第112回 池袋駅で偶然の一コマ 12系ジョイフルトレイン「白樺」 昭和62年

ネタが少なくなりつつある中、整理されていないネガファイルの中にあまり記憶のない写真を発見しました。
ファイルには「昭和62年」とだけ記されていたため何月ごろ撮影した写真かわかりませんが、写っている人たちの服装から夏の季節では無いということだけはわかりました。
一連の写真に写っている景色から場所は池袋駅のようですね。


JR東日本 池袋駅 1番ホーム
s62池袋_EF64+12系白樺_01
◆ 撮影日:1987/11 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

多分なにかの用事で池袋に来たのでしょう。
1番ホームに人だかりができていたので野次馬根性で見に行ったようです。
元々下調べもせず、行き当たりばったりで撮影することが多いので何が来るのか見当もつきませんでしたが、とりあえず一緒に待ってみることにしました。

昨今駅のホームで鉄道の写真を撮影するマニア達に冷たい視線が注がれるようですが、興味のない人から見たら今も昔もその雰囲気は変わらないですね。
ホームで三脚を立てている人もチラホラいますが、騒ぎになったり迷惑行為をしたりといった場面を見た記憶も無いですし、一般のお客さんも何が来るのか興味津々といった雰囲気だったと思います。


JR東日本 池袋駅 EF64-1001+12系ジョイフルトレイン「白樺」
s62池袋_EF64+12系白樺_02
◆ 撮影日:1987/11 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

しばらく待っていると前側に陣取った人たちがカメラを構え始めたので、私も頭の上にカメラを構えてノーファインダーで撮影してみました。
ファインダーが覗けないのでタイミングも合わず列車が小さくなってしまいました。


JR東日本 池袋駅 EF64-1001+12系ジョイフルトレイン「白樺」
s62池袋_EF64+12系白樺_03
◆ 撮影日:1987/11 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

やってきたのは茶色に塗装し直されたEF64-1001と12系客車を改造した和式客車だったようです。
EF64-1001といえば以前高崎第二機関区の一般公開で見たときはブルーの一般塗装でしたが、1987年3月にイベントトレイン牽引用にぶどう色塗装になったようです。
12系客車の「白樺」はというと、1983年の登場時には白地に黄緑のカラーリングでしたが、1987年8月にモスグリーンの車体色にリニューアルされたとなっています。


JR東日本 池袋駅 EF64-1001+12系ジョイフルトレイン「白樺」
s62池袋_EF64+12系白樺_04
◆ 撮影日:1987/11 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

一般客もカメラを向けるほど珍しい光景だったようで、ホーム上のほとんどの人がその列車に注目していました。
私も撮影しておきながらいうのもなんですがこの列車のことはよく知らなかったので「そんなに珍しいの?」と思ったし、今回発掘したネガの状態が悪くフレーミングも適当だったため今までプリントすることなく放置していた写真でした。
Photoshopで傷を消したり歪みを直してみるとそれなりに見られる状態になったので、この列車について調べた結果12系ジョイトレイン「白樺」だということがわかった訳です。
列車のことをインターネットで簡単に調べられたり、ボツになった写真も比較的簡単に修復できるというのは改めて便利だなぁと感じたスキャンでした。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
おすすめリンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
QRコード
QR
プロフィール

すんや

Author:すんや
過去に撮りためたアナログ写真をフィルムスキャナーでデジタイズしアップロードする、アルバムと備忘録を兼ねたブログです。

一度はボツになった写真や、現像ムラ・カビ・キズなどで劣化した写真を現代の技術でどこまで復活させられるか?

アップする写真は基本的に鉄道写真か風景写真です。


中国五羊本田製バイクCGL125のブログをはじめました。
CGL125 あれこれ