第86回 汐留貨物駅 その3 昭和61年

汐留貨物駅シリーズの第三回です。
今回もブログ「懐かしい駅の風景~線路配線図とともに」の「汐留配線図」を参考にさせていただきました。
こちらに掲載されている1986年3月の配線図をあわせてご覧になると分かりやすいと思います。

似たような構図の写真が続きますが、もうしばらくお付き合いください。



国鉄 汐留駅 構内本部から東1番線~9番線方面
s6112汐留駅_013
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

構内本部横から東1番線~9番線方面です。
右側に分岐していく線路の先には築地市場へ向かう貨物線がありました。


国鉄 汐留駅 南1番線~南10番線
s6112汐留駅_014
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

右手に目をやると南1番線~10番線が見えます。
屋根だけでプラットホームは無いようです。


国鉄 汐留駅 構内本部横から浜松町方面
s6112汐留駅_015
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

浜松町方面です。
左手には放置された”ワム”や”トラ”、背後には混載ホームが見えます。


国鉄 汐留駅 東1番線~3番線
s6112汐留駅_016
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

少し戻って東1番線と2番線、3番線のポイント。


国鉄 汐留駅 東10番線と11番線の分岐
s6112汐留駅_017
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

東10番線の先は築地市場へ、東11番は10号ホームがあり行き止まり。


国鉄 汐留駅 東10番線と11番線の分岐
s6112汐留駅_018
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

東10番線と11番線の分岐の背後には6号~9号ホームが見えます。


国鉄 汐留駅 南4番線の車止め
s6112汐留駅_019
◆ 撮影日:1986/12 PENTAX LX smc PENTAX 24mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

少し移動して南4番線の車止めから7号、8号ホーム。


次回は南1番線から混載ホーム方面の写真をスキャンします。


関連記事

コメント 3

コメントはまだありません

鉄男  

No title

この時代、築地への線路はあったんでしょうかね・・

鉄道で食料を運ぶ、今じゃありえないですね。
これからはドローンが運ぶんでしょうか ヤダヤダ・・(笑)

2015/05/30 (Sat) 03:21

すんや  

Re: No title

築地までの貨物線は1984年に廃止されたそうですね。
昔は鮮魚専用の特急貨物列車もあったそうですから、物流の主体が鉄道貨物だった頃はバリエーション豊かで活気があったんでしょうね。
現役時代の汐留界隈を見てみたかったです。

2015/05/30 (Sat) 09:34

すんや  

築地市場の貨物線

たまたま見つけたんですが、
http://www.kagakueizo.org/movie/education/2035/
この動画の24分30秒あたりから現役時代の東京市場駅の様子が見られますよ!

2015/06/20 (Sat) 03:33

コメントする