第155回 東関東撮影旅行2004 「日立電鉄編」 その1  平成16年

  1. 今回から「東関東撮影旅行2004」と題して数回にわたって新たなシリーズを始めたいと思います。この数年前から遠ざかっていた写真撮影を再開し、旧友との数日間に渡る初の撮影旅行にあたって選んだ場所は茨城・千葉と福島南部を含む東関東の海岸沿いの地域。
それまで訪れたことのなかった未知の世界はどのような風景を見せてくれるのでしょうか。
※今回からレスポンシブデザインへの変更に伴い画像を高解像度化しましたので、PCで閲覧の方は画像をクリックしてみてください




2004年の正月が終わる間際のある日、まずは常磐道で行けるところまで行ってみようということで当時の終点である広野ICへ。
初日は移動だけでほとんどの時間を使ってしまったため周辺の様子を見つついわき市の「平」まで戻りその日の宿をとることとなりました。
(かつて自動車免許取得のため合宿免許の地としてここ「平」へやってきたことがありましたが、当時「平駅」だった駅名が「いわき駅」に変わっていました)


常磐線新鮎川踏切を通過する常磐線415系普通列車
200401_常磐線新鮎川踏切を通過する常磐線列車
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 20mm F2.8D

一夜明けていよいよ撮影旅行の始まりです。
海岸線を南下する形で小名浜の港や勿来の関、日立の街並みを見つつ最初にやってきたのはここ、今はなき日立電鉄の終着駅「鮎川駅」です。
この撮影旅行の翌年、2005年4月1日に廃止された茨城県の地方私鉄でしたが、その時は廃止されることは知らずの訪問でした。
個人的には当時地方私鉄王国と言われたこの地域の地方私鉄をできるだけ巡ってみる、というテーマを持っていたため同行の友人の同意を元に訪れたという訳です。

またこの頃、「終着駅の終端部を記録する」というテーマを持っていたため、まずは鮎川駅の終端部へやってきました。
お隣を高速で通過していく常磐線普通列車とは対照的に、地方私鉄独特ののんびりした雰囲気の留置線には日立電鉄線の列車が留まっていました。


常磐線新鮎川踏切から見る日立電鉄鮎川駅の終端部
200401_常磐線新鮎川踏切北側
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 20mm F2.8D

同じ場所から振り返ってみると終着駅なのに線路はさらに続いている雰囲気。
かつて常磐線の日立駅まで延伸する計画があったと聞きましたがそれも果たせず、一時期はこの線路を留置線として使用していた時期もあったとのことです。


日立電鉄 鮎川駅構内に留置されていた3000形車両
200401_日立電鉄鮎川駅構内の3000形と2000形
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 180mm F2.8S

新鮎川踏切から鮎川駅構内を眺めてみると、いかにも旧塗装と思われる列車が留置されています。
当時事前調査もせずなんの知識のない状態での訪問だったので廃車になった旧型車両か何かだと思っていましたが、後にかつて営団地下鉄銀座線で活躍した2000形車両を両運転台化改造した3000形電車だということがわかりました。
後方に控える赤い車両は2両1編成を組む2000形電車でこちらは主力として活躍していた車両らしいです。


日立電鉄 鮎川駅駅舎
200401_日立電鉄鮎川駅駅舎
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

終端部での撮影を終え鮎川駅へやってきました。
今となっては翌年の廃止を知るわけでもなかった当時、外観のみの撮影で駅舎内をくわしく観察することもなかったことを悔む結果となることに。
切符の一枚でも買っておけばよかったです。
とはいえたった一枚でも駅舎外観の写真を撮影していた自分を褒めてやりたい気分です。(笑)


日立電鉄鮎川駅 常北太田行き2000形普通列車
200401_日立電鉄鮎川駅2番線に停車中の2000形
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 180mm F2.8S

駅近くの踏切付近から発車を待つ常北太田行き2000形電車を望遠レンズで捉えます。
昼前の時間帯とはいえ長い影が太陽が低い冬場特有の光景を表していますね。
誰もいないのんびりした時間が流れています。


日立電鉄鮎川駅 鮎川駅へ到着する2000形普通列車
200401_日立電鉄鮎川駅に到着する2000形列車
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

引き続き周囲の様子を撮影していると踏切の警報機が鳴り出し列車がやってきました。
色あせた車体の所々がまだらに修復塗装された様は、鉄道事業の経営が必ずしも順調ではなかった証だったのかもしれません。

到着した列車からはひとりふたりの乗客が下車し、人々で駅前が賑わうこともなく再びノンビリした時間に戻ります。
他所を撮影していた友人とこの辺りで一旦合流。
続いては地図で気になっていた海辺の方へ向かってみよう・・・

というところで今回はここまで。
次回も日立電鉄線の写真の続きをお送りしたいと思います。



※東関東撮影旅行2004シリーズはこちらから
  1. 第155回 東関東撮影旅行2004 「日立電鉄編」 その1  平成16年
  2. 第156回 東関東撮影旅行2004 「日立電鉄編」 その2  平成16年
  3. 第157回 東関東撮影旅行2004 「阿字ヶ浦駅編」 その1  平成16年
  4. 第158回 東関東撮影旅行2004 「阿字ヶ浦駅編」 その2  平成16年




関連記事

コメント 0

コメントはまだありません

コメントする