第125回 ’88正月 青春18きっぷの旅 その1 昭和63年

今回は昭和63年の正月に青春18きっぷを利用した一泊二日の旅をした時の写真をスキャンしてみました。
この時の旅のきっかけというのは当時の友人I君からの相談が元で、なんでも山陰地方に行ってみたいとのこと。
相談に乗っているうちに私もそれに便乗してやろうと思い、口八丁手八丁で言いくるめて青春18きっぷで出発・同行し、途中からは別行動しようということになりました。
日程は年末の混雑を避け、あまり動きがないと思われる1月1日の夜に新宿駅から中央本線の夜行普通列車441Mで出発します。

出発駅の新宿駅では早めの行動が吉と出て無事441Mの座席を確保。
途中、長時間停車のある大月駅や甲府駅で途中下車などしつつ終点の上諏訪駅に到着。
ここでは有名な駅構内にある温泉に入ろうと友人Iを誘うも遠慮されたため一人で入浴、お風呂は以外と混んでいてあまり浸かっている時間はありませんでした。


松本城
s630102_松本城
◆ 撮影日:1988/1 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

大糸線に接続する松本駅までやってきましたが、次の列車まで待ち時間があったので松本城を見に行って見ました。
当然ですが早朝のため場内を見学することもできず、ゆっくりしているほどの時間もないためお城の外観のみ拝んで駅に戻ります。


JR東日本 松本駅 クモヤ142
s630102_松本駅クモヤ142-2
◆ 撮影日:1988/1 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

大糸線の列車が来るホームに来てみるとクモヤ142がいたのでパチリ。
一人旅ではあちこち目に付いたものを撮影したりしますが、同行者がいるといろいろ会話をするためシャッターを切る回数も減りがちです。


JR東日本 大糸線 普通列車からの車窓 青木湖
s630102_大糸線の車窓-青木湖
◆ 撮影日:1988/1 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

糸魚川へ向かうべく乗車した大糸線の列車からは雪景色が見えるかと期待していましたが、どうもこの年の正月は雪が少なかったようです。
写真に写っているのは青木湖でこの先はスキー場も多い場所ですが道路には雪がなく、スキー場へ向かう車の列を見ることもなく閑散としてなにか違和感を感じますね。

この先大糸線はJR西日本に管轄が変わる南小谷駅で非電化区間となりディーゼル列車へ乗り換え。
車内は席が9割ほど埋まる程度の乗車率だったと思います。
このくらいの時間帯になってくると夜行列車での寝不足が効いてきて、車内の暖かい暖房のせいもあってお互い口数が少なくなってきます。


JR西日本 大糸線 糸魚川駅 レンガ車庫
s630102_糸魚川駅キハ58-1516
◆ 撮影日:1988/1 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

到着した糸魚川駅の大糸線ホームからはレンガ造りの車庫が見えました。
このレンガ車庫は北陸新幹線の建設に伴い撤去されましたが、現在は新しくできた南口駅舎前にキハ52と共に展示されているそうです。
何度か訪れたことがある糸魚川駅ですが、北陸新幹線の開通後は行ったことがないので大糸線に乗ってキハ52を見に行ってみたいですね


JR西日本 北陸本線 普通列車 475系 TOWNトレイン
s630102_糸魚川駅457系TOWNトレイン
◆ 撮影日:1988/1 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2/Nikon COOLSCAN IV ED

さて友人
Iとはここでお別れ。
彼は氷見線に乗車したりしつつ西へ向かい、夜行急行だいせんで出雲へ向かうことになります。
私はというと東に向かいこの日は新潟で一泊の予定。

直江津までは475系普通列車に乗車しますが、快適な急行型の広い座席と話し相手がいなくなったせいで睡魔に襲われ、乗車中ほとんどの時間船を漕いでいたようで全く記憶がありませんでした。


今回の行程
新宿駅→(中央本線)→上諏訪駅→(中央本線・篠ノ井線)→松本駅→(大糸線)→南小谷駅→(大糸線)→糸魚川駅

次回もこの続きの様子をお送りします。





今回のきっぷコレクション

今回使用した青春18きっぷ
630102_18きっぷ

JR西日本 糸魚川駅 硬券入場券
630102_糸魚川駅入場券


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです!

最近は多忙の関係からPCを開ける時間が限定されてしまいますのでなかなか拝見する機会が限られてしまいますが・・・

最後の「旅客鉄道会社全線」の切符が印象的です。つまりこれはJR化後の国鉄の18きっぷの「常備券」という事でしょうからかなり貴重ですね。「旅客鉄道」という文句が泣かせますよね。以前は確か「国鉄全線」のはずでしたから、考えてみたら、たとえば武蔵野貨物線なども「フリー」となるわけですよね?実際にそういう理屈で貨物線まで制覇した方っていらっしゃるかどうか興味あります。
更に糸魚川の硬券も、今ではかなりのレアじゃないですか?

Re: No title

コメントありがとうございます。
こちらこそすっかりご無沙汰してしてしまって・・・
書きたい記事も溜まっているんですが、肝心のスキャン作業が捗らず、ほぼ月一更新という遅いペースになってしまっています。(;^_^A
多忙であるにもかかわらず更新し続けるダイヤモンド☆トナカイ様には脱帽です。

さて「旅客鉄道会社全線」の18きっぷですが、言われてみると手持ちのものはこの回の旅で使用したものだけでした。
やはり「国鉄全線」のイメージが強すぎて違和感を感じたのもそのせいだったのかも。
(サイズも違うし)
その後18きっぷを使う機会はありましたが緑色のきっぷがほとんどだったので、おっしゃる通り少しは貴重なのかな?と思いました(笑)
貨物線の部分で考えると、当時の利用期間中に貨物線を走る列車に18きっぷを使用して乗車したことがある人がいたとしたら、それはそれで貴重な体験と言えますね。

今週末にこの記事の続きをアップする予定ですが、まだレタッチ等の画像修正作業が残っているのでどうなることやらw
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
おすすめリンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
QRコード
QR
プロフィール

すんや

Author:すんや
過去に撮りためたアナログ写真をフィルムスキャナーでデジタイズしアップロードする、アルバムと備忘録を兼ねたブログです。

一度はボツになった写真や、現像ムラ・カビ・キズなどで劣化した写真を現代の技術でどこまで復活させられるか?

アップする写真は基本的に鉄道写真か風景写真です。


中国五羊本田製バイクCGL125のブログをはじめました。
CGL125 あれこれ