第70回 青梅線で撮り鉄 初夏 その3 古里駅~御嶽駅 昭和61年

国鉄 青梅線 古里駅 103系普通列車 混色編成+201系特快おくたま号+103系普通列車
s610601_古里駅_103系と特快おくたま号
◆ 撮影日:1986/6 PENTAX MX smc PENTAX-M 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

第70回は前回からの続きで「青梅線で撮り鉄 初夏」の最終回です。
水根貨物線での撮影を終え、古里駅から4月に訪れた川井の大カーブまでの区間を撮影しに行きました。
奥多摩駅から普通列車に乗り古里駅へとやってきました。
上り列車と下り列車の交換待ちの間に中線に留置されていた特快おくたま号との並びで撮れました。
逆光なのに露出計の出た目で撮影してしまったため露出アンダーで真っ黒でしたが、何とか修正してみました。
これ以上修正するにはパスを作って部分的に調整するしかありませんね。


国鉄 青梅線 川井駅~古里駅間 103系普通列車 混色編成
s600601_川井駅-古里駅間_001_103系混色編成
◆ 撮影日:1986/6 PENTAX MX smc PENTAX-M 200mm F4/Nikon COOLSCAN IV ED

古里駅から川井駅までの区間で目星を付けていた場所へやってきました。
200mmの望遠できれいな編成写真が撮れました。
こちらは露出オーバーで真っ白でしたが修正してみました。
前の写真もそうですが、露出のあっていない写真は調整できても違和感は残りますね。


国鉄 青梅線 御嶽駅~川井駅間 103系普通列車
s610601_御嶽駅-川井駅間_001_103系
◆ 撮影日:1986/6 PENTAX MX smc PENTAX-M 100mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

川井駅のコンクリートアーチ橋での撮影を終え川井の大カーブへやってきました。
(川井のアーチ橋は撮影しましたが、あたりの木々の葉が生い茂り、今一の出来だったため今回はボツにしました)
今回は先頭車両の位置が上手い具合にいきましたが、4月と比べて線路際の緑が成長したため下回りが隠れてしまいました。


国鉄 青梅線 御嶽駅~川井駅間 EF64 1021+ホキ2500 石灰石列車
s610601_御嶽駅-川井駅間_002_石灰石列車
◆ 撮影日:1986/6 PENTAX MX smc PENTAX-M 100mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

空荷のホキ2500を牽引してやってきたEF64 1021石灰石列車です。
なかなか良い具合に撮影できました。お気に入りの一枚です。


国鉄 青梅線 御嶽駅~川井駅間 201系 特別快速 おくたま号
s610601_御嶽駅-川井駅間_003_特快おくたま号
◆ 撮影日:1986/6 PENTAX MX smc PENTAX-M 100mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

先ほど古里駅で待機していた201系 特別快速おくたま号 新宿行きがやってきました。
半逆光ですがこちらもよい感じに撮影できました。
ライトボックスとルーペで見るポジは透明感と立体感豊かでこちらもお気に入りの一枚ですが、いまひとつ見た目とおりに再現できないのがまだまだレタッチ技術の至らなさですね。

この日の撮影はこれにて終了です。6月になり日も長くなったため、時間に余裕のある撮影ができましたが、始発で出発し奥多摩工業曳鉄線から水根貨物線、古里駅から御嶽駅までとカメラ2台とレンズ5本、三脚とフル装備の状態でかなりの距離を歩いたのでかなり疲れました。
当時は若かったから出来ましたが今では無理でしょうw



今回の切符コレクション

国鉄 古里駅 乗車証明書
乗車証明書_古里駅610601




今回が当ブログ2014年の最後の更新になります。
見てくださった皆様、一年間ありがとうございました。
スキャンしていないネガがまだまだたくさんあってネタには困りませんが、いつになったら終わるのか見当もつきません。
ブログのネタが尽きるのが早いか、スキャナーが壊れるのが早いか?
スキャンできる限り続けていきますので、2015年もよろしくお願いします。


関連記事

コメント 0

コメントはまだありません

コメントする