第154回 きっぷコレクション その6 「東京駅開業70周年記念入場券」 昭和59年

第154回はシリーズ「きっぷコレクション」から「東京駅開業70周年記念入場券」をお送りします。
国鉄時代の昭和59年(1984年)12月20日、タイトル通り開業70周年を迎える東京駅の記念入場券として発売されたものですが、よくある短冊形の絵入り記念きっぷと違ったある特徴がありました。

筒状の収納袋に入った「東京駅開業70周年記念入場券」
収納袋に入った東京駅開業70周年記念入場券
収納袋には「東京駅開業70周年記念」「国鉄東京南鉄道管理局」の記載

販売形態は写真のような筒状のビニールの収納袋に入ったポスターのような状態。
直径は約60mm、長さは約305mmという購入後保管に気を使う微妙なサイズで、実際持て余し気味でアルバムに入れられる訳もなく約35年に渡って放置していたものでした。


「東京駅開業70周年記念入場券」おもて面 S59.12.20
東京駅開業70周年記念切符_表
◆ EPSON GT-X800でスキャン (※画像をクリックすると原寸大画像がご覧になれます)

しばらくぶりに収納袋から出した記念入場券は経年によるシミや折れがあり筒状に保管していた影響か平面性が失われ若干残念な状態に。
広げてみるとサイズは約780mm x 255mmという横長のポスターのような状態で、当時日本一大きい記念きっぷとして話題になったようです。
全面に渡って開業当時の東京駅を描いたまさに絵巻物のような形で、右下には「東京驛開業當時之圖」(東京駅開業当時の図)と記され、左側には大人普通入場券(120円)x4枚+子供普通入場券(60円)x2枚がセットされ額面は600円となっています。(販売価格が600円だったか定かではありません)
昭和59年12月1日の日付が印刷されているのでこの日から発売になったのでしょう。
(昭和60年1月10日までの間に一回限り有効)


「東京駅開業70周年記念入場券」うら面 S59.12.20
東京駅開業70周年記念切符_裏
◆ EPSON GT-X800でスキャン (※画像をクリックすると原寸大画像がご覧になれます)

裏面はというと、東京駅開業の大正3年12月20日(1914年)から70周年を迎える昭和59年12月20日(1984年)までの「東京駅の歴史」「おもな出来事」「歴代駅長」をまとめた年表とそれに関する5枚の写真で構成されています。

東京駅のあらまし

 緑濃き常磐の松と、美しい皇居に向かって、「ルネッサンス式」赤レンガの東京駅が三菱ヶ原に出現してから70年の歳月が経った。
 この間、関東大震災、戦災、戦後の復興期、八重洲側本館の完成、新幹線時代の幕開け、地下駅の開業などがあった。異国情緒的で美しかったシンボルのドームは失ったが、東京駅は今も「国鉄の顔」として、1日約2,700本の列車の発着と約140万人の方々にご利用いただいている。



引用した「東京駅のあらまし」にあるとおり、戦災によって失われた特徴的なドームは再建されず、3階建てだった駅本屋は昭和22年3月に2階立てとして復元。
この記念入場券を購入した当時も開業時の姿に復元すべしといった意見もちらほら聞いた気もしますが、赤字が問題視されていた当時の国鉄では復元は無理だろうというのが大半の意見だったと思います。

しかし国鉄からJR東日本へ継承された東京駅は、その後の平成19年(2007年)5月から約5年の歳月をかけて平成24年(2012年)10月に創建当時の姿に復元されたのはみなさんご存知のところですね。
この記念きっぷを購入した当時はこんな時が来るとは想像もできませんでしたから大変驚いたものです。



さて、今回公開した「東京駅開業70周年記念入場券」ですが、上に掲載した「おもて・うら」の画像をクリックしていただくと150dpiの原寸大画像をご覧いただくことができます。(透かし入りです)
横幅78cmにもなる大きな印刷物を原寸大でデジタイズするというと、専門のスキャン業者に大サイズスキャンしてもらうというのが品質面では有利となりますが、さすがにブログ掲載程度の目的でそんな大金を使うことはできません。
デジタルカメラで撮影するといった方法も考えられますが、周辺減光や歪み、解像度が足りないことを考えると選択肢からは外れますね。

で、今回はどのようにして原寸大デジタル画像を作ったか?というと、手持ちのA4スキャナーで一枚あたり5分割してスキャン、フォトショップで合成処理をするという手段を使いました。
各画像バラバラな角度を調整したり、分割スキャンした各画像の両端の色味が若干変化することもあり合成処理に手間がかかるため誰にでも簡単にできる作業ではなく、一枚ものとしてスキャンしたデータに比べれば品質面で劣る部分があるのは仕方なしといったところ。
高解像度での処理が必要な印刷物なら別ですが、Webでの掲載に使うならこの程度の品質でも十分でしょう。



ちなみにこの記念入場券はいつ買ったのか?記憶が定かではありませんでしたが、過去のブログ記事を探してみると、
第18回 国電フリー乗車券で撮り鉄 上野駅ほか 昭和59年」の回が昭和59年12月9日だったようで、国電フリー乗車券にどれだけ鋏を入れられるかチャレンジをした時だったようですね。

国電フリーきっぷ591209表
関連記事

コメント 0

コメントはまだありません

コメントする