第89回 汐留貨物駅 その6 昭和61年

汐留貨物駅シリーズの第六回です。
今回もブログ「懐かしい駅の風景~線路配線図とともに」の「汐留配線図」を参考にさせていただきました。
こちらに掲載されている1986年3月の配線図をあわせてご覧になると分かりやすいと思います。



国鉄 汐留駅 芝浦1番、2番、発着線
s6112汐留駅_032
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

芝浦ふ頭方面の廃止された貨物支線から混載ホーム方向へ戻ってきました。
正面から分岐する3本の線路は左から芝浦1番線、芝浦2番線、芝浦発着線。
右側から合流してくる線路は芝浦埠頭方面への廃止された貨物支線で、正面の線路からいったん芝浦発着線(一番右側の線路)へ入り、スイッチバックして芝浦ふ頭方面へ向かっていたそうです。


国鉄 汐留駅 芝浦1番、2番、発着線
s6112汐留駅_033
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

さらに進んでみました。
3本の線路には使用されなくなった大量の貨車や車掌車が留置されていました。
右手には首都高速都心環状線の汐留出口が見えます。


国鉄 汐留駅 混載1号ホームと混載7番、8番、9番、10番線
s6112汐留駅_034
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

芝浦1番、2番、発着線から反対側の混載1号ホーム終端部へやってきました。
混載ホームの全ての線路上には使われなくなった貨車が留置されていました。


国鉄 汐留駅 混載7番、8番、9番、10番線
s6112汐留駅_035
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

ここまでは車掌車以外に”ワム”や”トラ”などの貨車が目立ちましたが、ここでは”ホキ”も多く見られました。
右から混載7番、8番、9番、10番線です。


国鉄 汐留駅 混載7番、8番、9番、10番線
s6112汐留駅_036
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

少し寄ってもう一枚。
他の貨物ホームと違って混載ホームの広大さがわかります。
混載ホームの様子はこれくらいにして、次は「手小荷物ホーム」の方へ移動します。


さて6回に渡ってお送りしてきた「汐留貨物駅」シリーズは次回が最終回です。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

芝浦ふ頭に続く支線は、わずかに1本だけど、ずーっと続くんですよね。
いい時代だったなあ・・
今はゆりかもめになってしまいました。

芝浦貨物線

芝浦の貨物線は特撮物のロケ地に使われたこともあったようで、現役時代の姿を見ることができるのかもしれません。
”海”や”新”が付かない芝浦駅にも駅舎が存在していたようで、ネット上の数少ない情報によるととても魅力的な貨物線だったようですね。

No title

そうそう、仮面ライダーとか麻薬の取り引きとか・・・ (笑)

こんにちは。
汐留駅のお写真、楽しませて頂いております。貴重なお写真の数々ですね。
今では高層ビル群にすっかり変わり、広大な貨物駅の面影は片鱗も残っていませんが、周辺の風景、首都高や浜離宮などはそのままなのが不思議なくらいです。廃止された駅と使い続けられた施設で、時間の流れが違ったようですね。
お写真の一枚一枚から、この貨物駅がいかに大きかったかも伝わってきますし、貨物輸送の形態が変わり役割のなくなった、放置された貨車の数々の寂しい姿も印象的でした。
昭和の最後の時期、まだまだ国鉄の古い時代の残影のようなものが残っていたのですね。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

風旅記さま

コメントありがとうございます。

これだけの大きな施設が物流の形態の変化により役目を終えたのを目の当たりにした訳ですが、当時はそんな事情も知る由もなくただ記録をしただけでしたが、数十年経ってみるといろいろ理解できたこともあり感慨深いですね。
昭和から平成へ、国鉄からJRへと変化していく時代の象徴だったような気もします。

風旅記さまのブログをリンクさせていただきました。
今後ともよろしく願いします。

こんにちは。
時間の流れは、後になって実感することも多いですね。今の汐留一帯の敷地が全部貨物駅で、その周辺にも線路を伸ばしていたと思うと、一昔前の鉄道がいかに大規模な設備で動いていたかを想像する助けにはなります。
今では、高層のオフィスビル、ホテル、マンションが整然と立ち並び、汐留のビル群のせいで東京湾からの風が入り込まなくなって都心部の気温が上がったとまで言われましたが、既に、ここに貨物駅があったことを知る人は殆どいないように思われます。
お写真をきっかけに、時間を超えて想像したり、資料に当たったり、楽しい時間を持つことができました。次回も楽しみにしています。
*******
リンクを掲載頂けたとのこと、大変うれしく思います。ありがとうございます。
当方にも、リンクを掲載させて頂きました。(お時間がございましたらご確認頂ければ幸いです)
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

風旅記さま

コメントありがとうございます。

十年一昔と言いますが、30年近く前のことだから忘れているだろうなと思っていました。
ブログに掲載するためにネガをスキャンし、記事を書きながらコマの流れを追っていくとなぜか当時の様子が鮮明に思い出され、人の記憶って意外に消えないものだと感じています。
当時同じ場所を訪れたことのある人には、ブログを見ることで間接的にではありますが、その記憶を呼び起こすきっかけになったりするのかな?と思ったりします。

あと、相互リンクしていただきありがとうございます。
風旅記さまのブログにもお邪魔させていただきますね。
今後ともよろしく願いします。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログ内検索
おすすめリンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
QRコード
QR
プロフィール

すんや

Author:すんや
過去に撮りためたアナログ写真をフィルムスキャナーでデジタイズしアップロードする、アルバムと備忘録を兼ねたブログです。

一度はボツになった写真や、現像ムラ・カビ・キズなどで劣化した写真を現代の技術でどこまで復活させられるか?

アップする写真は基本的に鉄道写真か風景写真です。


中国五羊本田製バイクCGL125のブログをはじめました。
CGL125 あれこれ