第16回 奥多摩・秋川撮り鉄の旅 その3 石灰石列車 昭和60年

国鉄 青梅線 奥多摩駅 FE64-1021牽引の石灰石列車
青梅線_石灰石列車_01
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

今回は「奥多摩・秋川撮り鉄の旅」で撮影した石灰石列車の写真です。
この頃は頻繁に石灰石列車が運行されており撮影は容易にできました。

一枚目の写真は奥多摩駅構内での入れ替え作業の様子です。
空の貨車を工場奥にいるスイッチャーが引き込み、その横には石灰石を満載した貨物列車が浜川崎へ向けて発車していきます。


国鉄 青梅線 奥多摩駅
青梅線_石灰石列車_02
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

駅奥の石灰石工場と積み込み施設の様子です。
積み込み施設に貨車を引き込むためのスイッチャーが見えます。
石灰石列車が廃止になり、現在ではこれらのレールはすべて剥がされてしまいました。


国鉄 青梅線 拝島駅
青梅線_石灰石列車_04
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

拝島駅に戻ってきました。
EF64牽引の石灰石列車や八高線のセメント貨物など様々な列車が見られました。
この後五日市線で武蔵五日市まで往復します。


国鉄 青梅線 拝島駅 FE64-1021牽引の石灰石列車
青梅線_石灰石列車_03
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

再度、拝島駅に戻ってきました。
奥多摩駅で見たEF64-1021の牽引する石灰石列車がいました。


国鉄 青梅線 拝島駅 EF64-1021
青梅線_石灰石列車_05
◆ 撮影日:1984/11 1985/05 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

EF64-1021のアップです。
次回は五日市線のスナップです。

ちなみに時系列的に前後してしまいましたが、「その1」で掲載した八高線の写真は五日市線往復後に撮影したものです。


関連記事

コメント 2

コメントはまだありません

鉄男  

No title

積み込み施設はしびれますなあ。
貨物線撮影にもえていた90年代後半、既に廃止になったこと知った時はくやしかった。

しかし、氏、 当時中学生すか?

2013/07/11 (Thu) 01:35

すんや  

Re: No title

鉄男様、いつもコメントありがとうございます。
私は80年代が主な活動期間だったので、その後も続けていればそれなりの資料になったんではないかと、悔やんでおります。
90年代はバイクにうつつ抜かしておりまして、むしろ時間にとらわれない移動手段を手に入れたんだから、もっと撮影しておくべきでした。
ただ走っているだけで満足できるほどバイクが楽しかったのですよ。


> しかし、氏、 当時中学生すか?
そ〜ですね。記事の内容から推測できると思いますが、このブログの記事は中学生〜高校生の期間ですね。

2013/07/11 (Thu) 22:06

コメントする