第15回 奥多摩・秋川撮り鉄の旅 その2 青梅線 昭和60年

国鉄 青梅線 青梅駅 201系
青梅線_青梅駅_201系
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

第15回は前回に引き続き「奥多摩・秋川 撮り鉄の旅 その2」として青梅線でのスナップをお送りします。
拝島駅から青梅駅にやってきました。
写真は留置線に停車していた201系電車です。当時は青梅駅以遠では103系が主力だったので201系はめずらしい存在でした。
この頃の201系はスカートや列車種別表示器などがなく前面がすっきりしています。

ここから奥多摩方面への普通列車に乗り換えて御嶽駅に向かいます。


国鉄 青梅線 御嶽駅
青梅線_御岳駅
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

御岳駅までやってきました。
御嶽駅はその名の通り御岳山や武蔵御嶽神社への入り口となる駅で、駅舎も神社風な造りになっています。
この時も多くのハイカーがこの駅で下車して行きました。


国鉄 青梅線 御嶽駅 103系奥多摩行き普通列車
青梅線_御岳駅_103系
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

この電車に乗って終点奥多摩駅へ向かいます。
青梅線はこのあたりから多摩川の蛇行に沿ってさらに山奥へと入って行きます。


国鉄 青梅線 奥多摩駅 201系特別快速おくたま号
青梅線_奥多摩駅_201系おくたま号
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

終点奥多摩駅に着きました。反対側のホームには新宿行きの特別快速おくたま号が停車していました。
奥多摩駅の構内から先は奥多摩工業の大きな要塞のような施設があり、石灰石を積み込むための貨物用側線が多数引かれています。
広い構内にはたくさんの石灰石専用の貨車がとまっていました。


国鉄 青梅線 奥多摩駅 103系 立川行き普通列車
青梅線_奥多摩駅
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

乗車してきた103系普通電車は立川行きとなって折り返して行きます。




当日購入した硬券入場券が出てきました。
ネガに記録されていた日付が間違っていました。
写っている人たちの服装が半袖なので間違いないでしょう。

今回のきっぷコレクションです。

国鉄 青梅駅 硬券入場券
入場券_青梅駅

国鉄 御嶽駅 硬券入場券
入場券_御嶽駅

国鉄 奥多摩駅 硬券入場券
入場券_奥多摩駅

国鉄 鳩ノ巣駅 硬券入場券
入場券_鳩ノ巣駅


次回は石灰石列車の写真をお送りします。


関連記事

コメント 2

コメントはまだありません

鉄男  

80年代だったか、奥多摩いったら、でっかい1灯の電車走ってたな・・。

2013/07/06 (Sat) 10:23

すんや  

Re: タイトルなし

オリジナルのでっかい1灯前照灯の103系は今後のネガから出てきますよ〜
73系とかの時代は知りませんが。

2013/07/06 (Sat) 22:59

コメントする