第30回 '85春 東北ワイド周遊券の旅 4日目 後編 昭和60年

国鉄 東北本線 八戸駅 ED75+スハ43系客車 青森行き普通列車
600321東北本線_八戸駅_青森行き普通列車
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

前回に引き続き「東北ワイド周遊券の旅」4日目後編です。
盛岡から約2時間で八戸駅に到着しました。ここでは後続の特急はつかりとの接続待ちで約40分の停車時間があります。
写真はここまで乗車してきたED75+スハ43系旧型客車です。堂々の5両編成ですが、車内は閑散とした乗車率で淡々と各駅に停車しつつ青森をめざします。

今ではこの位置からは背後に東北新幹線のホームが見えると思います。
「東北本線」の八戸駅も消滅してしまい(2010年に青い森鉄道に移管)随分と様変わりしました。

40分もの長時間停車のため、駅構内を散策・撮影に出てみます。


国鉄 東北本線 八戸駅 キハ40 八戸線 普通列車
600321東北本線_八戸駅_八戸線普通列車
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

1番ホームへやってきました。八戸線のキハ40普通列車です。

長時間停車の割にはそのままホームに居座っていたようで、今になって思えば、なぜ駅舎の撮影や硬券入場券の購入などしなかったのか疑問です。疲れてたのかな。


国鉄 東北本線 八戸駅 ED75重連コンテナ貨物列車
600321東北本線_八戸駅_ED75重連コンテナ列車
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

発車時間が近づき4番ホームへ戻ってみると、上り線をED75重連のコンテナ貨物が通過して行きます。
左に小さく写っている客車はここまで乗車してきた列車です。
背景の貨物用ホームや多くの引き込み線も現在は撤去されて存在しません。


国鉄 東北本線 八戸駅 583系 特急はつかり
600321東北本線_八戸駅_583系特急はつかり
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

青森行きの「特急はつかり」が5番線に入線してきます。
この写真の背景に写る多数の留置線も今は東北新幹線のホームになっています。

「特急はつかり」の発車後、こちらも青森をめざして残り2時間ほどの旅が再開します。


国鉄 東北本線 野辺地駅 スハ43系普通列車 南部縦貫鉄道 レールバス 
600321東北本線_野辺地駅_青森行き普通列車
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

八戸から1時間ほどで大湊線と南部縦貫鉄道の接続駅、野辺地駅へやってきました。
ここでは10分ほどの停車時間があるので撮影です。
スハフ42との絡みで「南部縦貫鉄道」のレールバスを撮影です。
小さな旧型のレールバスで有名な「南部縦貫鉄道」も2002年に廃止されました。
今思えば、跨線橋を渡って南部縦貫鉄道のホームまで行ってレールバスの写真を撮影してくれば良かったと後悔です。


国鉄 東北本線 野辺地駅 大湊線 キハ22 普通列車
600321東北本線_野辺地駅_大湊線キハ22
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

こちらは大湊線のキハ22です。大湊線には2010年にようやく乗車が叶いました。
長かった青森までの鈍行列車の旅も残り1時間ほどとなりました。


国鉄 東北本線 青森駅 485系 特急はつかり
600321東北本線_青森駅_485系特急はつかり
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

5時間かけて終着の青森駅に到着しました。
17時をすぎて辺りはすっかり夕闇に覆われています。
次に乗車する奥羽本線の普通列車に乗り継ぐまでの時間に撮影と入場券の購入に向かいます。
(青森では硬券入場券は手に入りませんでした)
写真は何度も登場している「特急はつかり」です。


国鉄 奥羽本線 青森駅 上野行き 寝台特急あけぼの4号
600321東北本線_青森駅_寝台特急あけぼの
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

改札口とは反対側の青函連絡船の乗り換え口まで長いホームを歩いて行ってみましたが、乗船口まで見に行っている時間がなさそうだったので戻ってきました。
上野に向けて発車を待っている「寝台特急あけぼの4号」です。
写真では明るく見えますが、無理矢理補正しているので実際はだいぶ暗くなっています。


国鉄 奥羽本線 青森駅 大館行き 普通列車 ED75+50系客車
600321奥羽本線_青森駅_普通列車
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

こちらはこれから乗車する奥羽本線の大館行き普通列車です。
すっかり日が暮れてしまい暗闇の中、弘前をめざします。


弘前の町は人通りが多くにぎやかな町でした。
まずはホテルにチェックインし、駅ビルで遅い夕食をとりこの日の旅は終了です。

思えばこの日は客車列車の鈍行のみで一日を過ごしました。
寝坊から始まった一日でしたが、なぜか満足度の高い一日だったような気がします。


◆ 4日目の行程
盛岡 →(東北本線)→ 青森 →(奥羽本線)→ 弘前





今回のきっぷコレクション

国鉄 青森駅 入場券
600321入場券_青森駅


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第29回 '85春 東北ワイド周遊券の旅 4日目 前編 昭和60年

国鉄 東北本線 盛岡駅 485系 特急はつかり
600321東北本線_盛岡駅_特急はつかり
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

東北ワイド周遊券の旅も4日目に入りました。
この日は盛岡から東北本線→花輪線→奥羽本線→五能線→奥羽本線経由で弘前へ、という行程を予定していましたが、ここまでの疲れが出てすっかり寝坊してしまいました。
時計に目をやると9時をまわっており、この時点で予定の路線を乗り継ぐことは不可能です。
仕方なく五能線を諦めとりあえず花輪線で大館に向かうことにしました。

朝食を軽く済ませ盛岡駅へ行くと青森行きの「特急はつかり」が出発を待っていました。
「はつかり」で青森まで行くのもいいかな?と思いましたが、とりあえず花輪線の「快速八幡平」が発車するホームへ行ってみます。


国鉄 東北本線 盛岡駅 快速八幡平
600321東北本線_盛岡駅_快速八幡平1
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

「快速八幡平」が発車する6番ホームへやってきました。
キハ58+キハ52の2両編成で車内は4割程度の乗車率と行ったところでしょうか。


国鉄 東北本線 盛岡駅 快速八幡平 サボ
600321東北本線_盛岡駅_快速八幡平サボ
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

「快速八幡平」のサボです。
とりあえず席を確保して列車の撮影です。


国鉄 東北本線 盛岡駅 快速八幡平
600321東北本線_盛岡駅_快速八幡平2
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

後ろ側のキハ52です。
昼食用の駅弁を購入し車内で発車を待つことにしていましたが、反対側の7番ホームを見ると・・・


国鉄 東北本線 盛岡駅 旧型客車 青森行き
600321東北本線_盛岡駅_青森行き普通列車2
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

なんとスハ43系旧型客車の普通青森行きがいるではありませんか!
スハ43系旧型客車は先日のダイヤ改正で全廃になったとの情報を雑誌で見ていたので、びっくりして時刻表でそのダイヤを調べてみました。


国鉄 東北本線 盛岡駅 旧型客車 青森行き サボ
600321東北本線_盛岡駅_青森行き普通列車サボ
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

この列車で青森まで行ってもなんとか弘前まで到達できる見込みがついたので、こちらに乗車することに決定!
荷物を車内に置いてとりあえず撮影です。
もう乗ることはできないと思っていた車両を目の前にしてテンションUPです!


国鉄 東北本線 盛岡駅 旧型客車 青森行き
600321東北本線_盛岡駅_青森行き普通列車1
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

一番前の車両までやってきました。
機関車はまだ連結されておらず一見するとただの留置車両のように見えます。


国鉄 東北本線 盛岡駅 旧型客車 青森行き 車内
600321東北本線_盛岡駅_青森行き普通列車車内
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

発車までまだ30分以上あるので乗客もおらず席は選び放題です。
内装は木造で、網棚の網も金属製のものではなく糸を編んだ網のものです。
照明が蛍光灯ですが、車内吊りの広告も無く高い天井もあいまって開放感のある車内がとても良い感じです。


国鉄 東北本線 盛岡駅 旧型客車 青森行き 連結器
600321東北本線_盛岡駅_青森行き普通列車_連結器
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

機関車が連結されたので発車時間までの間にドアを開け連結器を撮影してみました。
この車両はドアがすべて手動なためこんなこともできましたが、当然走行中もドアが開いてしまうので、その点は注意が必要です。

発車時間になり青森に向けて約5時間の鈍行列車の旅が始まります!
寝坊して五能線乗車の望みは絶たれましたが、思わぬプレゼントと言ってもいい状況になりました。
機関車牽引列車独特の衝撃を受け、ゆっくりと盛岡を発車します。


国鉄 東北本線 盛岡駅 旧型客車 青森行き 走行中の車内から列車後部
600321東北本線_青森行き普通列車後部
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

約200キロの距離を5時間ほどかけてすべての駅をこまめに停車して行きます。
奇跡的にスハ43系旧型客車に乗車できて最初のうちは喜んでしましたが、単調な車窓と車内販売も無い長時間の乗車に眠気が襲います。

最後尾の車両から列車後方をのぞいてみると、それはもう開放的などという生易しいものでは表現しきれない光景が見られます。
この写真は洗面所通路とデッキを隔てるドアの内側から撮影したものですが、乗車口のドアは開けっ放しだわ最後部の連結部分はチェーン2本のみというオープンな環境は恐怖を感じます。
このページの5枚目の写真の状態で走行している訳です。

盛岡を発車してから2時間が経ち八戸へ到着しました。
ここでは40分ほどの長時間停車があります。





写真の枚数が多くなったため4日目は2回に分けてお送りします。
次回後編へ!


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第28回 '85春 東北ワイド周遊券の旅 3日目 昭和60年

国鉄 東北本線 仙台駅 キハ48 丸森線直通普通列車
600320東北本線_仙台駅_丸森線直通キハ48普通列車
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

引き続き東北ワイド周遊券の旅3日目です。ネガは前日後半から引き続きカラーの画像でお送りします。
この日の行程は長丁場です。羽後本荘ゆきの長距離ディーゼル急行「もがみ1号」に乗車するため早起きして仙台駅にやってきました。
前日の雨空から変わって快晴の清々しい朝を迎えることができました。

まずは7番ホームの丸森線直通普通列車を撮影。(丸森線は翌昭和61年に阿武隈急行線に引き継がれ、昭和63年に福島までの延伸開業、全通しました 地元では「あぶきゅう」の愛称で親しまれているようです)


国鉄 仙台駅 常磐線経由上野行き 485系特急ひたち
600320東北本線_仙台駅_485系特急ひたち号
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

5番線には上野行き常磐線経由の「特急ひたち」が発車を待っています。


国鉄 仙台駅 羽後本荘ゆき キハ58系 急行もがみ1号
600320東北本線_仙台駅_キハ58系急行もがみ1号
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

2番ホームにこれから乗車する「急行もがみ1号」が入線してきました。
これから5時間をかけて陸羽東線・陸羽西線を経由して秋田県の羽後本荘駅まで向かいます。

小牛田駅までは東北本線を経由し、そこから陸羽東線に入ります。
温泉で有名な鳴子駅では数分の停車時間を利用して途中下車、硬券入場券を購入。
紅葉で有名な鳴子峡をすぎると山間部に入り車窓は雪景色に変わります。


国鉄 陸羽東線 瀬見駅
600320陸羽東線_瀬見駅_急行もがみ号1号
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

もがみ1号の車窓から、途中の瀬見駅のスナップです。
この辺りに来ると雪深い豪雪地帯の景色になります。


国鉄 新庄駅 急行もがみ1号 併結シーン
600320奥羽本線_新庄駅_急行もがみ1号併結シーン
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

新庄駅では奥羽本線の米沢駅から来る同じ「急行もがみ1号」と併結するため10分ほど停車します。
仙台から3両編成でやってきた列車は米沢から来る3両編成の列車と併結し新庄から羽後本荘までは6両編成で運行されます。

陸羽西線に入ってからは雪景色のなかを最上川沿いに庄内平野へ向けて走ります。
途中最上川船下りの観光遊覧船と並走したりもします。


国鉄 羽越本線 吹浦駅〜女鹿駅間
600320羽越本線_吹浦駅-女鹿駅
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

庄内平野に入ると天気はふたたび快晴となり、余目駅からは羽越本線に入り穏やかな日本海を横目に見つつ北上します。
山側の車窓に目を向けると鳥海山の雄大な山容が望めました。


国鉄 羽越本線 羽後本荘駅 急行もがみ1号
600320羽越本線_羽後本荘駅_急行もがみ1号
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

羽後本荘駅3番線に到着しました。5時間の長旅を終えた急行もがみ1号です。
ここからは矢島線(現、由利高原鉄道鳥海山ろく線)が出ていますが、秋田へ向かうため乗車は次の機会にまわします。
(と言いつつ現在まで乗車の機会無しです)


国鉄 羽越本線 羽後本荘駅 ED75+50系客車 秋田行き普通列車
600320羽越本線_羽後本荘駅_ED75+50系客車
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

お昼時ですが秋田行きの普通列車に乗り継ぐため昼食はガマンです。
秋田まではこの列車で向かいます。(当時の時刻表を調べてみると、この列車は新津から秋田まで実に8時間半もかけて走る普通列車だとわかりました。)


国鉄 奥羽本線 秋田駅 キハ28+キハ40 普通列車
600320奥羽本線_秋田駅_キハ28+キハ40普通列車
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

遅い昼食とり駅近くの千秋公園を散策したあと秋田駅に戻ります。
ここからは「特急たざわ」で盛岡へむかいましたが、この後の行程は記憶に残っておらず、列車内ではほとんど寝て過ごしてしまったようです。
この日の行程はこれにて終了、今宵の宿へと向かいます。
いよいよ明日は青森県へと足を踏み入れます。

(写真は男鹿ゆきの男鹿線普通列車と思われます)


国鉄 東北本線 盛岡駅 特急はつかり 485系・583系
600320東北本線_盛岡駅_特急はつかり
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

この日の最後のカットが出てきたので追加でアップします。
東北新幹線の開業以降、盛岡ー青森間に短縮された「特急はつかり」です。
上野ー青森間で運転されていた東北本線の代表的な特急列車でしたが、運転区間短縮後も東北新幹線から青函連絡船への連絡特急として重要な役割を担っていました。





◆ 3日目の行程
仙台 →(東北本線・陸羽東線・陸羽西線・羽越本線)→ 羽後本荘 →(羽越本線)→ 秋田 →(奥羽本線・田沢湖線)→ 盛岡





今回のきっぷコレクション

国鉄 鳴子駅 硬券入場券
600320入場券_鳴子駅


国鉄 秋田駅 硬券入場券
600320入場券_秋田駅


国鉄 盛岡駅 硬券入場券
600320入場券_盛岡駅


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
おすすめリンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
QRコード
QR
プロフィール

すんや

Author:すんや
過去に撮りためたアナログ写真をフィルムスキャナーでデジタイズしアップロードする、アルバムと備忘録を兼ねたブログです。

一度はボツになった写真や、現像ムラ・カビ・キズなどで劣化した写真を現代の技術でどこまで復活させられるか?

アップする写真は基本的に鉄道写真か風景写真です。


中国五羊本田製バイクCGL125のブログをはじめました。
CGL125 あれこれ