第67回 青梅線で撮り鉄 春 その3 昭和61年

国鉄 青梅線 御嶽駅~川井駅間 EF64-76 石灰石列車
s610402_御嶽駅-川井駅間_008
◆ 撮影日:1986/4 PENTAX MX smc PENTAX-M 50mm F1.7/Nikon COOLSCAN IV ED

青梅線での撮影の回は今回が最終回です。
前回に引き続き御嶽駅~川井駅間の大カーブでの撮影です。
この頃は頻繁に運転されていたEF64牽引の石灰石列車です。

一通り満足のいく撮影が出来たため次の撮影地へと向かいます。


国鉄 青梅線 御嶽駅 石灰石列車
s610402_御嶽駅_001
◆ 撮影日:1986/4 PENTAX MX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

大カーブから御嶽駅まで歩いてきました。
次に乗車する列車待ちの間、側線に退避していた石灰石列車を絡めて駅裏の様子をスナップしてみました。
日も傾き始め以降の撮影は露出が厳しそうです。


国鉄 青梅線 軍畑駅 103系 奥多摩行き普通列車
s610402_軍畑駅_001
◆ 撮影日:1986/4 PENTAX MX smc PENTAX-M 200mm F4/Nikon COOLSCAN IV ED

青梅線の中でも有名な撮影地、軍畑駅にやってきました。
御嶽駅での不安が的中し、橋梁との絡みでの撮影は光線状態が厳しそうなので撮影は諦めました。
次の列車が来るまでの間、橋梁を渡って来る下り列車を望遠で撮影してみました。
ピントはうまい事合いましたが、手持ちのためフレーミングが今一でした。(トリミングしています)

さて青梅線での撮影はこのくらいにして、せっかくのフリーきっぷですから五日市線にも乗車してみたいと思います。
だいぶ日も傾きこの後の撮影は難しそうです。


国鉄 五日市線 武蔵五日市駅付近 103系 立川行き普通列車
s610402_武蔵五日市駅_001
◆ 撮影日:1986/4 PENTAX MX smc PENTAX-M 50mm F1.7/Nikon COOLSCAN IV ED

五日市線の終点、武蔵五日市駅までやってきました。
かつて武蔵岩井駅まで延びていた支線の廃線跡を見に行ってみたいと思います。
まずは駅前の踏切から103系を撮影してみました。
夕方の時間帯に入り周囲も夕日に赤く染まりつつありました。


国鉄 五日市線 武蔵五日市駅付近 101系 武蔵五日市行き普通列車
s610402_武蔵五日市駅_002
◆ 撮影日:1986/4 PENTAX MX smc PENTAX-M35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

かつて存在していた五日市線の支線の分岐点へやってきました。
住宅地の裏手にある小道から踏み切りのような場所を渡って、線路の反対側で桜の木を絡めて撮影です。
露出不足でアンダーでしたが、レタッチで明るめに補正してみました。
実際の現場の雰囲気はもうちょっと薄暗い感じだったと思います。


国鉄 五日市線 武蔵五日市駅付近 101系 武蔵五日市行き普通列車
s610402_武蔵五日市駅_003
◆ 撮影日:1986/4 PENTAX MX smc PENTAX-M35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

前の写真の後追いです。こちらのほうが現場の雰囲気に近いと思います。
五日市線本線の右側を築堤で登っていく路盤がかつて武蔵岩井駅まで延びていた支線の路盤です。
その後、武蔵五日市駅が高架駅化されるときにこの支線の路盤が本線に利用されました。

次回からは後日再訪した青梅線で撮影した写真をスキャンしてみたいと思います。




今回の切符コレクション

国鉄 軍畑駅 乗車証明書
乗車証明書_軍畑駅610402


関連記事

コメント 0

コメントはまだありません

コメントする