第75回 鶴見線 クモハ12特集 その2 モノクロ編1 昭和61年

国鉄 鶴見線 安善駅
6108_鶴見線_弁天橋駅_001
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

前回に引き続き鶴見線のクモハ12特集モノクロ編です。
首都圏でもここ鶴見線の大川支線だけで運転されていた旧型電車、クモハ12が本線走行をはじめたということで撮影にやってきました。
安善駅で大川行きの列車を待っている間に側線に停車していたDE10牽引の貨物列車をスナップです。


国鉄 鶴見線 安善駅
6108_鶴見線_弁天橋駅_002
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

次の列車が来るまでの間、職員の方々が線路に落ちている吸殻やごみを片付けていました。
日中のため運転本数が少ないようでなかなか次の列車が来ませんでしたが、ようやくやってきたクモハ12の大川行きに乗り込みます。


国鉄 鶴見線 クモハ12 運転室
6108_鶴見線クモハ12運転室
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

前回、カラー編で一枚目に掲載した写真はその列車の武蔵白石駅停車中に撮ったもののようです。
こちらは大川駅からの折り返し走行中の車内から撮影した増設された運転室です。
非常に狭い運転室で今どきの電車の運転室の四分の一程度でしょうか。
取って付けたような計器類が手作り感満載です。


国鉄 鶴見線 クモハ12 車内
6108_鶴見線クモハ12車内_001
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

いかにも絵になりそうな、車窓を眺める麦わら帽子の子供がいたので思わず撮影。
昭和の風景ですねぇ~。


国鉄 鶴見線 クモハ12 車内
6108_鶴見線クモハ12車内_002
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

鶴見駅へ向けて吊り掛け駆動のモーター音を響かせながら走行するクモハ12の車内です。
この車両は車内の広告掲示が無かったんですね。


国鉄 鶴見線 鶴見駅 クモハ12 053
6108_鶴見線クモハ12_鶴見駅001
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

鶴見駅に到着しました。折り返し海芝浦行きとして発車するまでの間、停車中のクモハ12を撮影します。
次回もこの続きをスキャンした画像でお送りします。



関連記事

コメント 2

コメントはまだありません

鉄男  

No title

クモハ12の車内画像をアップします。
ボケボケのしょーもない写真ですが、これが最初で最後のクモハ12体験でした。

http://www.hakanaki-jokei.com/3094_02.jpg

白熱灯ならではのノスタルジックな感動を覚えたものです。
確か乗客は自分ひとりだった気が・・

2015/02/23 (Mon) 01:54

すんや  

貸切状態!!!

夜の車内も白熱灯の灯りがいい雰囲気出してますよね。
こんなすばらしい時を独り占めできたなんて羨ましいですよ!
時には空気輸送状態もあったのでしょうね。
クモハ12がこんな状態で運転してたとは今では考えられないです。

2015/02/23 (Mon) 02:08

コメントする