第82回 上野・日暮里・尾久で撮り鉄 その1 昭和61年

国鉄 上野駅 L特急ひたち 485系
s6112特急ひたち上野駅_001
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 100mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

第82回は、昭和61年12月のある週末に上野・日暮里・尾久の各駅で撮影した写真のスキャンをしてみました。
今回は高校時代の同級生と撮影に行ったのですが、なぜかこの時期(私の知る範囲内ですが)写真が趣味な訳でもない人までもが一眼レフカメラを購入するほどのカメラブームが起こり、この友達ともカメラ談義が盛り上がった流れで撮影まで同行する仲になったようです。
前年にミノルタα7000などのオートフォーカス一眼レフが発売されたこともカメラブームを後押ししたのかもしれませんね。
この時期私の周りでは、修学旅行を期に一眼レフカメラを購入する同級生が目立っていた記憶があります。

さて、まずは上野駅へやってきました。
東北・上越新幹線の上野開業以来、北へ向かう在来線特急が大幅に廃止され、かつて頻繁に特急・急行列車が発着していた地上ホームも常磐線の特急ひたちが目立つぐらいで、閑散とした雰囲気でした。
こちらは16番ホームで発車を待つボンネット型485系「L特急ひたち」です。


国鉄 上野駅 411系 常磐線 普通列車
s6112_411系上野駅_001
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

高架の10番線に停車しているのは常磐線の普通列車411系です。
常磐線には水戸駅や平駅(現いわき)など中距離の普通列車に使用されていた車両で、取手駅や我孫子駅、成田駅へ行く快速の103系などもありました。


国鉄 上野駅 411系 常磐線 普通列車
s6112_411系上野駅_002
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

ヘッドマークが掲示されていたので10番ホームへ移動してアップで撮影してみました。
昭和61年11月のダイヤ改正を記念した水戸鉄道管理局のヘッドマークで、この時期の常磐線中距離列車に取り付けられていたようです。
この列車に乗って次の撮影地に移動します。


国鉄 東北本線 日暮里駅 115系 普通列車
s6112日暮里駅001
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

日暮里駅へやってきました。
目当ての撮影場所へ行く前に南側の跨線橋から上野に向かう東北本線の115系を撮ってみました。
日暮里駅は東北本線の駅ですが、ホームが無く東北本線の列車は停車しません。
画面右下に見える広い敷地の下には東北新幹線が通っています。


国鉄 常磐線 日暮里駅 L特急ひたち 485系
s6112特急ひたち上野ー日暮里間001
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 200mm F4/Nikon COOLSCAN IV ED

目当ての撮影地にやってきました。
日暮里駅南側にある歩道橋から常磐線の下り「L特急ひたち」485系を後追いで狙ってみました。
タイミングは良かったみたいですが後ピンですね。

曇天模様のため被写体ブレやピンボケを量産しそうなので、ここでの撮影は終わりにして次の撮影地に移動します。


国鉄 東北本線 尾久駅 マニ50 MOTOトレイン
s6112マニ50MOTOトレイン_尾久駅
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX-M 50mm F1.7/Nikon COOLSCAN IV ED

尾久駅にやってきました。
写真は1986年から1998年まで夏季のみ運転されたMOTOトレイン用の車両マニ50です。
上野から青森まで(青函トンネル開業後は函館まで)急行八甲田にバイクを積載できるように改造したマニ50を連結し、北海道へ向かうツーリングライダー向けの列車として人気がありました。
1998年に急行八甲田の廃止に伴いMOTOトレインも廃止になりました。

普通列車ばかり来るので飽きてしまい、これといった成果も無く昼食をとるため上野駅に戻ることにしました。
次回はその続きをお送りします。


関連記事

コメント 0

コメントはまだありません

コメントする