第92回 小春日和の江ノ電巡り その2 昭和61年

前回に引き続き昭和61年に撮影した江ノ電の写真をスキャンしてみました。
大まかには撮影場所を決めていましたが、せっかくの鎌倉なので少し観光もしてみたいと思い鎌倉大仏へ。
早朝の人もまばらな鎌倉駅から再び江ノ電に乗り込み長谷駅へ向かいます。


江ノ島電鉄 300形303編成 由比ヶ浜駅前踏切から
6211江ノ電_300形303編成_由比ケ浜駅前の踏切
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

鎌倉大仏の最寄駅といえば長谷駅ですが、なんとなく一つ手前の由比ヶ浜駅で下車。
「由比ヶ浜」という駅名の割には由比ヶ浜の海岸が見えるわけでもなくただの住宅街です。
駅前の踏み切りで303編成を撮影し、そのまま大仏まで町並みなど撮影しながら歩いて行くことに。
到着した鎌倉大仏は早朝のために観光客もまばらで、一通り見学した後は極楽寺駅まで沿線の撮影地を探しながら歩いてみました。


江ノ島電鉄 300形301編成 長谷駅~極楽寺駅間 御霊神社前踏切から
6211江ノ電_300形301編成_御霊神社前踏切から
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX-M 100mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

長谷駅からほど近い御霊神社へ寄り道してみました。
参道の踏切ではちょうど鎌倉行きの301編成がやってくるところを撮影できました。
民家の軒先ギリギリな場所を通るのも江ノ電の特徴といえる沿線風景ですね。


江ノ島電鉄 300形303編成 長谷駅~極楽寺駅間 御霊神社境内から
6211江ノ電_300形303編成_御霊神社境内から
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX-M 100mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

鳥居の目の前に遮断機のない踏み切りがあり、参道を横切る江ノ電が絵になりそうだったので撮影してみました。
シャッター速度が遅く被写体ブレですが、かえって躍動感が出て良いのかもしれません。
(物は言いようですねw)

次の目的地、極楽寺へ向けて歩きます。
江ノ電は駅間距離が近いのでいちいち電車を待つより歩いたほうが早そうですね。


江ノ島電鉄 300形303編成 極楽寺駅
6211江ノ電_300形303編成_極楽寺駅
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

極楽寺駅へやってきました。
まずは駅裏の道からちょうど到着していた列車を撮影してみました。
300型3編成6両が停車していましたが、鎌倉寄りの303編成が後ろの2編成を残して発車していきました。


江ノ島電鉄 300形304編成 極楽寺駅
6211江ノ電_300形304編成_極楽寺駅
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

残りの2編成4両は藤沢方面へ発車して行きました。
写真からはどのような状況だったのかわからなかったので調べてみました。

・極楽寺駅の鎌倉寄りに停車している2両編成のすぐ後ろに藤沢からの極楽寺止まり4両2編成が到着。
・乗客は鎌倉寄り2両編成に乗換え鎌倉へ出発。
・4両2編成は極楽寺の車庫へ移動。
という運用があったそうです。

その他にも4両2編成の列車が極楽寺駅に到着後、後側2両の乗客を前側2両に乗換えさせ出発。
後側2両は運転終了で極楽寺車庫へという運用もあるようですね。


江ノ島電鉄 極楽寺駅
6211江ノ電_極楽寺駅
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

極楽寺駅の駅舎です。
極楽寺駅といえばやはりアジサイの寺こと成就院でしょうか。
映画「男はつらいよ」第29作『寅次郎あじさいの恋』の舞台にもなり、アジサイの季節には多くの観光客が訪れる観光地としても有名ですね。
第29作では寅さんの甥っ子、満男の出番が多く、シリーズの中でも印象的な回でした。
満男役の吉岡秀隆さんとは年が近いせいもあり、その後のシリーズでもその時その時の時代背景が思い出され、まるで自分の半生を見ているかのように感じることが多いです。
懐かしくもあり、恥ずかしい感じもしますね。

他にはテレビドラマ「俺たちの朝」の舞台にもなりました。
正直ドラマの内容はほとんど覚えていませんが、度々登場する江ノ電や極楽寺駅の映像が脳裏に焼きついていたのでしょう。
当時ドラマの影響で観光客が増え、廃線寸前だった江ノ電を救ったという話もあるようですが、江ノ電が廃線寸前だったなんて今からは想像もできない状況ですね。
その他にもいろいろなドラマの舞台になった江ノ電ですが、どのドラマが印象深かったのかは世代にもよるのでしょう。

次回はいよいよ海岸線沿いを走る江ノ電の定番撮影地へと向かいます。





今回のきっぷコレクション

江ノ島電鉄 極楽寺駅 硬券入場券
入場券_極楽寺駅


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

第91回 小春日和の江ノ電巡り その1 昭和61年

第91回は、昭和61年11月のある日曜日に訪れた江ノ島電鉄の写真をスキャンしてみました。
早朝に地元駅を出発し、7時前には江ノ電の乗換駅である藤沢駅に到着。
この時は「江の島・鎌倉フリーパス」を利用して目いっぱい江ノ電を撮影してみました。


江ノ島電鉄 300形301編成 車内
6211江ノ電300形301編成車内_1
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

早朝の藤沢駅からまずは鎌倉駅まで通しで乗車してみます。
最初のカットは朝日を浴びながら鎌倉へ向かう300形301編成の車内です。
休日は観光客でいっぱいの車内も早朝のためか空席が目立つほどの乗車率です。
車内では車掌さんが検札をしていました。


江ノ島電鉄 300形301編成 車内と連接部分
6211江ノ電300形301編成車内_2
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

連接台車といえば地元小田急線のロマンスカーが有名ですが、ここ江ノ電では全ての車両が連接台車の車両で運転されていますね。
その特徴的な連結部分と木製の床を撮影してみました。


江ノ島電鉄 300形301編成 網棚
6211江ノ電300形301編成車内_3
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

古いタイプの網棚が珍しかったので撮影してみました。


江ノ島電鉄 300形301編成 鎧戸
6211江ノ電300形301編成車内_4
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

これまた珍しい木製の鎧戸です。
座席の肘掛部分といい木製の部材が使われた車内はこの時代でもすでに珍しいものだったと思います。


江ノ島電鉄 300形301編成 乗務員扉
6211江ノ電300形301編成乗務員扉
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

手書きのレトロな書体が気になり撮影してみました。
この時点でかなり古い車両ではありましたが、やはり海岸近くを走るからなのか痛みが目立ちますね。


国鉄 鎌倉駅 二代目駅舎の時計塔
6211鎌倉駅旧駅舎の時計塔
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

鎌倉駅に着きました。
なぜか江ノ電の鎌倉駅を撮影せず、国鉄の二代目鎌倉駅の時計塔を撮影しました。
ちょうど2年ほど前の1984年に3代目駅舎に立て替えるときに、市民の移設保存の要望によりこの場所に設置されたそうです。

国鉄の鎌倉駅で硬券入場券を記念に購入し、次の撮影地に向かいます。
雲は出ていますが、すがすがしい秋の空が撮影日よりの一日を期待させます。





今回のきっぷコレクション

国鉄 横須賀線 鎌倉駅 硬券入場券
入場券_鎌倉駅1

国鉄 横須賀線 鎌倉駅 硬券入場券
入場券_鎌倉駅2


関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
おすすめリンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
QRコード
QR
プロフィール

すんや

Author:すんや
過去に撮りためたアナログ写真をフィルムスキャナーでデジタイズしアップロードする、アルバムと備忘録を兼ねたブログです。

一度はボツになった写真や、現像ムラ・カビ・キズなどで劣化した写真を現代の技術でどこまで復活させられるか?

アップする写真は基本的に鉄道写真か風景写真です。


中国五羊本田製バイクCGL125のブログをはじめました。
CGL125 あれこれ