第57回 東京近郊区間大回り乗車の旅 その1 昭和61年

国鉄 中央線 八王子駅 L特急あずさ 183系
198602八王子駅_183系特急あずさ
◆ 撮影日:1986/2 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

第57回は東京近郊区間を大回り乗車した時の写真をスキャンしました。
現在はその説明も必要ないほど有名になった大回り乗車ですが、当時は鉄道マニアくらいしか知らない乗車方法で、大都市近郊区間の「選択乗車」の制度を逆手に取った乗車方法として鉄道雑誌などで紹介されていました。
違法ではないにしても裏技的な乗車方法でしたので、なにか後ろめたさみたいなものもありましたが、近年メディアで取り上げられたりである程度知られた存在になったようです。

登戸駅から南武線に乗車し、中央線に乗り換え八王子駅にやってきました。
降車したホームの反対側には新宿行き上り特急あずさがやってきました。


国鉄 八王子駅 DE10+タンク貨車
198602八王子駅_DE10貨物01
◆ 撮影日:1986/2 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

あずさが発車し反対側の4番ホームに目をやると側線にDE10がタンク貨車を牽引して来ました。
中ほどまでで貨車を切り離し機関車は離れていったようです。奥の5番ホームには横浜線の103系が見えます。


国鉄 八王子駅 EF65 505
198602八王子駅_EF65-01
◆ 撮影日:1986/2 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

3番ホームから2番ホームへ目をやるとEF65がとまっています。その後もしばらく停車したままでした。
当時は中央線の上りホームが3番線を使用していましたが、現在ではおもに2番ホームが使用されているようです。


国鉄 中央線 八王子駅 201系
198602八王子駅_中央線201系
◆ 撮影日:1986/2 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

次に乗車する八高線のホームに移動します。
ちょうど東京行きの電車が入線してきました。乗務員の交代でしょうか。


国鉄 八王子駅 ホーム上の駅弁売り場
198602八王子駅_駅弁
◆ 撮影日:1986/2 PENTAX MX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

当時はそれほど珍しくもなかったホーム上の駅弁売り場です。
特急の停車駅なら大概の駅で駅弁が販売されていた時代で、時刻表の駅名の横に記載されている「弁」の記号と欄外に記載されている駅弁の数々は鉄道旅行の楽しみの一つでもありましたね。





写真の枚数が多くなったので、次回も八王子駅でのスナップを紹介します。


関連記事

コメント 0

コメントはまだありません

コメントする