第120回 シリーズ定点撮影 その3 「尾久駅のいまむかし」

第120回の今回は「シリーズ定点撮影」の三回目、「尾久駅のいまむかし」をお送りします。
今月も月末ギリギリの更新となり過去のデータを使い回すような記事になってしまいましたが、ようやく未整理のネガフィルムの整理にも手を付けはじめ次回以降の記事にも目処がついてきたところです。
(今回使用した尾久駅の現在の写真は、定点撮影シリーズの過去の記事「上野駅」と「赤羽駅」でも使用した2015年11月撮影のものです)


国鉄 東北本線 尾久駅 寝台特急あけぼの号
寝台特急あけぼの_尾久駅
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

1〜2枚目は「第18回 国電フリー乗車券で撮り鉄 上野駅ほか 昭和59年」で撮影した1984年の尾久駅の様子です。
当時の早朝の尾久駅では各地から終着の上野駅を目指して力走する夜行寝台列車の数々を撮影できる有名撮影地でもありました。


JR東日本 宇都宮線(東北本線) 尾久駅 1番ホームから (2015年)
尾久駅_2015_01
◆ 撮影日:2015/11 Nikon D300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED

2015年現在の同じ場所から撮影してみました。
以前はホーム先端まで行けたため綺麗な編成写真を撮ることができましたが、途中に柵ができたためかなり手前の位置からの撮影を強いられます。
仮にホーム先端まで行けたとしても新たに設置された架線柱のため、以前のような編成写真を撮影することは不可能です。
特急列車などの優等列車も数少なくなったため、撮影地としては適した場所でもなくなったようです。


国鉄 尾久客車区
尾久駅_尾久客車区
◆ 撮影日:1984/12 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

ホーム先端のすぐ近くに尾久客車区があります。
この時は寝台特急「はくつる」と「あけぼの」の洗車風景が見えました。


JR東日本 宇都宮線(東北本線) 尾久駅 2番ホームから見える尾久車両センター (2015年)
尾久駅_2015_02
◆ 撮影日:2015/11 Nikon D300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED

北へ向かう寝台列車が激減した2015年でも約30年前と同じ風景が見えました。
この時はいわゆる「ブルートレイン」として最後まで生き残った「北斗星」で使用された24系客車、「カシオペア」用のE26系客車の清掃作業をしている様子が見えました。
E26系客車は現在でも団体臨時列車などで活躍しているようですね。


国鉄 東北本線 尾久駅 マニ50 MOTOトレイン
s6112マニ50MOTOトレイン_尾久駅
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 50mm F1.7/Nikon COOLSCAN IV ED

同じ位置から上野駅方面を見るとここからも広い留置線が見えますが、1986年に訪れた時は北海道へ向かうツーリングライダーに利用された「MOTOトレイン」のマニ50が留置されていました。
第82回 上野・日暮里・尾久で撮り鉄 その1 昭和61年


JR東日本 宇都宮線(東北本線) 尾久駅 2番ホームから見える尾久車両センター (2015年)
尾久駅_2015_03
◆ 撮影日:2015/11 Nikon D300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED

2015年現在の様子は約30年前の風景とあまり変わらないようですが、背後に見える「東京スカイツリー」がとても目立って見えます。


国鉄 東北本線 尾久駅 マニ36-2121+車番確認不能(スハネフ14)+マニ36-2155
198506_尾久001
◆ 撮影日:1985/6 PENTAX MX / smc PENTAX-M 50mm F1.7 / Nikon COOLSCAN IV ED

1985年に訪れた時は前年に廃止された寝台特急「紀伊」のスハネフ14やマニ36がいたり、珍しい車両の数々を見ることもできました。
第50回 赤羽駅・尾久駅で撮り鉄 昭和60年


JR東日本 尾久駅 駅前 (2015年)
尾久駅_2015_04
◆ 撮影日:2015/11 Nikon D300 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f/3.5-4.5G IF-ED

さて2015年にこの写真を撮影しに行った時はフリー切符を使っての訪問だったので、初めて改札を出て駅舎訪問もしてみました。
広大な敷地を持つ尾久車両センターが併設された尾久駅ですが、駅はこじんまりした地味な駅舎というのが第一印象。
駅前には特に何もなさそうでしたが、ちょっと離れて駅舎の写真を撮ろうとファインダーを覗いたら隣の駐輪場の屋上に電気機関車とそれに牽引される客車をイメージした建物がありました。
北区の駐輪場らしいですが、ここにもこんな形で「北斗星」が残されているんですね。

約30年を経て訪問した尾久駅は、北へ向かう特急・急行や夜行列車が激減した現在では特徴的だった上野駅への定期的な客車列車の推進回送を見ることもできなくなり、尾久車両センターの役割も以前とは変わってしまったようでした。
しかし今回の訪問では、北への主要幹線である「東北本線」の駅の風格みたいなものを感じることができたと思います。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
おすすめリンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
QRコード
QR
プロフィール

すんや

Author:すんや
過去に撮りためたアナログ写真をフィルムスキャナーでデジタイズしアップロードする、アルバムと備忘録を兼ねたブログです。

一度はボツになった写真や、現像ムラ・カビ・キズなどで劣化した写真を現代の技術でどこまで復活させられるか?

アップする写真は基本的に鉄道写真か風景写真です。


中国五羊本田製バイクCGL125のブログをはじめました。
CGL125 あれこれ