第76回 鶴見線 クモハ12特集 その2 モノクロ編2 昭和61年

国鉄 鶴見線 鶴見駅 クモハ12 053
6108_鶴見線クモハ12_鶴見駅003
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

第76回も前回に引き続き、クモハ12特集その2、モノクロ編です。
当時、それまで大川支線内でのみ使用されていた17m級旧型国電のクモハ12が、本線走行していた時の様子を撮影した写真をスキャンしてみました。

前回、大川駅から乗車してきたクモハ12は折り返し海芝浦駅行きとなります。
発車までの間、クモハ12の外観などを撮影してみました。


国鉄 鶴見線 鶴見駅
6108_鶴見線クモハ12_鶴見駅004
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX-M 100mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

クモハ12に乗り込む人達を撮影してみました。
カラーポジでも同じようなアングルで撮影してみましたが、絵になりそうな感じだったので中望遠の100mmに切り替えて部分的にクローズアップしてみます。
モノクロの特徴を活かし、画面の大半をシャドウ部分にして列車に乗り込む人に視線が向くようにフレーミングしてみました。
良いタイミングで撮影できましたが、やらせ的なちょっとはまり過ぎな感もありますね。


国鉄 鶴見線 鶴見駅 クモハ12 053
6108_鶴見線クモハ12_鶴見駅005
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

次に発車するまでまだ時間があるため、冷房の無い車内よりホームで待つ人達もいました。
蛍光灯が一部しか点灯されていないためホーム全体が薄暗い雰囲気です。


国鉄 鶴見線 鶴見駅 クモハ12 053
6108_鶴見線クモハ12_鶴見駅002
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

発車の時間が近づき乗客が次々乗り込んでいきます。
私も再びこの列車に乗り込み海芝浦へ向かいます。


国鉄 鶴見線 クモハ12 053 車内
6108_鶴見線クモハ12車内_003
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

鶴見駅発車直前の車内の様子です。
座席はほぼ埋まり、立ち客が少々といった乗車率で鶴見駅を後にします。


国鉄 鶴見線 クモハ12 053 車内
6108_鶴見線クモハ12車内_004
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

列車は海芝浦支線に入りました。
支線分岐駅の浅野駅で大半の乗客は下車し、私も運転席横の特等席に陣取り海芝浦駅を目指します。
新芝浦駅手前付近を走る車内から運転席を撮影。


国鉄 鶴見線 海芝浦駅
6108_鶴見線クモハ12_海芝浦駅001
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

海芝浦駅に到着しました。
折り返し鶴見駅行きの発車時間まで京浜運河を眺めながら時間をつぶす運転士さん。
日も傾き海風が心地よい時間帯です。


国鉄 鶴見線 海芝浦駅 クモハ12 053
6108_鶴見線クモハ12_海芝浦駅002
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

ヘッドライトとパンタグラフのアップを撮ってみました。
車体塗装面が艶々で綺麗です。


国鉄 鶴見線 海芝浦駅 クモハ12 053
6108_鶴見線クモハ12_海芝浦駅003
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

運転手さんも列車に乗り込み出発の準備です。
この列車で鶴見駅へと向かい、この日の鶴見線での撮影は終了です。


国鉄 東海道本線 川崎駅
6108_川崎駅
◆ 撮影日:1986/8 PENTAX LX smc PENTAX-M 100mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

鶴見駅で京浜東北線に乗り換え川崎へ行き、南武線で帰路につく途中川崎駅の東海道線ホームから撮影したものです。
真夏の雲を撮影したようですが、それよりも旧駅舎へつながる跨線橋と、その下の貨物ホームと思わしきものに目が向いてしまいます。
この場所も今では駅ビルになってしまい、貨物の取り扱いがあった形跡は皆無です。
川崎駅の貨物ホームについてはネット検索してもあまりヒットしません。雲なんて撮ってないで、貨物ホームを撮影しておけばよかったです。
それまでも川崎駅は何度も行きましたが、旧駅舎や北口の小さな駅舎、駅前の様子など撮影しておけばよかったと後悔しきりですね。





写真雑誌の月例フォトコンテストで銀賞を受賞
月例フォトコンテスト銀賞

ちなみに2枚目に掲載した写真ですが、とある写真雑誌の月例フォトコンテスト高校生の部で銀賞に入賞し、賞金の一万円と賞状を頂きました。
コンテストに応募した時点で、ある程度自信があったため入選ぐらいはあるかな?と思っていましたが、まさかの銀賞でした!
選者からは「ずっと撮り続けて力作を送ってほしい」とのコメントを頂きましたが、なにか満足してしまい、それ以降コンテストに応募することはありませんでした。ちょっともったいなかったかなぁ。

入賞当時、写真部で部長をやっていたため、地味な写真部の活動宣伝のために先生に頼み込んで、夏休み明けの始業式で表彰してもらったり、文化祭の展示で宣伝してみましたが、宣伝効果があったのかは微妙でしたw

次回からは再び青梅線で撮影した写真のスキャンをする予定です。


関連記事

コメント 10

コメントはまだありません

鉄男  

No title

クモハ12が大川支線以外でも走っていたとは・・

ネットもない時代、雑誌に掲載されるって最高の栄誉ですよね。
自分は天文雑誌に掲載されたことありますが、それは一生の宝物です。ははは・・

2015/03/02 (Mon) 01:56

すんや  

Re: No title

いつもコメントありがとうございます。
そうですね、メディアに自分の作品が掲載されるというのはなかなか嬉しい物です。
私にとっても数少ない宝物の一つです。
たまに古本屋で自分の受賞作が掲載された号を見かけると、つい購入してしまいますw

ちなみに天文雑誌に掲載されたものとは、やはり天体写真でしょうか?
天体の世界はいろいろ機材を揃えるのと、よい作品を作るのに時間と根気が必要ですよね。
ノンビリしたイメージがありますが、星って(地球の自転)意外と早く動きますね。

2015/03/02 (Mon) 20:10

鉄男  

No title

天体写真でなく部活で自家製プラネタリウムを作った時の写真です。

天文は昼できず、くもりでできず、暇人しかできないので今は無理ですね トホホ・・

2015/03/03 (Tue) 01:41

すんや  

Re: No title

プラネタリウムって作れるんですね。
いまならメガスターの家庭用とかありますけど。

友人が天体望遠鏡を持ってるのでたまに星を見に行きますが、肉眼で土星の輪やアンドロメダ星雲が見えた時はなかなか感動しました。

2015/03/03 (Tue) 23:23

鉄男  

No title

ははは、素人ウケするのは土星と月面クレーターです。
星雲は・・ 図鑑の写真とは似ても似つかぬただの湯気・・・

2015/03/04 (Wed) 01:13

すんや  

Re: No title

確かにw
渦巻きはわからなかった!

2015/03/04 (Wed) 01:17

車輪  

No title

いつ出てくるかいつ出てくるかと、楽しみに(?)していましたが、ついに掲載しましたね、コンテスト入賞写真。私はじつはリアルタイムで拝見しています。当時、「さすが写真部部長、やるなー」と思いましたが、ご本人がおっしゃるように、その割には受賞後にはどこ吹く風でマイペースでやっていましたね(笑)。今思い出しましたが、そもそも応募してたことすら誰にも言わずそんな雰囲気はゼロで、ある日まるで他人事のように「実は受賞したんだけど...」といって掲載雑誌を見せてくれたことを思い出しました。

本気を出したいんだかそうじゃないんだか、今思うと当時はかなり不思議ちゃんなすんやさんでしたね〜。でも鉄道写真は周りがびっくりする程熱心に撮りにいってましたね。機材を担いで歩いて移動する距離が半端じゃなくて、感心してました。

2015/03/05 (Thu) 23:05

すんや  

Re: No title

うお!当時の私を知っている人物が登場!なんつって。(なんつってがでちゃったか〜)
たしかに誰にも言わずに応募してましたっけ。
そんな事より写真部部長として、部活全体でコンテスト応募などいろいろ活動すべきだったかなぁ〜、と今さらながら思いますW

鉄道写真は自分では感心されるほど熱心にやってたつもりもなかったんですが。
熱心な人は世の中にいくらでもいますからねぇ。
そのせいか今となっては、人と違った鉄道写真が撮れたとも思っています。

それと、いつもお楽しみにしていただいてありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします!

2015/03/05 (Thu) 23:48

風旅記  

こんにちは。
素敵なお写真を拝見させて頂きました。素晴らしいです。
私はカメラを持ち始めた最初だけフィルム、以後デジタルカメラばかりなのですが、本当にモノクロ写真はうまく撮れませんでした。拝見しまして、惚れ惚れしています。
鶴見線は幾度か訪ねましたが、今よりも鶴見線らしい光景が散りばめられていたのでしょうね。古い電車然り、工場への無数の線路然り、データイムにのんびりとした雰囲気になることだけは、今も変わっていないでしょうか。
鶴見駅を出て数駅は今では住宅も多いですが、当時のおそらく雑然としていたであろう街並みと、もっと無骨だった工場の風景を見てみたかったと感じます。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

2016/06/15 (Wed) 17:11

すんや  

風旅記さま

コメントありがとうございます。
おっしゃる通りモノクロ写真はある意味難しいですね。
私の場合フィルム現像から印画紙への焼き付けまで自前でやっていたので、ある程度自分好みの絵を作ることができましたが、プリントを現像所に頼んだ場合自分のイメージあった写真を作るのは難しいだろうと思いました。
フィルムからデジタルに変わっても暗室での現像作業がそのまま明室(Photoshop)に置き換わっただけで、やっていることはほとんど変わらないようです。
画面ですぐに確認できるだけデジタルになった今の方が表現の幅が広がったと思います。

さて鶴見線ですが、数年前に訪れた際もかなり閑散とした雰囲気でしたが、現在は日中の減便も進んで気軽に乗車しに行く路線ではなくなったようですね。
国鉄末期のこの頃はまだ本数も多く活気を感じられましたが、本来主役であった貨物輸送も現在では大幅に減らされ首都圏にありながら地方ローカル線のような雰囲気が漂っていました。

鶴見線は自宅からそう遠くない路線なのでたまには様子を見に行ってみようと思います。

2016/06/23 (Thu) 22:02

コメントする