第148回 '92 International F3 League  富士スピードウェイ その4 平成4年

これまで3回に渡って公開してきた1992年に富士スピードウェイで行われた「インターF3リーグ」の様子。
四回目の今回は富士スピードウェイの第一コーナーで撮影した写真を中心にお送りします。

前回は予選A組・B組のレースが終わり決勝レースまでの間に再び旧コースの30度バンクを見に行ったところまででしたね。
前日夜出発で寝不足だったことに加え、予選レース開始前に30度バンクを含む旧コースの見学をしたことですっかり満足してしまい、レース開始後は睡魔に襲われほぼ記憶がないという状態。


富士スピードウェイ 第一コーナー外側からの様子
92_International_F3_League_FISCO_16.jpg
◆ 撮影日:1992/11/29 撮りっきりコニカ MiNi パノラマタイプ / Nikon COOLSCAN IV ED

期待していたグランドスタンドや第一コーナーでの観戦は今ひとつだったこともあり、決勝レース開始前に見に行った旧コースの30度バンクの先にある第一コーナー外側へと観戦ポイントを移動してみました。
ここなら第一コーナーからの立ち上がりで加速するレーシングマシンの迫力あるシーンが見られるのでは?と期待が高まります!

が、陽射したっぷりですっかり心地よい時間帯になってしまったため再び睡魔に襲われることに。


富士スピードウェイ 第一コーナー外側から インターF3決勝
92_International_F3_League_FISCO_17.jpg
◆ 撮影日:1992/11/29 撮りっきりコニカ MiNi パノラマタイプ / Nikon COOLSCAN IV ED

気がついたらいつの間にか決勝レースが始まっていました(笑)
期待していた迫力のあるシーンも、ご覧の通りあまり間近に見られるわけでもなく一コーナーからフル加速で立ち上がっていくマシンは次々通過していくだけで、かつ毎周回同じシーンが繰り返されるだけでレースの状況も把握できずといった感じ。
という訳で今回も船を漕いでいる間にレースが終わっていました。


富士スピードウェイ 決勝終了後の第一コーナー
92_International_F3_League_FISCO_18.jpg
◆ 撮影日:1992/11/29 撮りっきりコニカ MiNi パノラマタイプ / Nikon COOLSCAN IV ED

長丁場だったこの日のレースも終わり、グランドスタンド前では表彰式が行われていたようですがそこまで移動する気力はありませんでした。
自分の車に戻る途中、ああ、朝は見えなかったけど向こう側には箱根の外輪山が見えるんだなぁ。とか思いながら1コーナーの観覧エリアでボーッとしてた時に撮った写真がこの日の最後の一枚。

11月末というオフシーズンと言ってもいいほどの時期だった割に相当数の人出があったレースだったため、場内駐車場から出るにも大渋滞で時間がかかる状況。
御殿場市街地まで到達した頃にはすっかり日は沈み、その後の東名高速をはじめとした帰路も渋滞が続き、帰宅できたのは日が変わる直前だったと記憶しています。

レースの内容はほとんど覚えてないし、帰りは渋滞にハマりと散々なレース観戦だったような気もしますが、なんといっても一度は見たかった富士スピードウェイ旧コースの30度バンクが見られたことは満足でした。


さて四回に渡ってお送りしてきた「'92 インターF3リーグ」を撮影したパノラマ写真の記事はこれにて終了。
通常フォーマットのカメラで撮影したネガもあったはずなので、発掘できたらまた公開してみたいと思います。


関連記事

コメント 0

コメントはまだありません

コメントする