第123回 横川駅の名物シーン〜EF63の連結 その3 昭和62年

碓氷峠へ挑む「特急あさま号」と峠への後押しをする補助機関車EF63の連結シーンの撮影を終え、横川駅を発車するまでの短い時間に横川駅ホーム上の特徴的なシーンを捉えてみました。
今回は列車の写真は少なめ、鐵道にまつわる風景を捉えた写真です。


JR東日本 信越本線 横川駅4番ホーム 189系L特急あさま号と連結されたEF63-21を眺める人たち
198708横川駅_特急あさま補機EF63連結_10
◆ 撮影日:1987/8 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

EF63重連補機との連結作業を終えた特急あさま号の連結器付近を一服しつつ眺める人たち。
長い停車時間の暇つぶしとはいえ、連結作業というのは好きな人には興味の湧く対象なのでしょう。


JR東日本 信越本線 横川駅4番ホーム ホーム上を移動するお茶やジュースの移動販売
198708横川駅_特急あさま補機EF63連結_11
◆ 撮影日:1987/8 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

そろそろ出発時間が迫り私も席に戻りますが、ホームを移動中にお茶やジュースの移動販売カートを押す販売員をパチリ。
今ではお茶といえばペットボトルですが、このころは小さなポリ容器に販売時にポットからお湯を注いでもらう熱々のお茶が定番でした。
駅弁のお供に購入した方も多いのではないでしょうか。
缶コーラも100円で250mlの細い缶が普通でしたね。

しかし真夏とはいえ上の写真もそうですが、今と比べてずいぶんラフな格好で乗車する人が多かったんですねぇ。
背後に写る車両が「増結3号車」となっていて、繁忙期であることがわかる一枚です。
普段は出番の少ない増結用車両だからなのか、「3号車」に比べて塗装が色褪せています。


JR東日本 信越本線 横川駅4番ホーム 峠の釜めしを購入する人
198708横川駅_特急あさま補機EF63連結_12
◆ 撮影日:1987/8 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

自分の座席がある車両の前まで来ると峠の釜めしを購入する女性がいたのでこちらもパチリ。
発車まで残り少ない時間でしたが思わずシャッターを切りました。
カート上の釜めしには冷めないように布団のようなものがかけられホカホカの釜めしが食べられるようになっていたんですね。


JR東日本 信越本線 長野駅4番ホーム 165系快速みすず
198708横川駅_特急あさま補機EF63連結_13
◆ 撮影日:1987/8 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

最後は乗車してきた特急あさま号の終点「長野駅」で次に乗車する飯山線の列車を待つ間に撮影した「快速みすず」です。
165系の3両編成で飯田線の天竜峡駅までのロングラン快速列車です。
民営化直後とはいえ現在とは違ってまだまだ長距離を走る列車が多かった時代です。

この後は合宿地の戸狩野沢温泉駅へ向かい練習の毎日を送りました。
帰りも同じルートなので軽井沢駅での補機連結のシーンも撮影するチャンスがあったんでしょうが、連日の練習で疲れ果てていて写真を撮影する気力がありませんでしたね。

3回にわたってお届けした横川駅での様子は今回で終了です。
次回は恒例のきっぷコレクションをスキャンする予定です。





今回のきっぷコレクション
以前のものも含まれますが、いずれも合宿参加時に購入したものです。


国鉄 信越本線 長野駅 硬券入場券
600801_長野駅入場券

昭和60年発行の長野駅の硬券入場券。
団体乗車券での移動中でこの後乗車する飯山線の列車が来るまでの間、引率の先生に頼んで途中下車させてもらい購入した・・・のかもしれません。
いかんせん遥か昔のことなので記憶が曖昧ですw


国鉄 飯山線 戸狩駅 硬券入場券(料金変更スタンプ)
600801_戸狩駅入場券(140円スタンプ)

130円時代の硬券入場券に「140円に変更」のスタンプが押された「戸狩駅」時代の硬券入場券。
合宿地の最寄駅で、迎えのバスが来るまでの間に購入しました。


国鉄 飯山線 戸狩駅 硬券入場券(料金変更スタンプ+鳩車スタンプ)
600801_戸狩駅入場券(鳩車スタンプ)

こちらは野沢・飯山地方の民芸玩具「鳩車」のスタンプが押されたもの。
スタンプが押されただけの同じきっぷなので一瞬買うのをためらいました。


JR東日本 飯山線 戸狩野沢温泉駅 硬券入場券
620801_戸狩野沢温泉駅入場券

今回の記事で訪れた際に購入した硬券入場券。
この年には国鉄が分割民営化され、「戸狩駅」も「戸狩野沢温泉駅」に改称されていました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
先日に引き続き、横川駅の補機連結シーンのお写真、楽しく拝見させて頂きました。また、ホームの釜飯や飲み物の販売シーンも、いいですね。朧げな記憶に残っている、懐かしい鉄道の風景です。今は、コンビニに取って代わられた存在かもしれませんが、お弁当や飲み物を買うこと自体が特別な日と思えるような駅の光景です。
碓氷峠の鉄路は二度と元に戻ることはないでしょうし、機関車、特急列車共に過去の存在となりましたが、今でも魅力的に映ります。連結シーンを見ている男性二人のお写真がありますが、鉄道にはどこかに人の関心を引きつける魅力があるのかと思います。
確かにラフな服装の人、多いですね。気付かない内に、常識が変わっていってるのですね。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

風旅記さま

コメントありがとうございます。

駅弁と入れ立て熱々のお茶は列車旅の定番でしたが、コンビニがある今となってはむしろ贅沢な物となってしまった気がしますし、そういう意味では「駅やホームで駅弁を買う」という行為は今も昔も「特別な日」を表す特徴的な光景なんですね。
しばらく汽車旅をしていないので久しぶりに出かけたくなりました。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
おすすめリンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
QRコード
QR
プロフィール

すんや

Author:すんや
過去に撮りためたアナログ写真をフィルムスキャナーでデジタイズしアップロードする、アルバムと備忘録を兼ねたブログです。

一度はボツになった写真や、現像ムラ・カビ・キズなどで劣化した写真を現代の技術でどこまで復活させられるか?

アップする写真は基本的に鉄道写真か風景写真です。


中国五羊本田製バイクCGL125のブログをはじめました。
CGL125 あれこれ