アナログからデジタルへ

フィルムスキャナーでスキャンした写真をアップするブログ

第158回 東関東撮影旅行2004 「阿字ヶ浦駅編」 その2  平成16年

今回も、前回に引き続き後編として茨城交通湊線の終着駅「阿字ヶ浦駅」の終端部分の様子をお送りしてみます。
2004年1月早々、東関東の地方私鉄を巡る旅で訪れた阿字ヶ浦駅。
正月ということもあって勝田駅への列車が出発してしまうとひとけのない広い構内はより一層ひっそりとした雰囲気に。

茨城交通湊線 阿字ヶ浦駅構内側線に留置されていたキハ201と無蓋貨車のトラ15・16
200401茨城交通阿字ヶ浦駅_007
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 50mm F1.4D

そんな静けさに包まれた駅構内の中でもすでに使われなくなったであろう古い車両たちは目立つ存在でした。
海水浴客向けの更衣室として利用されていたようですが、すでに鉄道車両としての手入れはされていないため海沿いの駅ということもあって車体のあちこちに錆がでていて解体を待つ廃車体のよう。


茨城交通湊線 阿字ヶ浦駅ホームから見る末端部
200401茨城交通阿字ヶ浦駅_008
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 50mm F1.4D

さらに歩を進めてみると阿字ヶ浦駅の終端部分が見えてきました。
かつては繋がっていたであろう線路はそれぞれ別の位置で途切れて、一本を除きその役目を終えたかのようにみえました。


茨城交通湊線 阿字ヶ浦駅構内の末端部から見るホームと駅舎
200401茨城交通阿字ヶ浦駅_009
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 50mm F1.4D

末端部から振り返ってみると、一両編成の列車が行き来するだけの地方ローカル線の終着駅としては広すぎるかのように見える駅構内も、かつては貨物の積みおろしや海水浴場への観光客で賑わっていたであろうことが想像できますね。


茨城交通湊線 阿字ヶ浦駅構内末端部の車止め
200401茨城交通阿字ヶ浦駅_010
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

車止めの先はどこにも行けないまさに終点といった感じで、あちこちの地方鉄道が廃止されていく中いずれこの路線も廃線になるのだろうとこの時は思ったものですが、その後この先のひたち海浜公園への延伸が計画されていることを知り驚きとともに安堵したものです。


茨城交通湊線 阿字ヶ浦駅入り口と改札
200401茨城交通阿字ヶ浦駅_011
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

末端部から再び駅舎へ戻ってくるタイミングで列車が到着。
数人の乗客が方々へ去っていくと再び無人の改札は静けさに包まれます。


茨城交通湊線 阿字ヶ浦駅に停車中のキハ3710?
200401茨城交通阿字ヶ浦駅_012
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

閑散とした午後の阿字ヶ浦駅を小一時間堪能し、いつの日か列車での訪問を胸に誓い出発を待つ列車を後に次の目的地へ、ということで茨城交通湊線「阿字ヶ浦駅編」はこれにて終了。
「東関東撮影旅行2004」のようすはこの先も続きます。



※東関東撮影旅行2004シリーズはこちらから
  1. 第155回 東関東撮影旅行2004 「日立電鉄編」 その1  平成16年
  2. 第156回 東関東撮影旅行2004 「日立電鉄編」 その2  平成16年
  3. 第157回 東関東撮影旅行2004 「阿字ヶ浦駅編」 その1  平成16年
  4. 第158回 東関東撮影旅行2004 「阿字ヶ浦駅編」 その2  平成16年
関連記事

第157回 東関東撮影旅行2004 「阿字ヶ浦駅編」 その1  平成16年

東関東の地方私鉄を巡る撮影旅行の二日目、かつて茨城県に存在していた地方私鉄「日立電鉄」を訪れた前回に引き続き、2008年に「ひたちなか海浜鉄道」に引き継がれ名称を変えた「茨城交通湊線」の阿字ヶ浦駅へやってきました。
車での移動ではありますがこの日の宿泊地が決まっている都合で全線をくまなく周ることもできなかったため、今回は湊線の終点である阿字ヶ浦駅のみの訪問となりました。


茨城交通湊線 阿字ヶ浦駅
200401茨城交通阿字ヶ浦駅_001
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 85mm F1.8D

久慈浜での撮影後、海岸沿いの道を南下すると程なくして阿字ヶ浦駅のちかくへ。
駅へ向かって歩いて行くとちょうどいいタイミングで踏切の警報機が鳴り列車が到着、やってきたのは比較的新しいと思われる37100形の単行列車でした。
奥に見える側線には使用されてなさそうな車両が留置されています。


茨城交通湊線 阿字ヶ浦駅に停車中の37100形
200401茨城交通阿字ヶ浦駅_002
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 85mm F1.8D

駅舎の反対側の側道から到着した37100形を撮影。
ありきたりの鉄道写真ですが背後に見える茨城港のコンテナクレーンが海辺の駅である事を感じさせますね。
何枚かの写真を撮影していると程なくして列車は勝田駅へむけて発車していきました。


茨城交通湊線 阿字ヶ浦駅駅舎と駅前の様子
200401茨城交通阿字ヶ浦駅_003
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

踏切を渡って駅舎側へやってきました。
列車がいなくなると時折踏切を通り抜ける車の音がするだけで閑散とした雰囲気になります。
地方私鉄の終着駅にしては長大なホームや数台停められるバス停、広々とした駅前などが不自然に感じますが、かつては夏の海水浴シーズンに上野駅から直通の臨時急行「あじがうら号」が運転されるなど、駅からほど近い阿字ヶ浦海水浴場へ向かう海水浴客の多くが利用した駅ということもあり、その名残を感じさせます。


茨城交通湊線 阿字ヶ浦駅ホームへの通路
200401茨城交通阿字ヶ浦駅_004
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

無人の改札を通り抜けると線路をまたいでホームへの階段が続きます。
列車本数も多くはなく手前側の線路は使われていないようでレールの輝きも見られません。
かつては日本中の地方駅で見られた構造ですが、2010年からのバリアフリー化工事によってスロープが設けられこの景色にも変化があったようです。


茨城交通湊線 阿字ヶ浦駅改札
200401茨城交通阿字ヶ浦駅_005
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

ホーム上から駅舎側へ振り返ってみると「歓迎 ようこそ阿字ヶ浦海水浴場 茨城交通」と記された手書きの看板が。
通常の改札の右手には臨時改札も見え、手書き看板と相まって海水浴客で賑わった当時を思い起こさせる景色がそこにはありました。


茨城交通湊線 阿字ヶ浦駅ホーム上の支柱と駅名板
200401茨城交通阿字ヶ浦駅_006
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

無人のホームを進むと今は使われていない鉄骨の支柱がありました。
その後のホーム改修時でしょうか?現在は撤去されているようで、味のある手書きの駅名板も今では見ることができなくなったようです。

この先終着駅のホームの先端がどうなっているのか?気になるところですが今回はここまで。
次回は阿字ヶ浦駅の線路が途切れる端っこの様子を見に行ってみます。



※東関東撮影旅行2004シリーズはこちらから
  1. 第155回 東関東撮影旅行2004 「日立電鉄編」 その1  平成16年
  2. 第156回 東関東撮影旅行2004 「日立電鉄編」 その2  平成16年
  3. 第157回 東関東撮影旅行2004 「阿字ヶ浦駅編」 その1  平成16年
  4. 第158回 東関東撮影旅行2004 「阿字ヶ浦駅編」 その2  平成16年




関連記事

第156回 東関東撮影旅行2004 「日立電鉄編」 その2  平成16年

第156回の今回も前回に引き続き「東関東撮影旅行2004 日立電鉄編」の続きを書いてみます。

2004年の1月早々に訪れた東関東を中心とした友人との撮影旅行の二日目、かつて存在した茨城県の地方私鉄「日立電鉄」鮎川駅周辺を撮影した我々はすぐ近くにある海岸へと足を向けてみました。

日立電鉄鮎川駅近くの海岸
200401_日立電鉄鮎川駅近くの海岸
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

真冬の海ということもあって海岸への道中も含め人影を見ることもなく、まるでどこかのプライベートビーチのようですが夏は海水浴客で賑わったりするんでしょうか。
海側はあまり雲がなく日差しも強く青空が広がっていたのでなんとなく季節感が狂う不思議な景色でした。
ぷらぷらとあたりを撮影し再び鮎川駅へ方面へ戻ります。


日立電鉄鮎川駅構内に留置される3000形車両と通過する常磐線415系普通列車
200401_日立電鉄鮎川駅北端踏切から構内を望む
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 20mm F2.8D

車に戻る道すがら新鮎川踏切の警報機が鳴りはじめたところでの一枚。
付け替えた20mm超広角レンズの特徴を活かした絵柄で撮ってみたつもりですが、もっと解放寄りの絞り値で撮ったほうが立体感が出たのかもしれませんね。
個人的にはこういった欲張りなフレーミングは大好きです。
ちなみに当ブログの第151回からのヘッダーに使用しているのがこの画像です。

小一時間滞在した鮎川駅を離れ、続いて訪れたのはここ。


日立電鉄 久慈浜駅構内に留置された3000形車両とトム1001
200401_日立電鉄久慈浜駅構内の2000形と無蓋貨車
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

とくに下調べをしたわけでもなくなんとなく地図上で気になった「久慈浜駅」。
鮎川駅同様やはり人影もまばらなローカル駅といった風情ですが、多くの側線と車庫や車両検査場などがある規模が大きな上下列車の交換可能な主要駅のようです。


日立電鉄 久慈浜駅構内
200401_日立電鉄久慈浜駅構内
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

駅の常北太田方面へ移動してみるとかつて貨物の積み下ろしをしていたんじゃないかと思われる広い敷地があり、無蓋貨車や保線用車両などがあることから賑わいのあった駅だろうというのが感じられました。


日立電鉄 久慈浜駅に到着した常北太田行き普通列車
200401_日立電鉄久慈浜駅に到着した2000形列車
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

程なくしてホーム上に何人かの人影が見えると列車が到着。
幾人かの乗降客があり列車はすぐに発車していきました。
変な話ですがここまでほとんど利用者らしき人影を見られなかったのでホッと一安心。
結果として成し遂げられませんでしたが、いつの日か全線完乗しに来たいと思わせる魅力的な地方鉄道でした。

さてこの日は銚子まで行く予定を立てていたため起点の常北太田駅への訪問は諦め日立電鉄の撮影は終了。
冬の強い日差しを浴びながら鹿島灘を目指し南下していくことになります。
次回はひたちなか周辺の地方鉄道を紹介してみましょう。




※東関東撮影旅行2004シリーズはこちらから

  1. 第155回 東関東撮影旅行2004 「日立電鉄編」 その1  平成16年
  2. 第156回 東関東撮影旅行2004 「日立電鉄編」 その2  平成16年
  3. 第157回 東関東撮影旅行2004 「阿字ヶ浦駅編」 その1  平成16年
  4. 第158回 東関東撮影旅行2004 「阿字ヶ浦駅編」 その2  平成16年


関連記事