第33回 '85春 東北ワイド周遊券の旅 7日目 最終回 昭和60年

国鉄 奥羽本線 山形駅 左沢線普通列車 キハ58
600325山形駅_左沢線普通列車1
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

東北ワイド周遊券の旅もついに最終日となりました。
この日はほぼ移動日となり撮影もせず、車内ではひたすら船を漕いでいたようですw
写した写真も少なく乗車した路線や列車の記憶も無いため、手元に残った「東北ワイド周遊券」の途中下車印と当時の時刻表から経路を推測してみました。

一枚目は乗車もしていない左沢線の普通列車です。


国鉄 奥羽本線 山形駅3番ホーム
600325山形駅_左沢線普通列車2
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

同じく左沢線のホームから。1992年の山形新幹線開業で立派な橋上駅舎に変わった山形駅ですが、85年当時はこんな感じでした。


国鉄 羽越本線 新津駅 羽越本線 EF81普通列車
600325新津駅_羽越本線_EF81普通列車
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

この写真はどこだかかわかりません。硬券入場券もあるし周遊券に下車印があるのでたぶん新津駅だと思いますが‥‥。


国鉄 上越新幹線あさひ302号 車内にて
600325上越新幹線あさひ302号_車内
◆ 撮影日:1985/3 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

新潟から乗車した上越新幹線の車内で撮影したこの旅の最後の写真です。
この写真は当時プリントしなかったコマなので、今回スキャンして乗車した列車が判明しました。
新潟16時50分発のあさひ302号と見えますが、新津に昼過ぎにいたのにこの列車に乗車するまでどう過ごしていたのか全く記憶がありません。

この新幹線に乗車中のことですが、車内アナウンスで自分宛に電話が来ていると呼び出しがあり、最初は人違いかと思いましたが、どうやら自分宛で間違いないようなのでビュッフェに設置してあった公衆電話まで行ってみることに。
電話に出てみるとどうやって乗車している列車を突き止めたのか、以前もこのブログで書いた鉄友からの電話でした。
今日が旅の最終日と知ってサプライズで電話をかけてきたとのことで、びっくりするとともにそんなこともできるんだなーと感心しました。
今回そのことを思い出し、調べてみるとwikiに「列車電話」という項目で載っていました。列車の乗客に対しての通話は電話番号107番から掛けて呼び出してもらう「列車着信通話」というのがあって2004年に廃止となったそうです。
むしろ2004年まであったことにオドロキで、廃止の理由は予想通り携帯電話の普及による利用者の減少だそうです。

この後、東北ワイド周遊券を手元に残すためにわざわざ新幹線を大宮で下車し、川口で途中下車して東京都区内までの切符を別途購入したようです。
自分でいうのもなんですが”よくやるわと”思いました(笑)



8回に渡ってお送りしてきた「東北ワイド周遊券の旅」もこれにて終了ですが、感動のフィナーレもなくグダグダな感じで幕を閉じますが、まぁこんなもんですw
四半世紀以上前のことですからどのくらい覚えているかと思いましたが、写真を見て思い出した記憶もありけっこう忘れないもんだなぁと思った次第です。
これ以降これほど長期の旅行を経験してないので、自分の人生の中でも大きなイベント事だったんでしょうね。


次回からは身近なところのネタに戻ります。乞うご期待?



◆ 7日目の行程
山形 →(奥羽本線)→ 米沢 →(米坂線)→ 坂町 →(羽越本線)→ 新津 →(信越本線)→ 新潟駅 → (上越新幹線)→ 大宮 →(京浜東北線)→ 川口 →(京浜東北線)→ 上野





今回のきっぷコレクション

国鉄 新津駅 硬券入場券
600325入場券_新津駅


東北ワイド周遊券
600318〜25_東北ワイド周遊券


関連記事

コメント 4

コメントはまだありません

ダイヤモンド☆トナカイ  

東北ワイド

東北ワイドの料金を見て驚きました。私の東北の旅の時は18700円でしたが、すんや様のワイドを拝見しましたらかなり料金が違っていますね。僅か2年違いでこんなに変化していたのでしょうか。

大宮の下車印は何とも摩訶不思議な印象ですが「のへじ」も珍しいですね。私と同様にしっかりと「学割」が効いてますが、この切符が現存したら今すぐにでも旅に出たいですね。もちろん学割は効きませんが・・・

2014/05/09 (Fri) 06:05

すんや  

Re: 東北ワイド

小学生の頃(70年代)から国鉄がJRになるくらいまでの間は毎年のように運賃が値上げしていたような印象があります。
自分の一番古い記憶では小田急線の初乗りが子供10円でした。
2年で18,700円から20,400円というのはなかなか大幅な値上げですよね。
それにしてもここ数年で周遊券の廃止や、フリーきっぷが特急券別途購入になったりでオトク感が薄れてきましたが、国鉄時代と違って現在のJRでは致し方なしですね。
青春18きっぷがあるだけでもマシといったところでしょうか。

ワイド周遊券での旅行はこれが最初で最後となりましたが、当時北海道ワイド周遊券の有効期間が20日間もあってこれを使っての旅行に憧れたものです。

あと下車印ですが、「川口」もありますよw

2014/05/09 (Fri) 22:54

ダイヤモンド☆トナカイ  

川口?

川口もこれまた貴重な「下車印」ですよね。

北海道ワイドは確かに20日間有効でしたね。私はお蔵入りとなってしまったこの北海道ワイドを使って北海道全線制覇をする旅計画を何度立てた事か・・・北海道全線の乗り潰しは当時のお蔵入り計画では14日くらいで全線制覇できてましたが「だったら行けよ!」という話になりますね。結局1983年10月に白糠線制覇の際に4日間で使うという、何とも贅沢な使い方をしたのが最初で最後ですが、本当に当時はもう学校とかどうでも良くして20日間万遍なく北海道を周ろうと現地で考えたほどです。が、そんな事が許される事が無く、ちゃんと計画通りに事を進めましたが・・・

しかしこういった周遊券などは、切符一枚眺めていても当時の思い出とかがよみがえってきますね。下車印ひとつひとつにすんや様の思い出が凝縮されているようにこちらに伝わってきます。もちろん私も自身の周遊券を眺めた際に当時の思い出などがよみがえってきますが、本当に訪問した「証」であり、確かな証拠となるわけでもあります。

この東北の旅はすんや様にとってとても記憶に残ると同時に素敵な旅であった事でしょう。私も同様に1983年の東北はいまや素敵な思いでです。すんや様も是非この旅の記憶を大切になさってください。

2014/05/10 (Sat) 21:23

すんや  

Re: 川口?

コメントありがとうございます!
私もダイヤモンド☆トナカイ様と同じように、実行できなかった旅の計画をいくつも立てたものです。
学生時代は時間が有り余っていたのに金銭的な問題もあってなかなか遠出ができませんでしたが、当時は当たり前の存在だった周遊券なき今となっては、無理してでも実行すべきだったと今さらながら感じております。

相互リンクさせていただいたダイヤモンド☆トナカイ様のブログを拝見していると、全線完全制覇されたダイヤモンド☆トナカイ様には到底比較できるものではありませんが、同じ時期に似たような体験をし、30年近く経過した現在にブログという形で当時の思い出を共有できた事は現在進行形で貴重な体験していると感じています。
自分は文章を書くのが非常に苦手で、ここまではこんな内容で見ている人に果たして伝わるものがあるのだろうか?と思いつつやってきましたが、このようなコメントを頂けたことで自信が付きましたし、今後のブログ更新に対してモチベーションが上がる思いです。
ここのところなかなかな更新ができていませんが、まだまだネタはありますので今後ともよろしくお願いします!

2014/05/11 (Sun) 19:24

コメントする