第49回 小田急線 通勤形特集 昭和60年

小田急線 百合ヶ丘駅〜新百合ヶ丘駅間  2600形 各停 本厚木行き
198505新百合_2600形
◆ 撮影日:1985/5 PENTAX MX / smc PENTAX-M 100mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

第49回は前回の「ロマンスカー特集」から引き続き、小田急線の百合ヶ丘駅〜新百合ヶ丘駅間の歩道橋から撮影した通勤形車両の写真を特集します。

形式番号の若いものから順にということで、まずは2600形です。
1964年〜2004年まで40年間活躍した形式だそうで、小田急では初の20m級大型車両です。
ダークブルーとイエローの塗り分けで登場し、冷房化やホワイトにブルーの帯の現行塗装に変更されるなど時代とともに変貌を遂げてきた車両ですね。


小田急線 百合ヶ丘駅〜新百合ヶ丘駅間  4000形 各停 経堂行き
198505新百合_4000形
◆ 撮影日:1985/5 PENTAX MX / smc PENTAX-M 100mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

続いて4000形です。この頃の小田急ではすでに少数派になった非冷房の車両ですが、この後冷房化や様々な改造をされ2005年まで活躍しました。
非冷房ゆえに夏場などは側面窓を全開にする様子が多々見られましたが、今考えると少々怖いですね。


小田急線 百合ヶ丘駅〜新百合ヶ丘駅間  5000形 急行 相模大野行き
198505新百合_5000形
◆ 撮影日:1985/5 PENTAX MX / smc PENTAX-M 100mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

つい2年ほど前まで活躍していた5000形です。こちらも側面窓が2段式ですが、後年全開にできないように改造されたようです。


小田急線 百合ヶ丘駅〜新百合ヶ丘駅間  5200形 準急 本厚木行き
198505新百合_5200形
◆ 撮影日:1985/5 PENTAX MX / smc PENTAX-M 100mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

こちらはいわゆる「小田急顔」と言われる前面デザインの最後の形式となる5200形です。
9000形登場後に増備された車両で、側面窓が1段下降式になるなど9000形に準じたデザインになっています。
5000形同様、2012年をもって引退しました。


小田急線 百合ヶ丘駅〜新百合ヶ丘駅間  8000形 急行 箱根湯本/江ノ島行き
198505新百合_8000形
◆ 撮影日:1985/5 PENTAX MX / smc PENTAX-M 100mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

1982年に登場した8000形は9000形と共にそれまでの小田急車両とは大きく変わった前面デザインが採用されました。
この形式は様々なリニューアルを施され現在でも活躍していますが、ステンレス車両全盛の中で小田急通勤形車両の中では最後に残った全金属製車体です。
こちらはイベント用に特別な塗装を施され、「小田急走るギャラリー ポケット号」のヘッドマークが取り付けられていました。


小田急線 百合ヶ丘駅〜新百合ヶ丘駅間  9000形 急行 新宿行き
198505新百合_9000形
◆ 撮影日:1985/5 PENTAX MX / smc PENTAX-M 100mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

それまでの小田急通勤形車両と異なり奇抜な前面デザインで人気の高かった9000形です。
1972年登場で営団千代田線との相互直通運転のために導入された車両で、1988年の1000形登場後は地上用としての運用に変更され、2006年に惜しまれつつ引退しました。





※撮影日が5月となっていますが、乗務員の制服が半袖姿なので夏場の撮影かもしれません。
ネガ袋に記載されていた日付が5月となっていたのでこのような記載になっていますが、間違っている可能性があります。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第48回 小田急線 ロマンスカー特集 昭和60年

小田急線 百合ヶ丘駅〜新百合ヶ丘駅間  7000形 ロマンスカー LSE はこね号
198505新百合_7000形
◆ 撮影日:1985/5 PENTAX MX / smc PENTAX-M 100mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

今回も小田急線の百合ヶ丘駅〜新百合ヶ丘駅間の歩道橋にやってきました。
当時新たに手に入れたPENTAXの100mm中望遠レンズを試したくて、土曜日の学校終わりに撮影しに行きました。
結果は上々で満足のいく撮影ができましたが、現像を失敗しフィルムは現像ムラでがっかりでした。
しかし30年あまりの時を経てデジタルの力で見事復活です!

フィルムまるまる1本使い切り多くの列車を撮影した中から今回は小田急を代表する特急列車のロマンスカーを特集してお送りします。
まずは1980年登場のLSE7000形ロマンスカーです。小田急と言えば3100形NSEなど展望車両が有名ですが、現在では50000形VSEと旧塗装に戻された7000形LSEが活躍しています。


小田急線 百合ヶ丘駅〜新百合ヶ丘駅間  7000形 ロマンスカー LSE はこね号
198505新百合_7000形_2
◆ 撮影日:1985/5 PENTAX MX / smc PENTAX-M 100mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

同じ列車を引きで撮影です。鶴見川水系の麻生川が近い柿生駅から坂を登り百合ヶ丘駅手前で頂点(分水嶺)を迎えここから多摩川へ向けて下って行く様子が良くわかります。


小田急線 百合ヶ丘駅〜新百合ヶ丘駅間  3100形 ロマンスカー NSE さがみ号
198505新百合_3100形N
◆ 撮影日:1985/5 PENTAX MX / smc PENTAX-M 100mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

名鉄パノラマカーとともに当時大人気だった代表的な展望車両の3100形NSEです。
この車両は愛称板が電動回転式に更新された車両ですね。


小田急線 百合ヶ丘駅〜新百合ヶ丘駅間  3100形 ロマンスカー NSE あしがら号
198505新百合_3100形
◆ 撮影日:1985/5 PENTAX MX / smc PENTAX-M 100mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

こちらは交換式の愛称板の車両です。新宿駅の特急ホームにはこのホームベース形の愛称板が置いてあり、到着から折り返しまでの間に交換する作業が見られたものです。
今ではLED表示になってしまい味気ないものですね。


小田急線 百合ヶ丘駅〜新百合ヶ丘駅間  3000形 ロマンスカー SSE さがみ号
198505新百合_3000形_2
◆ 撮影日:1985/5 PENTAX MX / smc PENTAX-M 100mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

お次ぎは流線型ロマンスカーの元祖3000形SSEです。となりの2600形と比べるとその小ささや重心の低さがわかります。


小田急線 百合ヶ丘駅〜新百合ヶ丘駅間  3000形 ロマンスカー SSE さがみ号
198505新百合_3000形
◆ 撮影日:1985/5 PENTAX MX / smc PENTAX-M 100mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

前の写真の後追いです。オリジナルのSE車8両編成から5両に短縮されSSEを名乗りましたが、国鉄御殿場線乗り入れの連絡急行「あさぎり」の運用では5+5の十連で運転されることもありました。
個人的にはこのロマンスカーがもっともお気に入りです。
現在海老名駅の車庫に1編成が保存され、走行中の列車の中からその様子が確認できます。


次回はこの時撮影した通勤形車両の写真をスキャンしてみます。


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
おすすめリンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
QRコード
QR
プロフィール

すんや

Author:すんや
過去に撮りためたアナログ写真をフィルムスキャナーでデジタイズしアップロードする、アルバムと備忘録を兼ねたブログです。

一度はボツになった写真や、現像ムラ・カビ・キズなどで劣化した写真を現代の技術でどこまで復活させられるか?

アップする写真は基本的に鉄道写真か風景写真です。


中国五羊本田製バイクCGL125のブログをはじめました。
CGL125 あれこれ