海号 485系
特急鳥海485系_上野駅
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

上野駅での撮影はここまでです。


おまけの王子製紙4号機関車
王子製紙4号機関車
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

王子駅近くにある紙の博物館に保存されていた蒸気機関車です。1996年に苫小牧のアカシア公園に移動されたそうです。





国電フリー乗車券 おもて
国電フリーきっぷ591209表

今回の撮影で使用した「国電フリー乗車券」は現在の「都区内パス」に相当するフリーきっぷで、券に表示されている区間内では何度でも乗り降りできるお得なきっぷです。
ご覧の通りギザギザになっていますが、乗るたびに改札で「はさみ」を入れる決まりになっていたためこうなりました。


国電フリー乗車券 うら
国電フリーきっぷ591209裏

当時読んだ鉄道関係の雑誌の記事に感化され、鉄友とどれだけ「はさみ」が入れられるか真似してみることになりました。
駅によっては「はさみ」を省略しそのまま通っていいと言ってくれた駅員さんもいたので「はさみ」を入れてくれとわざわざ頼んだりもしました。
駅によって「はさみ」の形状が違っていてなかなか面白いですが、今なら自動改札を通すだけな訳で、このような遊びもできませんね。
当然「はさみ」の数だけ駅を乗り降りした訳ですが、当時は時間が有り余っていたんですねぇ。暇なことをしていたものです。


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第17回 奥多摩・秋川撮り鉄の旅 その4 五日市線 昭和60年

国鉄 五日市線 拝島駅 201系 普通列車
五日市線_普通列車_拝島駅_201系
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

第17回は前回に続きまして「奥多摩・秋川撮り鉄の旅 その4」として五日市線のスナップです。
青梅線を乗りつぶし、五日市線で武蔵五日市駅まで往復し、この旅は終了です。

拝島駅1番ホームに停車中の五日市線普通列車です。
今ではこの1番ホームと2番ホームの間にある中線は撤去され、駅は橋上駅舎になりました。
この列車に乗ってまずは武蔵増戸駅に向かいます。


国鉄 五日市線 武蔵増戸駅
五日市線_武蔵増戸駅
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

手書きの駅名表と木造の駅舎がいい味を出している武蔵増戸駅です。
この駅舎は最近まで現役だったようで、2011年に近代的できれいな駅舎に立て替えられました。


国鉄 五日市線 武蔵増戸駅 201系 普通列車
五日市線_武蔵増戸駅_201系
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

この列車に乗って終点武蔵五日市駅に向かいますが、なぜか武蔵五日市駅の写真は撮影していません。
今では高架の駅になってしまった武蔵五日市駅の写真は撮影しておくべきでした。


国鉄 五日市線 201系特別快速あきがわ号
五日市線_あきがわ号ヘッドマーク
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

どこで撮影したか不明な「あきがわ号」です。
一日動き回って疲れ果てていたようです。




当日購入した硬券入場券が出てきました。
ネガに記録されていた日付が間違っていました。
写っている人たちの服装が半袖なので間違いないでしょう。

今回のきっぷコレクションです。


国鉄 武蔵増戸駅 硬券入場券
入場券_武蔵増戸

国鉄 武蔵五日市駅から120円区間 硬券乗車券
乗車券_武蔵五日市

奥多摩・秋川自由乗車券
奥多摩・秋川自由乗車券600506


途中、青梅鉄道公園に立ち寄った際の写真があるのですが、それはまたの機会にします。
「奥多摩・秋川撮り鉄の旅」はこれにて終了です。


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第16回 奥多摩・秋川撮り鉄の旅 その3 石灰石列車 昭和60年

国鉄 青梅線 奥多摩駅 FE64-1021牽引の石灰石列車
青梅線_石灰石列車_01
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

今回は「奥多摩・秋川撮り鉄の旅」で撮影した石灰石列車の写真です。
この頃は頻繁に石灰石列車が運行されており撮影は容易にできました。

一枚目の写真は奥多摩駅構内での入れ替え作業の様子です。
空の貨車を工場奥にいるスイッチャーが引き込み、その横には石灰石を満載した貨物列車が浜川崎へ向けて発車していきます。


国鉄 青梅線 奥多摩駅
青梅線_石灰石列車_02
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

駅奥の石灰石工場と積み込み施設の様子です。
積み込み施設に貨車を引き込むためのスイッチャーが見えます。
石灰石列車が廃止になり、現在ではこれらのレールはすべて剥がされてしまいました。


国鉄 青梅線 拝島駅
青梅線_石灰石列車_04
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

拝島駅に戻ってきました。
EF64牽引の石灰石列車や八高線のセメント貨物など様々な列車が見られました。
この後五日市線で武蔵五日市まで往復します。


国鉄 青梅線 拝島駅 FE64-1021牽引の石灰石列車
青梅線_石灰石列車_03
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

再度、拝島駅に戻ってきました。
奥多摩駅で見たEF64-1021の牽引する石灰石列車がいました。


国鉄 青梅線 拝島駅 EF64-1021
青梅線_石灰石列車_05
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

EF64-1021のアップです。
次回は五日市線のスナップです。

ちなみに時系列的に前後してしまいましたが、「その1」で掲載した八高線の写真は五日市線往復後に撮影したものです。


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第15回 奥多摩・秋川撮り鉄の旅 その2 青梅線 昭和60年

国鉄 青梅線 青梅駅 201系
青梅線_青梅駅_201系
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

第15回は前回に引き続き「奥多摩・秋川 撮り鉄の旅 その2」として青梅線でのスナップをお送りします。
拝島駅から青梅駅にやってきました。
写真は留置線に停車していた201系電車です。当時は青梅駅以遠では103系が主力だったので201系はめずらしい存在でした。
この頃の201系はスカートや列車種別表示器などがなく前面がすっきりしています。

ここから奥多摩方面への普通列車に乗り換えて御嶽駅に向かいます。


国鉄 青梅線 御嶽駅
青梅線_御岳駅
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

御岳駅までやってきました。
御嶽駅はその名の通り御岳山や武蔵御嶽神社への入り口となる駅で、駅舎も神社風な造りになっています。
この時も多くのハイカーがこの駅で下車して行きました。


国鉄 青梅線 御嶽駅 103系奥多摩行き普通列車
青梅線_御岳駅_103系
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

この電車に乗って終点奥多摩駅へ向かいます。
青梅線はこのあたりから多摩川の蛇行に沿ってさらに山奥へと入って行きます。


国鉄 青梅線 奥多摩駅 201系特別快速おくたま号
青梅線_奥多摩駅_201系おくたま号
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

終点奥多摩駅に着きました。反対側のホームには新宿行きの特別快速おくたま号が停車していました。
奥多摩駅の構内から先は奥多摩工業の大きな要塞のような施設があり、石灰石を積み込むための貨物用側線が多数引かれています。
広い構内にはたくさんの石灰石専用の貨車がとまっていました。


国鉄 青梅線 奥多摩駅 103系 立川行き普通列車
青梅線_奥多摩駅
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

乗車してきた103系普通電車は立川行きとなって折り返して行きます。




当日購入した硬券入場券が出てきました。
ネガに記録されていた日付が間違っていました。
写っている人たちの服装が半袖なので間違いないでしょう。

今回のきっぷコレクションです。

国鉄 青梅駅 硬券入場券
入場券_青梅駅

国鉄 御嶽駅 硬券入場券
入場券_御嶽駅

国鉄 奥多摩駅 硬券入場券
入場券_奥多摩駅

国鉄 鳩ノ巣駅 硬券入場券
入場券_鳩ノ巣駅


次回は石灰石列車の写真をお送りします。


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第14回 奥多摩・秋川撮り鉄の旅 その1 拝島駅にて 昭和60年

国鉄 八高線 拝島駅 DD51 888号機牽引の貨物列車
八高線_拝島駅_貨物列車01
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

第14回は「奥多摩・秋川 撮り鉄の旅 その1」として拝島駅でのスナップをお送りします。
当時販売していた「奥多摩・秋川自由乗車券」を使ってまずは青梅線の拝島駅にきました。
一枚目は八高線のホームからDD51が牽引するセメント輸送貨物列車の写真です。
八高線にはかつて高麗川駅から太平洋セメントの工場までのびていた専用線があり、1999年までセメント輸送の貨物列車が運行されていました。


国鉄 八高線 拝島駅 DD51貨物列車
八高線_拝島駅_貨物列車02
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

2枚目は同じ列車の後方です。車掌車のヨ8000が連結されています。


国鉄 八高線 拝島駅 キハ35普通列車
八高線_拝島駅_キハ35
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

3枚目は高麗川・高崎方面行き普通列車のキハ35です。

今回からカメラが往年の名機、PENTAX MXに変わりました。
兄貴からのお下がりで初めての一眼レフカメラでしたが、小型軽量で露出計が信号機のような表示で使いやすく、露出の仕組みを勉強するのにも最適なカメラでした。
撮影データの記録をしていなかったので、ブログに記載しているデータは記憶頼りなので間違っているかもしれません。



当日購入した硬券入場券が出てきました。
ネガに記録されていた日付が間違っていました。
写っている人たちの服装が半袖なので間違いないでしょう。

今回のきっぷコレクションです。

国鉄 拝島駅 硬券入場券
入場券_拝島駅





スキャン画像レタッチ前
八高線_拝島駅_キハ35元画像

さて今回のネガですが、現像ムラのためフィルム中央部からパーフォレーションにむかって濃度が薄くなっている状況です。
従来のアナログ紙焼きでは難しい修正だと思いますが、さすがはphotoshop!グラデーションマスクとトーンカーブの併用でなんとか全面が平均的な濃度になるように誤摩化せました。

現像失敗でムラの発生したネガがたくさんあり、手間が掛かって大変ですがなんとかレタッチの目処がつきました。
今回のネガはまだマシなほうですが、もっと濃度差のあるネガもあるので、モチベーションが持続できるか心配ですね。orz

次回は青梅線でのスナップをお送りします。


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
おすすめリンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
QRコード
QR
プロフィール

すんや

Author:すんや
過去に撮りためたアナログ写真をフィルムスキャナーでデジタイズしアップロードする、アルバムと備忘録を兼ねたブログです。

一度はボツになった写真や、現像ムラ・カビ・キズなどで劣化した写真を現代の技術でどこまで復活させられるか?

アップする写真は基本的に鉄道写真か風景写真です。


中国五羊本田製バイクCGL125のブログをはじめました。
CGL125 あれこれ