第94回 小春日和の江ノ電巡り その4 昭和61年

昭和61年撮影の江ノ電シリーズ4回目です。
江ノ島駅から続く併用軌道区間を抜けいよいよ江ノ電のハイライト、鎌倉高校前駅前後の海岸沿いにやってきました。

30年近く前の江ノ電の車両も懐かしいですが、背景に写る当時の自動車たちにも目が行ってしまいます。
(あぁ、80年代のクルマって直線的なデザインのものが多かったなぁ)


江ノ島電鉄 1000形 腰越駅〜鎌倉高校前駅間
6211江ノ電_腰越駅〜鎌倉高校前駅間
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX-M 50mm F1.7/Nikon COOLSCAN IV ED

まずは腰越海岸から海沿いを走る江ノ電を撮影。
第91回以降のヘッダー画像はこの写真から切り出したものです。

昼前くらいの時間だったと記憶していますが、だいぶ車が増えてきました。
手前の砂浜に干されているのは湘南の名産「タタミイワシ」でしょうか。
食べたことはありませんが、なかなかの高価な品のようです。


江ノ島電鉄 300形 302編成 腰越駅〜鎌倉高校前駅間
6211江ノ電_腰越駅〜鎌倉高校前駅間_302編成
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

線路際に戻ってきました。
江ノ電の線路が海沿いに出る場所から鎌倉行きの302編成を後追いで撮影。
手が届きそうなほど近い場所を走行しています。


江ノ島電鉄 1000形 腰越駅〜鎌倉高校前駅間
6211江ノ電_腰越駅〜鎌倉高校前駅間_1001編成
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX-M 100mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

少し移動すると踏切があったため、海をバックに江ノ電を撮ってみました。
沖のほうではウィンドサーフィンをする人々が見えますね。


江ノ島電鉄 500形 502編成 鎌倉高校前駅
6211江ノ電_鎌倉高校前駅_502編成
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

鎌倉高校前駅へやってきました。
500形502編成と江ノ島を絡めて見ましたが、歩道からの撮影だと江ノ島が切れてしまいます。
条件がよければ背後に富士山が見えるようです。


江ノ島電鉄 1000形 鎌倉高校前駅
6211江ノ電_鎌倉高校前駅_1001編成
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX-M 35mm F2.8/Nikon COOLSCAN IV ED

踏み切りを渡って反対側の道路へ移動してきました。
江ノ電といえば”ここ”という定番の撮影地ですね。
誰もが一度は見たことのあるアングルで撮ってみました。

鎌倉高校前駅といえばもう一つの定番撮影地の駅前踏み切りがありますが、なぜかそこでの撮影はしませんでした。
アニメやドラマの舞台になったそうで、海外からの旅行者にも人気の場所だそうです。


江ノ島電鉄 1000形 鎌倉高校前駅〜七里ヶ浜駅間
6211江ノ電_鎌倉高校前駅〜七里ヶ浜駅間_1001編成
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX-M 50mm F1.7/Nikon COOLSCAN IV ED

さらに歩き続け七里ヶ浜駅近くへやってきました。
ここも条件がよければ富士山をバックに撮影できる定番撮影地のようですね。
順光狙いなら午前中、夕刻のシルエット狙いなら日没前後の時間帯に来なければなりませんね。
お昼の時間帯というのはどうも中途半端なようです。


江ノ島電鉄 1500形 鎌倉高校前駅〜七里ヶ浜駅間
6211江ノ電_鎌倉高校前駅〜七里ヶ浜駅間_1501編成
◆ 撮影日:1986/11 PENTAX MX smc PENTAX-M 50mm F1.7/Nikon COOLSCAN IV ED

前の写真の後追いです。
線路と道路の間には柵が無く、きれいな編成写真が撮れる場所です。

お昼過ぎとはいえ冬は日が短く、早朝からの撮影で疲れてしまったのでこの辺で切り上げです。
フリーきっぷを利用した割にはほとんどが歩きでの撮影でした。
全線で10kmほどなのでハイキングがてらの撮影でも面白そうですね。
この後は七里ヶ浜駅から鎌倉駅まで江ノ電で移動して、最後は鶴岡八幡宮を観光して帰路につきました。

今回が江ノ電シリーズの最終回となります。
訪問が11月だったこともあり比較的観光客が少ない感じでした。
一日を通してみても江ノ電目当てのカメラマンや観光客は少なく、現在の江ノ電を取り巻く環境とは大違いで時代の移り変わりを感じますね。


次回は年末に撮影しに行った東海道線の有名撮影地の写真をスキャンしてみたいと思います。


関連記事

コメント 2

コメントはまだありません

鉄男  

No title

街の写真で時代を感じさせるものは、やっぱクルマですよね。
この時代のクルマは、フェンダーミラー、側面にライン1本、マニアはフォグランプ付ける・・ のが多いですね。
1枚目の写真はどこから撮ったのでしょう。やや高い位置ですよね。

自分の写真をアップしておきます。

↓1999年春 今はなき古い車両
http://www.hakanaki-jokei.com/17_09.jpg

↓自宅出ていきなり線路。しかも踏切なし。 感動しました・・
http://www.hakanaki-jokei.com/18_01.jpg


2015/08/15 (Sat) 01:31

すんや  

Re: No title

コメントありがとうございます。

クルマのデザインは時代を感じさせますね。
フェンダーミラーが当たり前の時代でしたし、直線的で角ばった外観は結構好きでした。
後付のフォグランプも懐かしいですね~。

ちなみに撮影地ですが、気になって調べてみたところ現在この場所には建物があり、同じ位置からの撮影はできないようです。
1983年の航空写真を見てみたら空き地になっていました。

リンクの写真拝見しました。
家の玄関の目の前が線路というのは珍しい景色ですが、江ノ電では当たり前の風景のようですね。
調べてみるといろいろ特徴的なものがあり(乗降スペースすべてに屋根があるとか全車両が連接車とか)、たった10kmの路線にいろいろなものが凝縮されている江ノ電は、湘南という有名な観光地を抱えていることを除いたとしても魅力的な鉄道なんですね。

2015/08/15 (Sat) 02:03

コメントする