第163回 東関東撮影旅行2004 「鹿島鉄道 鉾田駅編」 その3  平成16年

西日に照らされたドラマティックな光景にすっかり虜になり、フィルム一本分を使い果たす勢いで撮影をつづけた鉾田駅。
東関東撮影旅行2004「鹿島鉄道 鉾田駅編」も今回で三回目となりました。


鹿島鉄道 鉾田駅 駅裏から構内全体を望む
鹿島鉄道鉾田駅2004_11
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 20mm F2.8D

駅構内全体を見渡せる場所から西日に照らされた長い自分の影を写しこんでみたり。
それに加えて妖しげな雲の様子も相まって、より印象的な絵になった気がします。


鹿島鉄道 鉾田駅に到着したKR-505普通列車
鹿島鉄道鉾田駅2004_12
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

ここいらで撮影を終えて移動しようと駅舎の方へ向かっていると、ちょうど一両編成のディーゼルカーがやってきました。
終着駅に到着した列車からは一人二人と多くはない乗客が改札へと向かっていきます。


鹿島鉄道 鉾田駅 石岡駅への出発を待つKR-505普通列車
鹿島鉄道鉾田駅2004_13
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

到着した列車の乗客が全て下車すると乗車ホームのドアを解放。
待っていた一人が列車に乗り込むと再び静寂の時が流れます。


鹿島鉄道 鉾田駅 夕暮れの中の鉾田駅とKR-505
鹿島鉄道鉾田駅2004_14
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D

30分近く撮影していたこともあって日没間近な時間となってしまいました。
ホームに佇む石岡駅へ向けて出発を待つ列車の写真を撮影、改札を後にしました。


鹿島鉄道 鉾田駅 西日を浴びる石岡ゆきKR-505普通列車
鹿島鉄道鉾田駅2004_15
◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 50mm F1.4D

最後に西日に照らされた車両と駅の様子をフィルムに納め、次回はぜひ全線乗車してみようと心に誓い次の目的地へと移動することとなりました。



結果として鹿島鉄道線の乗車は叶わず、この地への再訪は廃止後の2008年となりました。
霞ヶ浦の湖畔を走るローカル鉄道の車窓はどんなものだったのでしょうか。
かつては数多くの地方鉄道が存在していた東関東の地。
この日の前半に訪れた日立電鉄線とともに趣のある地方ローカル線が次々と廃止されていった、最後のチャンスでもあったこの時期にこれらの路線に乗車できなかったことは残念ではありましたが、たとえその一端でもこの目で見て、フィルムに記録できたことは幸せであったと言えるでしょう。

鹿島鉄道鉾田駅編は今回で終了です。
次回はさらに南下し県境を超えた先の地方ローカル線の様子をお送りしてみようと思います。



※東関東撮影旅行2004シリーズはこちらから
  1. 第155回 東関東撮影旅行2004 「日立電鉄編」 その1  平成16年
  2. 第156回 東関東撮影旅行2004 「日立電鉄編」 その2  平成16年
  3. 第157回 東関東撮影旅行2004 「阿字ヶ浦駅編」 その1  平成16年
  4. 第158回 東関東撮影旅行2004 「阿字ヶ浦駅編」 その2  平成16年
  5. 第159回 東関東撮影旅行2004 「鹿島鉄道 鉾田駅編」 その1  平成16年
  6. 第162回 東関東撮影旅行2004 「鹿島鉄道 鉾田駅編」 その2  平成16年
  7. 第163回 東関東撮影旅行2004 「鹿島鉄道 鉾田駅編」 その3  平成16年
  8. 第164回 東関東撮影旅行2004 「銚子電鉄 本銚子駅編」  平成16年
  9. 第165回 東関東撮影旅行2004 「銚子電鉄 笠上黒生駅編」  平成16年




関連記事

コメント 0

コメントはまだありません

コメントする