第43回 高崎第二機関区一般公開 その6 モノクロ編+α 昭和60年

国鉄 高崎第二機関区 一般公開 EF66-1
600403高崎2区BW_EF66-1
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

今回は高崎第二機関区一般公開の写真の中からモノクロフィルムで撮影したものをスキャンしました。
まずは「平和号」のヘッドマークを取り付けたEF66-1号機です。
「平和」という特急は馴染みが無かったためちょっと調べてみました。
昭和33年10月から昭和34年7月まで東京駅~長崎駅間で運転されていた特急列車で、それまでの「さちかぜ」が「あさかぜ」と紛らわしいとのことで改称されたもの、だそうです。


国鉄 高崎第二機関区 一般公開 EF65-501
600403高崎2区BW_EF65-501
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

「はやぶさ」のヘッドマークを取り付けたEF65-501号機です。
こちらは馴染みがありますね。


国鉄 高崎第二機関区 一般公開 EF60-15
600403高崎2区BW_EF60-15
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

一般色のEF60-15です。
こちらは主に貨物列車の牽引に使われたそうです。


国鉄 高崎第二機関区 一般公開 EF58-61
600403高崎2区BW_EF58-61
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

「つばめ」のヘッドマークを取り付けたお召し列車専用機のEF58-61です。
「つばめ号」というとJR九州の特急列車から九州新幹線の名称となっていますが、こちらの「つばめ」はかつて東海道本線の東京〜大阪間で運転されていた名門列車のものです。
「第19回 奥多摩・秋川撮り鉄の旅 番外編 青梅鉄道公園 昭和59年」で掲載した一等展望車の「マイテ39」も連結されていたそうです。


国鉄 高崎第二機関区 一般公開 EF64-1015
600403高崎2区_EF64-1015
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

最後の一枚はカラーネガの中から転車台に移動中の「EF64-1015」です。
この後機関車は転車台に乗せられ回転させられていました。

一般公開の会場内では他にもいろんなイベント事があったようですが、午後からの訪問だったため全てを見て回る事はできませんでした。
この時にもらった一般公開の概要が記載されたパンフレットがあったと思いますが、次に大掃除をした時にでも探してみます。
いつもならお金がない貧乏学生のため行き帰りは普通列車での移動ですが、この時は時間もなかったことから特急に乗車しました。
それでも学割+B特急券で往復5千円もかからなかったようです。

「高崎第二機関区一般公開」のものはこれにて最後になります。
次回からは小田急線の写真をスキャンしてみたいと思います。





今回のきっぷコレクション

国鉄 東京山手線内→高崎・群馬総社間 乗車券
850403東京都区内→高崎


国鉄 B自由席特急券 赤羽から100Kmまで
850403特急券_赤羽から


国鉄 高崎→東京山手線内 乗車券
850403高崎→東京都区内


国鉄 B自由席特急券 高崎から100Kmまで
850403B特急券_高崎から


関連記事

コメント 0

コメントはまだありません

コメントする