第64回 東武鬼怒川線 新藤原駅 その4 昭和61年

東武鬼怒川線 新藤原駅
198603新藤原駅旧駅舎_03
◆ 撮影日:1986/6 PENTAX LX / smc PENTAX 24mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

第64回新藤原駅シリーズも今回が最終回です。
駅の待合室は次の列車に乗車するお客さんたちでにぎわっていました。
龍王峡での撮影を終えた我々もこの列車で帰る事にします。

往路はここ新藤原駅までのあいだ何度も乗り換え、途中優等列車に何度も追い越されてやっとの思いで到着しましたが、復路は終点の浅草駅まで乗り換え無しの快速列車で快適に移動できます。


東武鬼怒川線 新藤原駅
198603新藤原駅旧駅舎_04
◆ 撮影日:1986/6 PENTAX LX / smc PENTAX 24mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

改札が開き待合室にいたお客さん達は列車へ乗り込んでいきました。
木造の長椅子に手売りのきっぷ売り場など、今ではあまり見られなくなった昔懐かしい駅の情景がみられました。


東武鬼怒川線 6050系 車内
1986東武鬼怒川線快速浅草行き_6050系車内
◆ 撮影日:1986/6 PENTAX LX / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

快速浅草行き6050系電車の車内です。
乗車率は20%くらいでしょうか、途中鬼怒川温泉からの乗客を乗せ下今市駅までは空席がある程度の乗車率でした。
ボックスシートの車両は乗り換え無しの長丁場だと、往路に乗車したロングシートの車両よりも快適に移動ができます。

地方の鉄道や主要幹線では当時当たり前のように使われていたボックスシートの車両も今では減少し、ロングシート化された現在の車内では駅弁を食べるのも憚られる状況ですね。


東武日光線 下今市駅での併結シーン
1986東武日光線下今市駅_併結シーン01
◆ 撮影日:1986/6 PENTAX LX / smc PENTAX 24mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

日光線との接続駅、下今市駅では先に到着した鬼怒川線の列車の後部に日光線からの快速列車が連結されます。
他の乗客に混ざり私も連結の様子を見に行きますw


東武日光線 下今市駅での併結シーン
1986東武日光線下今市駅_併結シーン02
◆ 撮影日:1986/6 PENTAX LX / smc PENTAX 24mm F2.8 / Nikon COOLSCAN IV ED

下今市駅からの乗客も連結の様子を見守っています。
分岐駅での列車の併合がある駅ではよく見られる景色ですね。

下今市駅を出発してからは立ち客も出るほどの乗車率になり、日も暮れる時間帯だったのでこの日の撮影はこれにて終了です。





次回からは奥多摩方面で撮影した写真のネガのスキャンをしてみたいと思います。
乞うご期待!


関連記事

コメント 0

コメントはまだありません

コメントする