第12回 鶴見線特集 その3 鶴見線の車窓から〜後編 昭和59年

国鉄 鶴見線 昭和駅 プラットホーム
鶴見線4_昭和駅01
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

第12回は前回の「鶴見線特集その3」の後編です。
浅野駅で本線に乗り換え、終点扇町駅をめざします。今回も車内からのスナップを中心に構成されています。

さて、いきなり終点一駅手前の「昭和駅」です。昭和電工(旧昭和肥料)の最寄り駅であることから名付けられた駅名だそうです。
駅の佇まいは今もあまり変わりません。

注目すべきは掲示されているポスターですが、昭和駅だけに昭和の時代を感じさせる内容でジャイアンツの王監督を起用した「カロリーメイト」のポスターと「引っ越しは国鉄コンテナで」、それに当時国鉄一社提供のテレビ番組「遠くへ行きたい」のポスターもあります。
この番組は日テレ系列で今でも放送されている長寿番組ですね。
仲間内では当時のテレビCMで王監督がカロリーメイトを飲み干した後「まじぃ〜」と言っているように見えると話題になりましたが、誰かがあれは「あちぃ〜」と言ってるんじゃないの?の一言で終息しました。


国鉄 鶴見線 昭和駅 駅舎
鶴見線4_昭和駅02
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

昭和駅の駅舎です。
こちらは現在でもほぼ同じ状態です。


国鉄 鶴見線 扇町駅 ホームから
鶴見線4_扇町駅01
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

終点扇町駅にやってきました。
広い貨物用側線が特徴的で、旅客用施設はオマケ扱いのような規模ですが、貨物用側線も現在は半分くらいに減ってしまいました。
しかし平日のみとはいえ、今となっては全国的にも珍しい石炭輸送貨物列車が現在でも定期に発着し、その入替作業を間近に見ることができる貴重な場所です。


国鉄 鶴見線 扇町駅 DD13型ディーゼル機関車
鶴見線4_扇町駅DD13
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

貨物列車の入替作業をしているDD13です。現在は同じ場所で石炭輸送列車の発着時にDE10やDE11などを見ることができます。


JR鶴見線 昭和駅〜扇町駅間 石炭輸送列車
鶴見線4_石炭輸送列車
◆ 撮影日:2013/06 Nikon D300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED

20両もの石炭輸送用の貨車を連ねる様は迫力があります!
誘導員の指示に従いゆっくりと通過していきます。


国鉄 鶴見線 浜川崎貨物駅
鶴見線4_浜川崎貨物
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

扇町駅から折り返してきました。浜川崎駅〜昭和駅間にある浜川崎貨物仕分線の様子です。
第10回で紹介した石灰石輸送列車がいます。現在でもここでは米軍ジェット燃料輸送列車の方向転換や、石炭輸送列車の機関車付け替えなどの様子を見ることができます。


国鉄 鶴見線 安善貨物駅 ヨ8000型車掌車
鶴見線4_安善駅
◆ 撮影日:1984/08 OLYMPUS TRIP 35 D.Zuiko 1:2.8 f=40mm/Nikon COOLSCAN IV ED

安善駅での一コマです。ヨ8000型車掌車が写っています。
この駅は在日米軍横田基地向けのジェット燃料輸送列車の発着駅になっており、現在でもタンク型貨車の発着・入れ替え作業などがみられます。
当時の貨物列車には車掌車が連結されていたので、このヨ8000は入れ替え作業後に列車に連結されていったのでしょうね。


JR鶴見線 安善駅 米軍ジェット燃料輸送貨物列車 入れ替え作業
鶴見線4_安善駅米軍ジェット燃料輸送列車
◆ 撮影日:2013/06 Nikon D300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED

安善駅での米軍ジェット燃料輸送貨物列車の入れ替え作業風景です。
EF65型電気機関車が牽引してきた空のタンク貨車を、DE11型ディーゼル機関車が米軍専用線の貯油施設へ牽引していきます。
平日にもかかわらず多くの「同業者」の方が撮影にきていました。


そんな安善駅のヨ8000ですが、それよりむしろ後ろに写っているジウジアーロデザインの初代スズキセルボのほうが、
「わたし、気になります!」


スズキ セルボ
鶴見線4_安善駅セルボ

程度の良い安価な中古があったら乗ってみたいな〜


今回はここまです。次回は相模線乗車時の写真をスキャンしてみたいと思います。
ネガを見た限りでは露出不足でキビシそうです。orz


関連記事

コメント 4

コメントはまだありません

鉄男  

http://www.youtube.com/watch?v=lz546Iqtj7g

(^◇^) ははは! 何度みても 「まじぃ」 だよ!

2013/06/21 (Fri) 00:52

すんや  

たしかにw あの表情といい「まじぃ〜」にしか見えませんな!

2013/06/21 (Fri) 01:36

風旅記  

こんにちは。
リンクの更新、ありがとうございました。
また、当方も更新させて頂きました。お知らせ頂き、ありがとうございました。

鶴見線が貨物線として稼働していた時代、線路端からの光景が濃いですね。ディーゼル機関車も古いものが味があります。
貨物線に寂れた風景は似合いますが、今の鶴見線の周りに広がる線路を見ますと流石に悲しくなりますね。
いつか、そんな思いのまま、列車の通らなくなった支線、側線巡りもしてみたいと思っています。
風旅記: https://kazetabiki.blog.fc2.com

2018/12/31 (Mon) 11:26
すんや

すんや  

風旅記さま

コメントありがとうございます。
まずはリンク先の修正ありがとうございました。

当時の鶴見線といえばやはり貨物が主体で旅客はおまけみたいな存在という印象が強かったですね。
工場地帯の真っ只中ということもあって数々の支線をたくさんの貨物列車が行き交う様子は今となっては贅沢な環境だったと言えるでしょう。
少ないとはいえ昭和のその様子を見ているので、今現在の鶴見線の閑散とした雰囲気は物悲しいですね。
私も近いうちに今の鶴見線界隈の様子を見に行ってみようと思います。

本年も当ブログをご覧いただきありがとうございました。
風旅記様のブログにもお邪魔させていただきますね。
来年もよろしくお願いいたします。

2018/12/31 (Mon) 14:12

コメントする