第71回 東京湾フリーきっぷで行く内房線撮り鉄の旅 1日目 その1 昭和61年

国鉄 東京駅 EF65 70+ユーロライナー
610728_東京駅_ユーロライナー_001
◆ 撮影日:1986/7 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

2015年の一回目、第71回は東京湾フリーきっぷを使い撮影に行った内房線の写真をスキャンしました。
横須賀線、総武線、内房線、東京湾フェリー、京急バスなどを使用し、東京湾をぐるっと1周乗り降りできるフリーきっぷ、その名も「東京湾フリーきっぷ」という大変お得なきっぷを利用して、浜金谷駅から上総湊駅の間を歩きつつ撮影することにします。
(このフリーきっぷは惜しくも2001年に廃止されてしまいました。)
きっぷが2日間有効ということで、自宅最寄り駅までの乗車券は別途購入することにして2日間撮影に行きました。



まずは総武線で千葉方面に向かうため川崎駅から東海道線で東京駅へやってきました。
総武線・横須賀線の発着する地下ホームへ向かおうとホームを歩いていると見慣れない客車を発見!
東京の「サロンエクスプレス東京」や大阪の「サロンカーなにわ」に続く国鉄3本目の欧風客車として前年の1985年に12系客車をベースに改造、デビューした名古屋の「ユーロライナー」でした。

(現像リールへの巻きつけ時にフィルムを折ってしまったようで画面左側に白い筋が入ってしまいましたorz)


国鉄 東京駅 ユーロライナー
610728_東京駅_ユーロライナー_002
◆ 撮影日:1986/7 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

牽引車のEF65 70に続く展望車両のスロフ12です。
なぜか展望室内にはビール缶やゴミが散らばってます。


国鉄 東京駅 ユーロライナー
610728_東京駅_ユーロライナー_003
◆ 撮影日:1986/7 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

東京駅8番ホームに停車するユーロライナー。
ホームも車内も閑散としています。


国鉄 東京駅 ユーロライナー
610728_東京駅_ユーロライナー_004
◆ 撮影日:1986/7 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

オロ12とスロフ12の連結部です。


国鉄 東京駅 ユーロライナー
610728_東京駅_ユーロライナー_005
◆ 撮影日:1986/7 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

列車後方へやってきました。
ユーロライナーの編成後部には14系客車が増結されていました。
スハフ14に搭載されているサービス電源用のディーゼルエンジンの音と排気の匂いが辺りに漂っています。


国鉄 東京駅 ユーロライナー
610728_東京駅_ユーロライナー_006
◆ 撮影日:1986/7 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

編成後方のスロフ12です。
こちらは前方の車両と違い車内がきれいです。


国鉄 東京駅 ユーロライナー+14系客車
610728_東京駅_ユーロライナー_007
◆ 撮影日:1986/7 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

最後部へやってきました。
増結された14系座席車は3両のようです。
すっかり寄り道してしまいましたw
総武線に乗車するため地下ホームへと向かいます。


国鉄 東京駅 総武線地下ホーム 特急さざなみ 183系
610728_東京駅地下ホーム
◆ 撮影日:1986/7 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

10分ほど歩き総武線の地下ホームへやってきました。
別途特急券を購入すれば特急「さざなみ」で浜金谷まで一気に行けるのですが、貧乏学生なため普通列車に乗車です。

内房線の撮影記のはずが東京駅だけで終わってしまいました。
次回からは内房線での撮影の様子をお送りします。




今回のきっぷコレクション

東京湾フリーきっぷ
東京湾フリーきっぷ


関連記事

コメント 0

コメントはまだありません

コメントする