アナログからデジタルへ

Category高崎第二機関区 一般公開 1/2

  • 国鉄 高崎第二機関区 一般公開 EF15-165 EF15-200◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED2013年もあと数分で終わりですが、ギリギリで本年最後のアップです。第38回は前回からの続きで今後数回にわたり、昭和60年3月30日から4月3日の間に行われた「高崎第二機関区開設40周年」を記念した一般公開で撮影した機関車の写真の特集をお送りします。今回はその中からこの年で現役引退したEF15の...

  • 国鉄 高崎第二機関区 一般公開 EF58-61◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED2014年の一回目、第39回は前回からの続きで「高崎第二機関区開設40周年」の一般公開で撮影したEF58-61の写真です。かつて東海道・山陽本線、高崎・上越線、東北本線などで活躍した前面2枚窓、流線型車体の電気機関車のお召し列車専用機です。茶色の車体カラーに特別な装飾で人気の車両でしたが、2008年に現役...

  • 国鉄 高崎第二機関区 一般公開 EF58-89◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED第40回は前回に引き続きEF58の写真です。前面窓につらら切りのひさしを装着した上越型のEF58-89号機です。この89号機はそれまでブルーとクリームの塗り分けの標準色でしたが、1984年に「ぶどう色2号」とよばれる茶色に塗装され、1999年の廃車後は標準色に戻されましたが、大宮の鉄道博物館に収蔵されている現...

  • 国鉄 高崎第二機関区 一般公開 EF55-1◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED第41回は前々回のEF58-61とともに是非見てみたかった流線型の電気機関車「EF55」と”セノハチ”の後補機で有名な「EF59」の写真をスキャンしてみました。「EF55」は昭和11年に3両製造された電気機関車で、当時ブームだった流線型を取り入れた車体デザインで、その形状から「ムーミン」の愛称で親しまれました。こ...

  • 国鉄 高崎第二機関区 一般公開 EF60-501◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED記録的暴風雪で外出もままならないため、ブログ用のスキャンをしてみました。前回に引き続き高崎第二機関区一般公開での写真の中から、ブルーの塗装をされた電気機関車のトップナンバー勢揃いの様子をお送りします。一枚目はEF60-500番台の一号機です。寝台特急(ブルートレイン)の牽引用としてデビューした...