第44回 小田急線 新百合ケ丘駅界隈 昭和60年

小田急線 新百合ケ丘駅 9000形 準急新宿行き
198504新百合ケ丘_9000形_準急
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

第44回は小田急線の新百合ケ丘駅周辺で撮影した写真をスキャンしてみました。
昭和49年に多摩線とともに開業した新百合ケ丘駅ですが、10年ほど経った当時も駅前には何も無く、多摩線への乗換駅としての機能しかなかった状態でした。
現在の状況からは想像もできないほど何もありませんでした。

写真は9000形準急新宿行きです。
撮影場所のこの辺りは現在は小学校がありますが、一時期は当時流行った「巨大迷路」があったと思います。


小田急線 新百合ケ丘〜柿生間 2400形 回送
198504新百合ケ丘_2400形_回送
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

柿生駅寄りの多摩線との分岐付近まで移動してきました。
2400形の回送列車です。この頃は2400形は多摩線での運用がメインだったと思うので、本線上を走る2400形は珍しかったのではないでしょうか?

この辺りも造成地として整備されていましたが住宅はほとんど立っておらず、編成写真を撮るには良い場所でした。
ただ午後は逆光になるため条件は厳しいですね。


小田急線 新百合ケ丘〜柿生間 9000形 急行
198504新百合ケ丘_9000形_急行
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

ズームレンズのワイド側で撮影した9000形です。
周りには何もありませんね。現在は背後の山も住宅地として造成され緑が減りました。


小田急線 新百合ケ丘〜柿生間 3000形 ロマンスカーあしがら号
198504新百合ケ丘_3000形_あしがら
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

元祖ロマンスカーの3000形SSE車のあしがら号です。


小田急線 新百合ケ丘〜柿生間 3100形 ロマンスカーえのしま号
198504新百合ケ丘_3100形_えのしま
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

こちらは展望席が魅力の3100形NSE車、えのしま号です。


小田急線 新百合ケ丘〜柿生間 7000形 ロマンスカーはこね号
198504新百合ケ丘_7000形_はこね

◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

上り線沿いの道を駅方向に戻り、多摩線との立体交差をくぐってきた7000形ロマンスカーはこね号です。
この辺りも他と同様建物がない造成地が広がっていました。


小田急線 新百合ケ丘駅 4000形 各停新宿行き
198504新百合ケ丘_4000形6連
◆ 撮影日:1985/4 PENTAX MX / SIGMA HIGH-SPEED ZOOM 80-200mm F3.5-4 / Nikon COOLSCAN IV ED

新百合ケ丘駅に来ました。各停新宿行きの4000形3+3の6連です。
むき出しのディスクブレーキと吊り掛け駆動方式、乗務員室後方のルーバーなどが特徴的で、その後の24000形の主電動機の流用や冷房化など様々な改造をされ2005年まで活躍しました。
当時は非冷房車ゆえに夏場などは4000形が来るとがっかりしたものです。

ここから多摩線に乗車して2400形の写真を撮りに移動します。
次回はそのときの写真を掲載したいと思います。


関連記事

コメント 2

コメントはまだありません

ダイヤモンド☆トナカイ  

9000系と7000系

私がレールファン休業中の時に音楽活動をしてましたが(ベーシストで)、当時のバンドメンバーで小田急の運転手がボーカルでした。ロマンスカー専門で、早朝と夜は普通列車を若干担当していたみたいです。レールファン休業中であったため詳しい突込みなどはしませんでしたが・・・

LSEがデビューしたのは1982~1983年頃だったと思いますが、東海道線で試運転をやると言ったので平塚~茅ヶ崎間の馬入橋(相模川に架かる橋)よりその勇姿を収めようと出かけたものです。結果は・・・学校が終了してから行ったため夕方になってしまい全く露光が足りず無残な撮影会となってしまいました・・・って子供のやる事ですよね。と言っても中学生でしたが。
9000系に関しては私の知らぬ間に消えてしまったみたいですが、5000系の方がデビューが早いはずなのになぜ9000系が先に引退したのか不思議です。「ボーカル」に聞いてみればよかったですね。

2014/06/08 (Sun) 20:45

すんや  

Re: 9000系と7000系

コメントありがとうございます、すっかりご無沙汰してしまい申し訳ありません。
ちょっと旅に出ていたもので返事が遅くなりました。
(二本木駅と姨捨駅、その他いろいろを訪問してきました!)


> 私がレールファン休業中の時に音楽活動をしてましたが(ベーシストで)、当時のバンドメンバーで小田急の運転手がボーカルでした。ロマンスカー専門で、早朝と夜は普通列車を若干担当していたみたいです。レールファン休業中であったため詳しい突込みなどはしませんでしたが・・・

おぉ!身近なところに本業の方がいらしていたんですね!
運転にも特急専門とかあるんですね。やはり運転技術の差とか、経験で担当の列車が割り当てられたりという事があるんでしょうか?


> LSEがデビューしたのは1982~1983年頃だったと思いますが、東海道線で試運転をやると言ったので平塚~茅ヶ崎間の馬入橋(相模川に架かる橋)よりその勇姿を収めようと出かけたものです。結果は・・・学校が終了してから行ったため夕方になってしまい全く露光が足りず無残な撮影会となってしまいました・・・って子供のやる事ですよね。と言っても中学生でしたが。

これ、3000系SE車以来の事で当時話題になりましたね。
写真は残念な結果だったようですが、その姿を生で見られた事は貴重な体験ですね!


> 9000系に関しては私の知らぬ間に消えてしまったみたいですが、5000系の方がデビューが早いはずなのになぜ9000系が先に引退したのか不思議です。「ボーカル」に聞いてみればよかったですね。

確かに5000系はつい最近まで走っていましたから不思議に思いました。
自分のブログの記事を書くにあたってwikiでちょいと調べたところ、9000系は「複雑な制動効果ゆえに運転手からの評価が低く、重装備すぎるため保守部門からも敬遠されていた」との事で早く淘汰が始まったとのことです。
実際に運転経験もあったであろう「ボーカル」さんに聞いてみると真相の一部でもわかるかもしれませんね。

9000系は小田急の中でも奇抜なデザインで、好きな車両のひとつでした。

2014/06/16 (Mon) 20:44

コメントする